【パーシアスデッキ】回し方戦い方・新規リンク解説・相性の良いテーマを紹介

大会優勝デッキ《考察》

「パーシアス」デッキとは、「ストラクチャーデッキR神光の波動」に収録された「パーシアス」モンスターを基軸にした天使族デッキのことです。

「パーシアス」デッキはカウンター罠をはじめとしてパーミッション的な動きをするので【天使パーミッションデッキ】や【パーシアスパーミデッキ】などという名称で呼ばれたりもします。

2018年11月発売の「リンクヴレインズパック2」においても新規リンクモンスターも登場して強化されたそんな【パーシアスデッキ】の戦い方・デッキレシピ構築などを解説していきたいと思います。

「パーシアス」デッキ基本カード解説

《天空聖騎士アークパーシアス》

《天空聖騎士アークパーシアス/Sacred Arch-Airknight Parshath》
効果モンスター/星9/光属性/天使族/攻2800/守2300
(1):このカードが手札・墓地に存在し、自分がカウンター罠カードを発動した場合、または自分がモンスターの効果・魔法・罠カードの発動を無効にした場合、自分の手札・フィールド・墓地からこのカード以外の天使族モンスター2体を除外して発動できる。このカードを特殊召喚する。
(2):このカードが守備表示モンスターを攻撃した場合、その守備力を攻撃力が超えた分だけ戦闘ダメージを与える。
(3):このカードが相手に戦闘ダメージを与えた時に発動できる。デッキから「パーシアス」カードまたはカウンター罠カード1枚を手札に加える。

⑴効果として、手札・墓地に存在し、自分がカウンター罠カードを発動した場合、または自分がモンスターの効果・魔法・罠カードの発動を無効にした場合、自分の手札・フィールド・墓地からこのカード以外の天使族モンスター2体を除外して特殊召喚する効果を持っています。

コストとして2体の天使族を除外するのが少し重たいが、墓地のカードも除外できるので、なんとか墓地ソースを利用してアド損を防ぎたいところですね。

《パーシアスの神域》

《パーシアスの神域/The Sanctum of Parshath》
永続魔法
(1):このカードのカード名は、フィールド・墓地に存在する限り「天空の聖域」として扱う。
(2):このカードが魔法&罠ゾーンに存在する限り、フィールドの天使族モンスターの攻撃力・守備力は300アップし、フィールドにセットされた魔法・罠カードは効果の対象にならず、効果では破壊されない。
(3):1ターンに1度、自分の墓地の天使族モンスター及びカウンター罠カードの中から、合計3枚を対象として発動できる(同名カードは1枚まで)。そのカードを好きな順番でデッキの上に戻す。

(1)効果は、フィールド・墓地に存在する限り「天空の聖域」として扱う効果。⑵効果は、天使族モンスター攻守300アップ、フィールドにセットされた魔法・罠カードは効果の対象にならず、効果では破壊されない効果。⑶効果は、自分の墓地の天使族モンスター及びカウンター罠カードの中から、合計3枚を対象として、好きな順番でデッキの上に戻す効果です。

パーシアスデッキは、カウンター罠カードで相手の動きを止めるのが得意なデッキでもあるので、⑵効果でセットカードに耐性をつけられるのは良いでしょう。

《輪廻のパーシアス》

《輪廻のパーシアス/Rebirth of Parshath》
カウンター罠
(1):モンスターの効果・魔法・罠カードが発動した時、手札のカウンター罠カード1枚を相手に見せ、手札を1枚捨て、1000LPを払って発動できる。その発動を無効にし、そのカードを持ち主のデッキに戻す。その後、デッキ・EXデッキから「パーシアス」モンスター1体を選んで特殊召喚できる。

モンスターの効果・魔法・罠カードが発動した時、手札のカウンター罠カード1枚を相手に見せ、手札を1枚捨て、1000LPを払って、その発動を無効にし、そのカードを持ち主のデッキに戻し、その後、デッキ・EXデッキから「パーシアス」モンスター1体を選んで特殊召喚できる効果を持っています。

手札にカウンター罠カードがある場合にしか発動できず、手札コストが必要な点が少し痛いカードですが、デッキ・EXデッキから「パーシアス」モンスターを出せるので、後述するリンクモンスターである《天空神騎士ロードパーシアス》を出すことができます。

《天空神騎士ロードパーシアス》

《天空神騎士ロードパーシアス》
リンク・効果モンスター/リンク3/光属性/天使族/攻2400
【リンクマーカー:左下/下/右下】
天使族モンスター2体以上
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):手札を1枚捨てて発動できる。「天空の聖域」のカード名が記されたカードまたは「天空の聖域」1枚をデッキから手札に加える。フィールドに「天空の聖域」が存在する場合にはその1枚を天使族モンスター1体にできる。
(2):自分フィールドの表側表示の天使族モンスターが墓地へ送られた場合、自分の墓地から天使族モンスター1体を除外して発動できる。除外したモンスターよりレベルが高い天使族モンスター1体を手札から特殊召喚する。

