【遊戯王】サイバードラゴンネクステア効果考察!こいつはマジで強いぞ!

カード考察

Vジャンプ2018年9月号に付録収録される《サイバー・ドラゴン・ネクステア》の効果が判明しましたので、効果を考察していきます。

「サイバードラゴン(サイバー流)」デッキを強くするガチカードの1枚という感じの効果になっています。

そんな《サイバー・ドラゴン・ネクステア》の効果を考察します。

《サイバー・ドラゴン・ネクステア》効果解説

《サイバー・ドラゴン・ネクステア》
《サイバー・ドラゴン・ネクステア》
効果モンスター/星1/光属性/機械族/攻 200/守 200
このカード名の(2)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードのカード名は、フィールド・墓地に存在する限り「サイバー・ドラゴン」として扱う。
(2):手札からこのカード以外のモンスター1体を捨てて発動できる。このカードを手札から特殊召喚する。
(3):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合、攻撃力または守備力が2100の、自分の墓地の機械族モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを特殊召喚する。この効果の発動後、ターン終了時まで自分は機械族モンスターしか特殊召喚できない。

《サイバードラゴンネクステア》効果考察

《サイバードラゴンネクステア》①効果

フィールド墓地にいる時に「サイバードラゴン」として扱う効果。《サイバー・ドラゴン・ネクステア》は攻撃力が200なので、《サイバードラゴンコア》などと同様に《機械複製術》の発動条件を満たしている

《サイバードラゴンネクステア》②効果

2つ目の効果は手札からモンスターを1体捨てて、自身を手札から特殊召喚する効果。

この効果で《サイバー・ドラゴン》を墓地に送っていれば、《サイバー・ドラゴン・ネクステア》3つ目の効果で蘇生することができるので、《サイバードラゴンズィーガー》を作ることもできる。

サイバーデッキの場合、なるべく《サイバードラゴンコア》に召喚権を使いたいところなので、特殊召喚できる点で噛み合っているといえる。

《サイバードラゴンネクステア》③効果

3つ目の効果は、発動後は機械族モンスターしか特殊召喚できなくなるが、召喚・特殊召喚成功時に、攻撃力もしくは守備力が2100の機械族を墓地から蘇生する効果

この効果がマジで強い!

攻撃力もしくは守備力が2100になるので対象になるカードとしては、サイバーデッキに採用されるカードとしては以下のカードなどが対象になる。

  • 《サイバー・ドラゴン》
  • 《サイバーファロス》
  • 《サイバードラゴンズィーガー》
  • 《キメラテックランページドラゴン》
  • 《サイバーツインドラゴン》
  • 《サイバードラゴンノヴァ》
  • 《サイバードラゴンインフィニティ》

ざっとあげただけでも、かなりの数になる。

《サイバーツインドラゴン》や《キメラテックランページドラゴン》を特殊召喚して、2回攻撃、3回攻撃を仕掛けることもできるので、高打点を作ることができる。

また、《サイバードラゴンインフィニティ》を蘇生して、吸収効果を使って、相手カードを除去&素材確保をすることもできる。

 

この効果の発動自体は、

《サイバードラゴンネクステア》自身の②効果によって手札から特殊召喚し、その後③効果を使うという様に、2つの効果を連動して発動していくことができる。

他にも《サイバーレヴシステム》や《サイバードラゴンノヴァ》の効果で《サイバードラゴンネクステア》を特殊召喚して、効果を使っていくことも可能。

 

はっきり言って、この《サイバー・ドラゴン・ネクステア》はめっちゃ強い!

強力な展開札になりつつも「サイバー・ドラゴン」なので、素材にもなれちゃう。

サイバードラゴンデッキには、2枚〜3枚はデッキに採用必須になるでしょう。

 

【サイバードラゴンデッキ(表サイバー流)回し方・デッキ構築】はこちら

【遊戯王】「サイバードラゴン」デッキ新規入り回し方展開方法・優勝デッキレシピ構築論
「サイバードラゴン」デッキは、2018年4月発売の「サイバネティックホライゾン」「コレクターズパック2017」「デュエリストパックレジェンドデュエリスト編3」で大幅に強化された機械族テーマ。 特にリンクモンスター《サイバードラゴンズィ...
スポンサードリンク


まとめ

今回は《サイバー・ドラゴン・ネクステア》効果が判明しましたので考察してきました。

はっきり言って、サイバードラゴンデッキにとってはかなりの強化になったといってもいいでしょう。「サイバネティックホライゾン」「コレクターズパック2018」「デュエリストパックレジェンドデュエリスト編3」と、新規が続いているサイバー流ですが、今回のこのカードでさらに強くすることができるようになります。

サイバードラゴンデッキを使っているのであれば是非確保しておきたいカードでしょう。

是非、構築の参考にしてみてください!

この記事を書いた人はこちら。

遊戯王情報サイト「DJ遊戯王ドットコム」の管理人。

コメント