転生炎獣(サラマングレイト)デッキ回し方・相性の良いカード【遊戯王OCG】

テーマデッキ考察

転生炎獣(サラマングレイト)デッキ回し方・相性の良いカードを解説します。

転生炎獣(サラマングレイト)は、ソウルフュージョンで登場したアニメ遊戯王VRAINSのソウルバーナーが使用するテーマです。

炎属性・サイバース族を中心としたリンクテーマです。

そんな転生炎獣(サラマングレイト)デッキの回し方・デッキレシピ構築・相性の良いカードを解説していきたいと思います。

転生炎獣(サラマングレイト)デッキ回し方

ミーアとファルコで、リンク素材を揃える

《転生炎獣サラマングレイトミーア》
《転生炎獣サラマングレイトミーア》
効果モンスター・星2/炎属性/サイバース族/攻 800/守 600
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが通常のドロー以外の方法で手札に加わった場合、このカードを相手に見せて発動できる。このカードを手札から特殊召喚する。
(2):手札からこのカード以外の「サラマングレイト」カード1枚を捨てて発動できる。このカードを手札から特殊召喚する。
《転生炎獣サラマングレイトファルコ》
《転生炎獣サラマングレイトファルコ》
効果モンスター・星4/炎属性/サイバース族/攻1200/守1600
このカード名の(1)(2)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
(1):このカードが墓地へ送られた場合、自分の墓地の「サラマングレイト」魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。そのカードを自分フィールドにセットする。(2):このカードが墓地に存在する場合、「転生炎獣ファルコ」以外の自分フィールドの「サラマングレイト」モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを持ち主の手札に戻し、このカードを墓地から特殊召喚する。

《転生炎獣ミーア》《転生炎獣ファルコ》の2枚から、召喚権を使わずにリンク2分のリンク素材を揃えることができる。

【以下展開例】

《転生炎獣ミーア》の効果で手札から《転生炎獣ファルコ》を捨てて、手札から《転生炎獣ミーア》を特殊召喚。

その後、墓地の《転生炎獣ファルコ》効果を使って、フィールドの《転生炎獣ミーア》を手札に戻して、墓地から《転生炎獣ファルコ》を蘇生。手札に戻った《転生炎獣ミーア》の効果を使って、《転生炎獣ミーア》を手札から自身を特殊召喚。

 

これで召喚権を使わずに《転生炎獣ファルコ》《転生炎獣ミーア》を揃えることができる。

さらに、ここに炎属性効果モンスターを1体通常召喚することで、

リンク3の《転生炎獣ヒートライオ》をリンク召喚することできる。

《転生炎獣サラマングレイトヒートライオ》
《転生炎獣サラマングレイトヒートライオ》
リンク・効果モンスター・リンク3/炎属性/サイバース族/攻2300
【リンクマーカー:上/左下/右下】
炎属性の効果モンスター2体以上
(1):このカードがリンク召喚に成功した場合、相手の魔法&罠ゾーンのカード1枚を対象として発動できる。そのカードを持ち主のデッキに戻す。
(2):このカードが「転生炎獣ヒートライオ」を素材としてリンク召喚されている場合、1ターンに1度、フィールドの表側表示モンスター1体と、自分の墓地のモンスター1体を対象として発動できる。対象のフィールドのモンスターの攻撃力は、ターン終了時まで対象の墓地のモンスターの攻撃力と同じになる。

ちなみに、この時に、

《転生炎獣Jジャックジャガー》を通常召喚して、素材にしていれば、

《転生炎獣サラマングレイトJジャックジャガー》
《転生炎獣サラマングレイトJジャックジャガー》
効果モンスター・星4/炎属性/サイバース族/攻1800/守1200
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが守備表示モンスターを攻撃した場合、その守備力を攻撃力が超えた分だけ戦闘ダメージを与える。(2):このカードが墓地に存在し、自分フィールドに「サラマングレイト」リンクモンスターが存在する場合、「転生炎獣Jジャガー」以外の自分の墓地の「サラマングレイト」モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターをデッキに戻し、墓地のこのカードを自分の「サラマングレイト」リンクモンスターのリンク先となる自分フィールドに特殊召喚する。

《転生炎獣Jジャックジャガー》の墓地効果で、墓地のミーアかファルコをデッキに戻して、自身をヒートライオのリンク先に特殊召喚することができる。

《転生炎獣ヒートライオ》《転生炎獣Jジャックジャガー》の2枚で、4100打点を取りにくいのもいいだろうし、メインフェイズ中にこの2枚でリンク4のリンク召喚を狙っていくのも良いだろう。

《フォーマッドスキッパー》を使って転生リンク召喚を行う

《フォーマッド・スキッパー》
《フォーマッド・スキッパー》
効果モンスター・星1/光属性/サイバース族/攻 0/守 0
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分メインフェイズに発動できる。EXデッキのリンクモンスター1体を相手に見せる。このターンにリンク召喚する場合、このカードは見せたモンスターと同じカード名・種族・属性の素材としても扱える。(2):このカードがリンク素材として墓地へ送られた場合に発動できる。デッキからレベル5以上のサイバース族モンスター1体を手札に加える。