⑴効果は、手札を1枚コストに発動でき、「天空の聖域」のカード名が記されたカードまたは「天空の聖域」のサーチ効果です。フィールドに「天空の聖域」が存在する場合にはその1枚を天使族モンスター1体にできます。

この効果でサーチできるカードは以下の通りです。

モンスター

  • 《天空聖者メルティウス》
  • 《天空賢者ミネルヴァ》
  • 《奇跡の代行者 ジュピター》
  • 《コーリング・ノヴァ》
  • 《神秘の代行者 アース》
  • 《力の代行者 マーズ》
  • 《天空の使者 ゼラディアス》
  • 《ホーリー・ジェラル》
  • 《裁きの代行者 サターン》
  • 《死の代行者 ウラヌス》
  • 《天空勇士ネオパーシアス》
  • 《マスター・ヒュペリオン》
  • 《大天使ゼラート》

魔法カード

  • 《パーシアスの神域》

罠カード

  • 《裁きの光》
  • 《神罰》

「パーシアス」デッキ回し方・戦い方

カウンター罠カードによるパーミッション

パーシアスデッキの戦い方は、カウンター罠カードをうまく活用して、相手の動きを止めるパーミッション的な動きをするデッキです。パーミッションとは、相手の効果を無効にしたり、破壊したりすることです。

代表的なカードとしては、《神の宣告》《神の通告》《神の警告》などの「神の」シリーズのカードを使って相手の動きを止めていきます。

また、テーマカードの1枚である《輪廻のパーシアス》もパーミッション効果を持っているのでこのカードも活用することができます。

宣告者モンスターの採用

《朱光の宣告者バーミリオン・デクレアラー/Herald of Orange Light》 †
チューナー・効果モンスター/星2/光属性/天使族/攻 300/守 500
(1):相手がモンスターの効果を発動した時、手札からこのカードと天使族モンスター1体を墓地へ送って発動できる。その発動を無効にし破壊する。
《緑光の宣告者グリーン・デクレアラー/Herald of Green Light》 
効果モンスター/星2/光属性/天使族/攻 300/守 500
(1):相手が魔法カードを発動した時、手札からこのカードと天使族モンスター1体を墓地へ送って発動できる。その発動を無効にし破壊する。
《紫光の宣告者バイオレット・デクレアラー/Herald of Purple Light》
効果モンスター/星2/光属性/天使族/攻 300/守 500
(1):相手が罠カードを発動した時、手札からこのカードと天使族モンスター1体を墓地へ送って発動できる。その発動を無効にし破壊する。

パーシアスデッキと相性の良いカードとして、宣告者モンスターたちが存在します。

主に《朱光の宣告者》《緑光の宣告者》《紫光の宣告者》の3枚が採用されます。

この3枚はそれぞれ天使族で、相手のカードの発動した時に、自身ともう1枚の天使族モンスターを墓地に送り、その発動を無効にして破壊する効果を持っています。

《朱光の宣告者》は相手のモンスター効果の発動、《緑光の宣告者》は相手の魔法カードの発動《紫光の宣告者》は相手の罠カードの発動にそれぞれ対応しています。

《イーバ》を採用することによって《イーバ》をコストからの後続の宣告者をサーチしてくるという動きをすることができます。

《輪廻のパーシアス》と《天空聖騎士アークパーシアス》の活用

《輪廻のパーシアス》と《天空聖騎士アークパーシアス》を採用することで、魔法・罠・モンスター効果のメタを作ることができます。

《輪廻のパーシアス》は発動のための条件がなかなか厳しいが、手札の《イーバ》を墓地に送る手段になったり、《天空聖騎士アークパーシアス》やリンクモンスターの《天空神騎士ロードパーシアス》を展開することでこのデッキの打点不足を補うことができます。

《天空聖騎士アークパーシアス》は、天使族が一定数デッキにあることで、このカードの採用のメリットを存分に使うことができるので、その点上記で紹介した「宣告者」や下記で紹介する「アーティファクト」などの天使族を採用することによってシナジーを作ることができます。

パーシアスデッキデッキレシピ構築・相性の良いカード

AF(アーティファクト)出張

《アーティファクトデスサイズ》と《アーティファクトの神智》のおきまりのAF出張です。EXデッキを使用するデッキには《アーティファクトデスサイズ》はかなり刺さります。

また、アーティファクトは、天使族という特徴からも「宣告者」「パーシアス」カードとの相性は良く、互いにシナジーをもたらしてくれます。

また、パーシアスデッキは、カウンター罠を狙うデッキなので、どうしてもセットカードが多くなってしまいがちなので、《ハーピィの羽根箒》や《ツインツイスター》などの除去カードに弱いという特徴があります。

その点《アーティファクトデスサイズ》は、セットされたこのカードが破壊されると特殊召喚することができるので、素引きした場合でも、セットカード除去カードへのケアにもなってくれます。

光天使セプスロコンボ

最後は、光天使モンスターである《光天使セプター》《光天使スローネ》を使った「セプスロ」コンボです。非常に強力なコンボで、手札2枚消費で「ランク4エクシーズ」「相手のカードを1枚破壊」「3枚ドロー」ができるコンボになります。

