【遊戯王OCG】混源龍レヴィオニアの効果考察!新たなカオス系レベル8闇属性ドラゴン族!

カード考察

2018年7月14日発売の「ソウルフュージョン」に収録される《混源龍レヴィオニア》が先日の遊戯王公式Twitterのフラゲで判明しました。

今回は《混源龍レヴィオニア》の効果考察をしていきたいと思います。

《混源龍レヴィオニア》効果解説

《混源龍レヴィオニア》
《混源龍レヴィオニア》
特殊召喚・効果モンスター
星8/闇属性/ドラゴン族/攻3000/守 0
このカードは通常召喚できない。自分の墓地から光・闇属性モンスターを合計3体除外した場合に特殊召喚できる。このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):この方法でこのカードが特殊召喚に成功した時に発動できる。その特殊召喚のために除外したモンスターの属性によって以下の効果を適用する。このターン、このカードは攻撃できない。
●光のみ:自分の墓地からモンスター1体を選んで守備表示で特殊召喚する。
●闇のみ:相手の手札をランダムに1枚選んでデッキに戻す。
●光と闇:フィールドのカードを2枚まで選んで破壊する。

《混源龍レヴィオニア》効果考察

墓地のモンスター3枚を除外して出せるという特殊召喚モンスター。

この効果での特殊召喚成功時に、除外したモンスターの属性によって効果を使い分けるというモンスター。効果を使ったターンに自身は攻撃できないが、攻撃力3000モンスターをパッと出せるという点は評価できる。

また、闇属性ドラゴン族レベル8「ATK3000・DFE 0」モンスターということで、様々なサポートが可能。

まず、サーチ面では《ドラゴン目覚めの旋律》に対応し、コスト面では《トレードイン》に対応しているので、ドラゴン族主体のデッキや、レベル8軸のランク8エクシーズを使っていくようなデッキに採用が可能。

他にも、闇属性で守備力が0なので《悪夢再び》の効果にも対応している。

墓地のカードを3枚除外だが、光属性・闇属性どちらのカードを除外した場合でも特殊召喚ができるという点において、

2枚除外だが「光と闇の両方」がいないと特殊召喚できない《カオスソルジャー開闢の使者》《混沌帝龍-終焉の使者》などに比べて出しやすさはある。

また、光だけのデッキや、闇だけのデッキにも採用可能。

また《リンクリボー》《トロイメアユニコーン》などの闇属性を持つリンクモンスターやEXデッキのモンスターを採用して、コストを確保することもできるだろう。

 

いずれにせよ、この《混源龍レヴィオニア》自身が特殊召喚のためには、墓地のカードを3枚除外がコストである点で、ゲーム序盤では手札で腐りやすく、中盤から終盤にかけて生きてくるモンスターとも言える。

序盤でも活かすとするなら、大量の墓地肥やしをするデッキや、回していて自然と墓地が肥えるデッキなどに使われることもあるだろう。

パッと思いついたデッキとしては、芝刈り系、ライトロード、カオスソルジャー、カオス、銀河眼、青眼あたりでしょうか。

いずれにせよ、汎用枠として、1枚〜2枚程度は確保しておきたいカードですね。

【関連記事】

【ソウルフュージョン】全収録カード一覧・効果・レアリティ【遊戯王OCG】
2018年7月14日発売の新作パック《ソウルフュージョン(SOUL FUSION)》収録カードリストの効果一覧をまとめました。 ソウルフュージョンは遊戯王OCG10期 6作目の基本パックです。今回は、ソウルフュージョンにおける収録カー...
スポンサードリンク


 

「ソウルフュージョン」BOX 予約・購入情報

2018年7月14日発売のBOX予約・購入情報です。

ソウル・フュージョン(Amazon)

ソウル・フュージョン(楽天市場)

ソウル・フュージョン(Yahoo!ショッピング)

コメント