《フォーマッドスキッパー》を使って、「転生リンク召喚」を狙っていくこともできる。

「転生リンク召喚」とは、アニメで使われている用語であって、OCG的に言うと、「同名モンスターを素材として同名モンスターをリンク召喚した場合」である。

《転生炎獣サラマングレイトヒートライオ》でいえば②効果である。

(2):このカードが「転生炎獣ヒートライオ」を素材としてリンク召喚されている場合、1ターンに1度、フィールドの表側表示モンスター1体と、自分の墓地のモンスター1体を対象として発動できる。対象のフィールドのモンスターの攻撃力は、ターン終了時まで対象の墓地のモンスターの攻撃力と同じになる。

《フォーマッドスキッパー》の効果を使って、EXデッキから《転生炎獣サラマングレイトヒートライオ》を見せて、このカードを素材として《転生炎獣サラマングレイトヒートライオ》をリンク召喚すれば、この②効果を使う条件を満たすことができる。

《フォーマッドスキッパー》を通常召喚から効果を使って、上記で説明した《転生炎獣ミーア》《転生炎獣ファルコ》の展開をすれば、②効果を満たした《転生炎獣サラマングレイトヒートライオ》をリンク召喚することができる。

永続魔法《転生炎獣の意志》を使って、戦線維持&大量展開

《転生炎獣の意志サラマングレイト・ハート》
《転生炎獣の意志サラマングレイト・ハート》
永続魔法
このカード名の(1)(2)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
(1):自分メインフェイズに発動できる。自分の手札・墓地から「サラマングレイト」モンスター1体を選んで特殊召喚する。(2):魔法&罠ゾーンの表側表示のこのカードを墓地へ送り、自身と同名のモンスターを素材としてリンク召喚した自分フィールドの「サラマングレイト」リンクモンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターのリンクマーカーの数まで、自分の手札・墓地から「サラマングレイト」モンスターを選んで守備表示で特殊召喚する。

永続魔法である《転生炎獣の意志》を使って、展開補助をしつつ、転生リンク召喚からサラマングレイトの大量展開を狙うことができる。

《転生炎獣の意志》の特殊召喚する①効果は、手札からの特殊召喚だけでなく墓地からも特殊召喚に対応しているので、蘇生制限を満たしていれば、《転生炎獣ヒートライオ》を蘇生することができる。

 

さらに《転生炎獣の意志》②効果も非常に強力で、

同名のモンスターを素材にリンク召喚した「サラマングレイト」リンクモンスターを対象に、そのモンスターのリンクマーカーの数まで、自分手札・墓地から「サラマングレイト」モンスターを守備表示で特殊召喚という効果。

《フォーマッドスキッパー》を使って《転生炎獣ヒートライオ》をリンク召喚したり、

《転生炎獣の聖域》を使って、《転生炎獣ヒートライオ》を再度リンク召喚することで、条件を満たすことができる。

《転生炎獣の聖域サラマングレイト・サンクチュアリ》
《転生炎獣の聖域サラマングレイト・サンクチュアリ》
フィールド魔法
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがフィールドゾーンに存在する限り、自分が「サラマングレイト」リンクモンスターをリンク召喚する場合、自分フィールドの同名の「サラマングレイト」リンクモンスター1体のみを素材としてリンク召喚できる。
(2):自分のモンスターが戦闘を行うダメージ計算時に、1000LPを払い、自分フィールドのリンクモンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターの攻撃力を0にし、そのモンスターの元々の攻撃力分だけ自分のLPを回復する。

《転生炎獣ヒートライオ》を対象とする場合、リンクマーカーは3個なので、3体まで「サラマングレイト」モンスターを特殊召喚することが可能。

《転生炎獣の聖域》の効果で特殊召喚するモンスターは、全て守備表示になってしまうので、そのままバトルフェイズで攻撃できないのが、それらを素材として《フレイムアドミニスター》や《トランスコードトーカー》などのリンクモンスターをリンク召喚をしていくことで総攻撃力を上げていくことができる。

 

サラマングレイトモンスター3体を展開できれば、

2体を使って《フレイムアドミニスター》をリンク召喚→《フレイムアドミニスター》ともう1体で《トランスコードトーカー》をリンク召喚。トランスコードトーカーの効果を使って、墓地の《フレイムアドミニスター》をリンク先に蘇生。

ということで、《転生炎獣ヒートライオ》《フレイムアドミニスター》《トランスコードトーカー》の3枚をフィールドに揃えることができるので、フレイムアドミニスターの効果を加味して、総攻撃力8200にまで持っていくことができる。

スポンサードリンク


新規転生炎獣(サラマングレイト)デッキ構築

転生炎獣(サラマングレイト)と相性の良いカード

《フォーマッドスキッパー》

こちらは先ほど説明した通りである。

EXデッキの《転生炎獣ヒートライオ》を見せて、転生リンク召喚につなげていくことができる。リンク素材として墓地に送られた時にデッキからレベル5以上のサイバースモンスターをサーチできる効果も見逃せない。

