「ガエルバジェ」デッキ新ルールリンク環境回し方・優勝デッキレシピ構築【遊戯王OCG】

大会優勝デッキ《考察》

「カエルバジェ(ガエルバジェ)」デッキとは

ガエルバジェ(カエルバジェ)デッキとは、「カエル(ガエル)」デッキと「バージェストマ」デッキの混合テーマ。

ともに「水属性・水族・星2」という共通点を持っているため、《餅カエル》《バージェストマオパビニア》などのランク2エクシーズを作りやすい。

メインモンスターで主に起用されているカエル(ガエル)モンスターは、《鬼ガエル》《魔知ガエル》《粋カエル》の3体がメイン。全てレベル2水属性水族ということでレベル属性種族の統一がある。

下記「バージェストマ」カードはどのデッキでも採用される必須カードで、

  • 《バージェストマディノミスクス》(手札コストで相手フィールドのカードを除外)
  • 《バージェストマカナディア》(月の書効果)

下記3枚はデッキ構築やプレイヤーによって変わるという印象。

  • 《バージェストマピカイア》(バジェ捨てて2ドロー)
  • 《バージェストマオレノイデス》(サイクロン)
  • 《バージェストママーレラ》(デッキから罠カード落とし)

「カエルバジェ(ガエルバジェ)」優勝デッキレシピ構築

「カエルバジェ(ガエルバジェ)」デッキ大会優勝デッキレシピ構築

8th 中嶋コーポレーションCS 1位A

「カエルバジェ幻煌龍」デッキ(公認大会優勝)

「ガエルバジェ(カエルバジェ)」デッキ回し方

勝ち筋は盤面コントロール

ガエルバジェ(カエルバジェ)デッキの勝ち筋は盤面を固めていくコントロール系デッキ

《餅カエル》《バージェストマオパビニア》などのランク2エクシーズと「罠カード」で相手の動きを止めつつ、盤面アドを固めていく。

「バージェストマ」が罠カードを基軸としたテーマデッキであるので、基本的にカエルバジェデッキは、先行をとって相手の妨害をしていく。

トラップカードを使ったコントロール系デッキは、盤面を固めるにはどうしても時間がかかってしまい、崩されると立て直しにも時間がかかる。なので、カエルバジェ(ガエルバジェ)は一度盤面を崩されると一気にたたみかけるようにずるずると不利になってしまう。そういった盤面を立て直す力というのが弱いのもカエルバジェ(ガエルバジェ)デッキの特徴。

なので、カエルバジェデッキを上手に回すコツは、序盤からハイペースで相手の妨害をしつつ、盤面アドを守り勝つという戦略になる。

餅カエルまでの回し方・ルート

《餅カエル》まで回すルートはいろいろあるが、1ターン目で出すとなると、やはり《鬼ガエル》をからめてでの回し方展開がシンプルで一番強い。

《鬼ガエル》のデッキから「水属性・水族・レベル2モンスター」を落とす効果は、1ターンに1度の制限がついていない。

そのため、手札に他に水属性モンスターが1体いれば、①効果と③効果を使って、2回《鬼ガエル》を出せるので《粋カエル》《魔知ガエル》の2枚をデッキから落とすことができる。

そこから《粋カエル》蘇生からの《鬼ガエル》《粋カエル》でランク2エクシーズの《餅カエル》を出していくルートが強いだろう。

相手ターンを介しても大丈夫であれば「バージェストマ」の墓地チェーン効果でフィールドにモンスターを揃えてから展開していくこともできるが、それは1ターン目に出せなかった場合。1ターン目に《餅カエル》を出せるなら出して言った方が良いので、やはり初動で《鬼ガエル》を引けると強い。

採用される罠カード

採用される罠カードとしては、バージェストマ罠カードに加えて、《魔封じの芳香》《王宮の勅命》《和睦の使者》などのフリーチェーン系カードの採用が多い

又、「カエルバジェ」デッキは魔法カードの採用が極端に少ないので、《魔封じの芳香》や《王宮の勅命》などの自身にもデメリットがある魔法制限系罠カードを採用しやすい。

「どの永続罠カードが採用されるのか」は、環境デッキテーマのメタに合わせて変わってくるのだが、永続罠系メタカードは総じて、昨今環境テーマへのメタとして機能しやすいので、その点もカエルバジェデッキの強みと言えるでしょう。

