《深淵の宣告者》考察!耐性を無視して除去できる通常魔法カード【遊戯王OCG】

カード考察

2018年7月14日発売の「ソウル・フュージョン」に収録される《深淵の宣告者》というカードが判明しました。

今回は新規カード《深淵の宣告者》画像詳細・効果テキストを考察していきます。

【関連記事】

【ソウル・フュージョン】全収録カード一覧・効果・最新情報まとめ【遊戯王OCG】

《深淵の宣告者》効果解説

今回新規収録した《深淵の宣告者》はこちらのカードです。

《深淵の宣告者》
通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。①:1500LPを払い、種族と属性を1つずつ宣言して発動できる。宣言した種族・属性のモンスターが相手フィールドに存在する場合、相手はそのモンスター1体を墓地へ送らなければならない。このターン、相手はそのモンスター及びその同名モンスターのモンスター効果を発動できない。

《深淵の宣告者》効果考察

属性と種族を宣言して、宣言した種族と属性のモンスターが相手フィールドに存在する場合に、その内から1体を相手は選び墓地に送る効果。そして、その墓地に送ったモンスター及び同名モンスターの効果は発動できなくする効果。

種族&属性が一致しているモンスターが複数枚存在する場合は、どのカードを墓地に送るのかは相手が選ぶことになる。

全く同じ種族・属性モンスターを複数採用しているテーマでなければ、ピンポイントで相手カードを除去することができる。

 

この《深淵の宣告者》のポイントは以下の通り。

  • LPコストが1500と少々重い
  • 墓地へ送り系効果
  • 相手が選ぶため耐性を無視できる
  • そのカード及び同名カード効果無効

まず《深淵の宣告者》の効果は、墓地に送る系効果なので、破壊をトリガーにする誘発効果持ちカードの効果を妨害することが可能になる。

さらに《イタチの大暴発》のように、

《深淵の宣告者》の効果によって墓地に送るモンスターは、相手プレイヤーが選ぶ効果であるため、《真竜剣皇マスターP》や、やぶ蛇から出てくる《RR-アルティメットファルコン》のような破壊耐性効果・効果を受けない系の耐性を持っているカードも除去することができる。

さらに、

墓地に送ったカードの効果を発動できなくするので、相手ターンでも発動できる《幽鬼うさぎ》などの誘発即時効果を持つカードや、同名モンスターを複数体フィールドに並べるようなデッキテーマに対しては有利に働く。

いずれにせよ、通常魔法というところと、ライフコストが1500LPも支払うというところが少し難点だが、完全耐性持ちカードが環境で流行ったらこのカードの強さが輝くであろう。

スポンサードリンク


ソウル・フュージョン(SOFU)予約・購入情報

2018年7月14日発売の【ソウル・フュージョン】の通販予約・購入情報をまとめました。

ソウル・フュージョン(Amazon)

ソウル・フュージョン(楽天市場)

ソウル・フュージョン(Yahoo!ショッピング)

 

 

この記事を書いた人はこちら。

遊戯王情報サイト「DJ遊戯王ドットコム」の管理人。

コメント

  1. 名無し より:

    そもそも、破壊だったとしても効果発動できない効果あるので発動できない気が。

    • yugioumikun より:

      管理人です。

      コメントありがとうございます。
      確かに、「このカードが破壊された場合に発動する〜」的な、自身が破壊されたことによって発動するカードは、ご指摘の通り、そもそも発動することができないですね。
      ですが、墓地に送ったモンスター以外の「フィールドのモンスターが破壊された時〜する」や「〇〇が破壊された場合に発動できる〜」的なカードの対処にはなります。
      書き方がややこしくてすみません。

      引き続き、当サイトをどうぞよろしくお願い申し上げます。