初手条件:手札に《光天使スローネ》と《光天使セプター》

《光天使セプター》通常召喚から効果発動、それにチェーンして手札の《光天使スローネ》の効果を発動→効果処理により《光天使スローネ》自身を特殊召喚し1枚ドロー。《光天使セプター》の効果でもう1枚の《光天使スローネ》をサーチ。→チェーン処理終了後、《光天使スローネ》の特殊召喚をトリガーにより手札の《光天使スローネ》効果発動で、自身特殊召喚から1枚ドロー。《光天使セプター》2枚と《光天使スローネ》1枚で《ヴェルズウロボロス》や《星輝士デルタテロス》などをランク4エクシーズをX召喚。《光天使セプター》の効果でカードを1枚破壊し、1枚ドロー。

  • 手札消費:2枚
  • 最終盤面:ランク4エクシーズ、相手のカードを1枚破壊、3枚ドロー

「レベル4モンスター×3」で出せるランク4エクシーズを作ることができるので、《星輝士デルタテロス》《武神姫アマテラス》《ヴェルズ・ウロボロス》などそれぞれ切り返し性能・展開補助・妨害能力を持ったエクシーズモンスターを出していくことができます。

《インスペクトボーダー》の永続メタ効果

《インスペクト・ボーダー/Inspector Boarder》
効果モンスター/星4/光属性/機械族/攻2000/守2000
自分フィールドにモンスターが存在する場合、このカードは召喚・特殊召喚できない。(1):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、その間はお互いにそれぞれ1ターンに発動できるモンスターの効果の回数が、フィールドのモンスターの種類(儀式・融合・S・X・P・リンク)の数までになる。

他にも、よく一緒に採用されるカードとして《インスペクトボーダー》が存在します。

《インスペクトボーダー》は、メタビートデッキによく採用されるモンスターです。同じくメタビモンスターである《ライオウ》との効果の適応範囲は異なりますが、モンスター効果メタとしてかなり強いメタ効果を持っていて、且つ攻守が2000あるので戦闘突破されにくいという利点があリマす。

「パーミッション」デッキは、このカードを先行で立てるだけでもかなり強くて、モンスター効果で起動していくことが多い昨今の環境においては、このカードを除去していく解答を相手が用意できないと、そこで動きが止まってしまいます。

リンク召喚をするとモンスター効果を使えるようになりますが、そこを《朱光の宣告者》などで潰してしまうことで相手に動かせない、なんて動きをすることも可能です。

スポンサードリンク


まとめ

ということで、今回はパーシアスデッキの回し方・動き方・デッキレシピ構築・相性の良いテーマなどを解説しました。パーシアスデッキは、「ストラクR神光の波動」で強化されたパーミッションテーマです。

パーミッション系デッキは数も少なく、その中でも完成度が高いデッキテーマでもあるので、相手の動きを封じて、じっくり戦い方いというタイプの方はおすすめなデッキテーマになります。

是非、デッキ作りの参考にしてもらえればと思います。

【関連記事:リンクヴレインズパック2 収録テーマ】

【ドラグニティデッキ】回し方展開方法・新規リンク解説・デッキレシピ構築論
ドラグニティデッキは、10期「サイバネティックホライゾン」で大幅に強化された風属性モンスターを基軸としたシンクロモンスターテーマ。ドラグニティモンスターを、装備して、戦っていくとい...
【六武衆デッキ】新規リンク入り回し方/展開方法・デッキレシピ構築解説
六武衆デッキは、遊戯王OCG 6期に登場した戦士族テーマです。非常に人気度も高く、強い展開が可能ということで、愛用者も多いテーマの一つです。 遊戯王OCG10期「リンクヴレイ...
【ハーピィデッキ】回し方・強みや戦い方などを解説。
デュエリストパックレジェンドデュエリスト編4で強化された「ハーピィ」デッキの回し方・デッキレシピ構築・相性の良いカードを解説していきたいと思います。 「ハーピィデッキ」新規・主要...
【炎星デッキ】回し方・新規リンクモンスター解説・大会優勝ガチデッキレシピ構築
炎星デッキ回し方・大会優勝ガチデッキレシピ構築を解説していきます。 炎星デッキとは「炎属性・獣戦士族」モンスターを中心とした8期に登場したテーマです。炎星と名のついたモンスタ...

コメント

  1. 匿名 より:

    『《インスペクトボーダー》が場に出ていればモンスター効果メタは担ってくれているので、その場合は《緑光の宣告者》による魔法カード無効に特化して相手の動きに対処していく。相手の初手次第では宣告者だけで止まってまうこともある。』
    ↑とのことですが、インスペクトボーダーの効果によって自分の緑光の宣告者の効果も発動できないため、魔法で突破できると思っていたのですが、実際は使用できるのでしょうか。

    • DJみーくん より:

      管理人です。
      こちら《インスペクトボーダー》が存在し、フィールドに(儀式・融合・S・X・P・リンク)が存在しない場合は、《緑光の宣告者》の効果は使用できないですね。
      紛らわしい書き方をしてしまい失礼しました。

タイトルとURLをコピーしました