デッキから罠カードを落とせる《バージェストママーレラ》を採用するデッキ構築の場合墓地から発動できる《迷い風》や《ブレイクスルースキル》の採用も目立つ。

リンク召喚が相性抜群

「カエルバジェ」デッキのもう一つの特徴は、とにかくリンク召喚と相性が良いこと

その理由は《粋カエル》《鬼ガエル》《魔知ガエル》3枚の効果使用は全て1ターンに1度の制限がないから。

  • 《粋カエル》はリンク召喚で墓地にいっても、条件が満たせれば何度でも蘇生が可能。
  • 《魔知ガエル》のデッキサーチ効果は「フィールドから墓地に送られた時」なので、リンク召喚の素材で墓地にいった時も発動することができる。(←【修正】タイミングを逃すので使えません)
  • 《鬼ガエル》の特殊召喚効果や墓地送り効果も1ターンに1度がついていないため展開札になる。

このように「カエルバジェ」デッキは、ほとんどアドを失わずリンク召喚をしていくことができるので、とにかくリンク→リンク(エクシーズ)で一気に盤面展開できる。

水属性の打点アップができるリンク2《マスターボーイ》を絡めてリンク召喚をしていくことで、簡単にキル打点8000を作っていくことも可能。

スポンサードリンク


まとめ

「カエルバジェ(ガエルバジェ)」大会優勝デッキレシピ構築紹介・回し方解説をしてまいりました。

「カエルバジェ」デッキはかなりリンク召喚とも相性が良く、新ルール環境でも逆に戦いやすくなったテーマの一つではないでしょうか。「海皇水精鱗デッキ」と同じく、環境で通用する実力を持っている水属性テーマの一つと言えるでしょう。

というわけで今回はこれで以上です!

コメント

  1. 匿名 より:

    マチガエルがリンク素材として墓地に送られた場合はタイミングを逃して発動出来ないのでは?

  2. 旅ガエル より:

    魔知ってタイミング逃しませんっけ?

  3. yugioumikun より:

    管理人です。
    調べたところ、ご指摘の通り、魔知ガエルの効果はタイミングを逃すので、シンクロ・リンクなどでは効果を使えないようですね。ご指摘ありがとうございます。
    引き続き、当サイトをよろしくお願い申し上げます。

  4. デッキメモ より:

    →「カエルバジェ」デッキ(素早い入り)のリンク先のデッキを作成したデッキメモと申します。
    調べ物をしていたところ、当ページにたどり着き、自分の作成したデッキのリンクが貼られているのを発見いたしました。
    参考レシピとしてリンクが貼られていることは、デッキを作成した者としては嬉しいのですが、
    私自身は大会等に出場した経験はなく、身内でワイワイやっている程度です。
    デッキ大会優勝デッキレシピ構築としてリンクを貼られてしまうと他の閲覧者様に誤解を与えかねません。
    また、知らぬ間にリンク先のデッキ内容を大きく変更したり、削除することも考えられます。
    大変恐縮ですが、こちらのページのリンクを外していただけるとありがたいです。
    以前、甲虫装機でも同様のことがありましたので、
    他にも私が作成したデッキのリンクがありましたら全てリンクを外していただければと思います。
    長文失礼いたしました。

    • yugioumikun より:

      管理人です。
      ご指摘の件、承知しました。
      確かに誤解を招きかねないリンクでございましたね。
      該当箇所のリンクを削除させて頂きました。
      失礼いたしました。

      他の記事に関しても調査をし該当があれば随時削除させて頂きます。万が一漏れがございましたら、お手数ではございますがご指摘をいただければ早急に対処いたします。
      引き続き、当サイトをどうぞよろしくお願い申し上げます。