《デグレネードバスター》

墓地のサイバースを2枚除外することで手札から特殊召喚できるレベル7サイバース族・炎属性モンスター。

炎属性モンスターということで、転生炎獣デッキとの相性もよく、さらにレベル7モンスターなので《フォーマッドスキッパー》からのサーチ対象範囲内に入ることができる。

また、サラマングレイトは、魔法罠除去手段に富んでいるが、モンスターの効果除去手段は少ないため、フリーチェーンで攻撃力2500以上の相手モンスターをエンドフェイズまで除外できる効果はなかなか強い。

《ジェットシンクロン》

手札コストに墓地から自己蘇生することができるレベル1炎属性チューナーモンスター。

サラマングレイトモンスターは、墓地起動ができる効果を持っているカードも少なくないので、《ジェットシンクロン》の手札コストとして墓地にいくことで効果を使っていくことができる。

《炎王炎環》

炎属性を蘇生できる速攻魔法である《炎王炎環》。

炎属性ならどんなカードでも蘇生可能なので、蘇生制限を満たしたリンクモンスターも特殊召喚が可能。《転生炎獣サラマングレイト》も墓地から蘇生できるという点は強い。

速攻魔法というフリーチェーンで発動できる蘇生札として、相手の除去札などにチェーンして発動して、アドバンテージを失わないようにしたいところ。

転生炎獣(サラマングレイト)デッキのEXデッキ構築

転生炎獣(サラマングレイト)は、炎属性サイバースリンク召喚テーマということで、採用するEXデッキのモンスターは、リンクモンスター・炎属性・サイバース族というのがキーポイントになる。

今のところ、チューナーが存在せず、レベルの統一性もないので、基本的にはシンクロ・エクシーよりも、リンクモンスターを中心に採用するEXデッキ構築になるだろう。

特に炎属性リンク2モンスターということでいえば、炎属性下記3枚の採用はしておくべきでしょう。

  • 《フレイム・アドミニスター》
  • 《ドリトル・キメラ》
  • 《トロイメア・フェニックス》

すべて炎属性リンク2モンスターなので、炎属性を素材指定にしている《転生炎獣ヒートライオ》のリンク素材にすることができる。

また、リンク3モンスターとしては、

  • 《トランスコード・トーカー》
  • 《パワーコードトーカー》

などは、展開力と戦闘突破力を補うことができる点において相性が良いと言えるだろう。

リンク4モンスターとしては、

  • 《ヴァレルロードドラゴン》
  • 《ヴァレルソードドラゴン》
  • 《トポロジックボマードラゴン》
  • 《竜絶蘭》

などの打力があるカードを採用する必要があるだろう。

基本的には炎属性・サイバース族という点を意識しながらのEXデッキ構築になります。

いずれにせよ、リンクテーマである以上、転生炎獣(サラマングレイト)デッキを構築する上では、リンクモンスター中心にEXデッキを固める構築になることは間違いないでしょう。

スポンサードリンク


まとめ

今回は転生炎獣(サラマングレイト)デッキの回し方・デッキレシピ構築論を解説してきました。

まだまだカードプールが少ないですが、炎属性サイバース族という立ち位置で、アニメテーマ(リンクテーマ)としてOCGでも活躍してくれると良いですね。

引き続き、サラマングレイトデッキの新規カードが登場したら考察をしていきます。

【関連記事:ソウルフュージョン収録テーマ】

サンダードラゴンデッキ回し方展開方法・大会優勝デッキレシピ構築【遊戯王OCG】
サンダードラゴンデッキの回し方・大会優勝ガチデッキレシピ構築を解説していきます。 サンダードラゴンデッキは、2018年7月14日発売のソウルフュージョンでカテゴリー化された雷族テーマ。 既に大会環境でも結果を出しており、大会優勝...
墓守デッキ新規入り回し方・大会優勝デッキレシピガチ構築論【遊戯王OCG】
墓守デッキの回し方・大会優勝デッキレシピ構築論をご紹介していきます。 墓守デッキとは「墓守」と名のついたモンスターと「ネクロバレー」「王家の」と名のついた魔法罠カードを使って戦うビートデッキ。メタビート的な戦い方をするのも特徴。 ...
ゴキボールデッキ(ゴキブリデッキ)回し方展開方法・ガチデッキレシピ構築論【遊戯王OCG】
ゴキボールデッキとは「ゴキブリデッキ」「Gデッキ」をモチーフにした昆虫族モンスターを中心にビートしていくデッキ。2018年7月発売の「ソウル・フュージョン」で強化カードが登場して、昆虫族モンスターデッキとしてさらにデッキを強化して作れるよう...
ダイナレスラーデッキ回し方・デッキレシピ構築・相性が良いカード【遊戯王OCG】
ダイナレスラーの回し方・デッキレシピ構築・相性の良いカードを解説します。 ダイナレスラーは、アニメ遊戯王VRAINSのGO鬼塚が使用するテーマで、全て恐竜族で統一されているテーマ。恐竜族は、サポートカードが豊富にある種族でもあるので種...

コメント