「失楽の魔女」効果考察!禁じられたシリーズをサーチできる天使族【遊戯王OCG】

カード考察

2018年7月14日発売の「ソウル・フュージョン」に収録される《失落の魔女》というカードが判明しました。

今回は《失落の魔女》の効果を考察していきます。

《失落の魔女》効果解説

《失楽の魔女》
《失楽の魔女》
効果モンスター・星4/闇属性/天使族/攻 100/守2000
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが召喚に成功した時に発動できる。デッキから「禁じられた」速攻魔法カード1枚を手札に加える。(2):相手メインフェイズに、このカードをリリースして発動できる。デッキから「失楽の魔女」以外の天使族・レベル4モンスター1体を特殊召喚する。

《失落の魔女》効果考察

①効果:「禁じられた」速攻魔法のサーチ

①効果は、召喚成功時にデッキから「禁じられた」速攻魔法カードをサーチできる効果。

「禁じられた」系カードは、以下4枚がサーチ対象。

  • 《禁じられた聖衣》
  • 《禁じられた聖槍》
  • 《禁じられた聖典》
  • 《禁じられた聖杯》

速攻魔法であるので、サーチしたターンに即座に利用できる。また、汎用カードとしても採用しているデッキも少なくないため、禁じられたカードを採用する天使族主体のデッキには無理なく《失楽の魔女》採用することも可能。

それぞれの効果は以下の通り。

  • 《禁じられた聖衣》:攻600ダウン&対象破壊耐性
  • 《禁じられた聖槍》:攻800ダウン&魔法・罠効果を受けない
  • 《禁じられた聖典》:ダメージ計算時に発動できダメステ終了時までフィールドのカード効果無効&ダメージ計算は元々の攻撃力守備力で行う
  • 《禁じられた聖杯》:攻撃力400アップ&対象モンスターの効果は無効化

 

②効果:相手メインフェイズに、リリースからの天使族レベル4モンスターをリクルート

②効果は、相手メインフェイズに、リリースすることで、デッキよりレベル4天使族モンスターをリクルートすることできる効果。

相手メインでフリーチェーンで発動できるため、チェーン発動して《閃光の結界像》などをリクルートすれば、相手の特殊召喚効果を無効にすることもできる。

また、《失楽の魔女》自体は、闇属性なので、《闇黒の魔王ディアボロス》の特殊召喚のトリガーになることができる。

《失楽の魔女》は、レベル4闇属性モンスターなので、《ダークホルスドラゴン》の蘇生対象になる。

発動のトリガーでもある相手メインフェイズに発動する魔法カードも、「禁じられた」カードをサーチすることで賄うことができるのでさらに相性が良い。

 

その他にも、レベル4天使族モンスターを採用する「幻奏」「雲魔物」「光天使」「天使パーシアス」などのテーマデッキでも使うこともできそう。

【幻奏】ではアリアをリクルートできるし、【光天使】では、セプターをリクルートしてスローネをサーチからのSSでのドローというスプスロコンボもできる。【パーシアス】デッキでは、ヴァルキリアや豊穣のアルテミスを出すこともできる。

【遊戯王OCG優勝】幻奏デッキ回し方・優勝デッキレシピ構築
「幻奏」デッキとは 「幻奏」デッキは「幻奏」と名のついた天使族モンスターを中心に戦うテーマ。 遊戯王OCG第9期のテーマであり、「アニメ遊戯王ARC-V」でヒロイン柊柚子が使用したテーマでもある。テーマとしては融合テーマにな...
【遊戯王】「光天使パーシアス」準優勝デッキレシピ構築・回し方解説
「光天使パーシアス」デッキとは 「光天使パーシアス」デッキとは、「光天使」とストラクR神光の波動収録「パーシアス」デッキを組み合わせたデッキのこと。「パーシアス」デッキはカウンター罠をはじめとしてパーミッション的な動きをするので「...

禁じられたカードのサーチと、天使族モンスターをリクルートできることを考えれば、①効果と②効果を合わせれば、1枚で2枚分のカードになるので、アドを確保しやすいカードとも言える。

テーマカードじゃないが、天使族テーマにとっては実質の強化カードになることはまちがいないでしょう。

 

スポンサードリンク


ソウル・フュージョン(SOFU)予約・購入情報

2018年7月14日発売の【ソウル・フュージョン】の通販予約・購入情報をまとめました。

ソウル・フュージョン(Amazon)

ソウル・フュージョン(楽天市場)

ソウル・フュージョン(Yahoo!ショッピング)

コメント