ダイナレスラーデッキ回し方・デッキレシピ構築・相性が良いカード【遊戯王OCG】

テーマデッキ考察

ダイナレスラーの回し方・デッキレシピ構築・相性の良いカードを解説します。

ダイナレスラーは、アニメ遊戯王VRAINSのGO鬼塚が使用するテーマで、全て恐竜族で統一されているテーマ。恐竜族は、サポートカードが豊富にある種族でもあるので種族サポートをうまく使いながら戦っていくことができるテーマになります。

そんなダイナレスラーデッキの回し方・相性の良いカード・デッキレシピ構築を解説していきます。

ダイナレスラーデッキ回し方

《ワイルドダイナレスリング》と《ダイナレスラー・カポエラプトル》の戦闘ロックコンボ

《ワールド・ダイナ・レスリング》
《ワールド・ダイナ・レスリング》
フィールド魔法
このカード名の(3)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドに「ダイナレスラー」モンスターが存在する場合、お互いのプレイヤーはバトルフェイズにモンスター1体でしか攻撃できない。(2):自分の「ダイナレスラー」モンスターの攻撃力は、相手モンスターに攻撃するダメージ計算時のみ200アップする。(3):相手フィールドのモンスターの数が自分フィールドのモンスターより多い場合、墓地のこのカードを除外して発動できる。デッキから「ダイナレスラー」モンスター1体を特殊召喚する。
 《ダイナレスラー・カポエラプトル》
 《ダイナレスラー・カポエラプトル》
効果モンスター星4/地属性/恐竜族/攻1800/守 0
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):攻撃表示のこのカードは戦闘では破壊されず、相手モンスターに攻撃されたダメージステップ終了時にこのカードを守備表示にする。(2):このカードがモンスターゾーンに守備表示で存在する場合、自分・相手のスタンバイフェイズに発動できる。デッキから「ダイナレスラー・カポエラプトル」1体を特殊召喚する。

フィールド魔法の《ワールド・ダイナ・レスリング》は、3つの効果を持っていて、①効果はお互いバトルフェイズに1体しか攻撃できなくなる《暗黒の扉》効果で、②効果は、ダイナレスラーモンスターが相手モンスターに攻撃するダメージ計算時に攻撃力200アップ効果、③効果は、相手フィールドのモンスターカードの数が自分より多い場合、墓地除外でデッキからダイナレスラーをリクルートする効果。

 

下級ダイナレスラーモンスターである《ダイナレスラー・カポエラプトル》は、攻撃表示なら戦闘で破壊されず、攻撃されたら守備表示なる効果を持っている。

また、守備表示の状態で、自分・相手のスタンバイフェイズを迎えると、デッキから同名の《ダイナレスラー・カポエラプトル》を特殊召喚できる効果を持つ。

《ダイナレスラー・カポエラプトル》が守備表示だと戦闘耐性を持たないが、

《ワールド・ダイナ・レスリング》で攻撃できるモンスターの数が1ターンに1体に制限されている状態であれば、相手モンスターの1体目の攻撃が終わば《ダイナレスラー・カポエラプトル》が戦闘破壊されることはなくなる

そのため《ワールド・ダイナ・レスリング》と《ダイナレスラー・カポエラプトル》の2枚が出ている状態は、実質的な戦闘ロックコンボとなる。

《戦線復帰》で《ダイナレスラー・カポエラプトル》を蘇生しランク4エクシーズやリンク召喚を狙う

《ダイナレスラー・カポエラプトル》は、守備表示で自分・相手スタンバイフェイズを迎えると、デッキから同名モンスターをリクルートする効果を持っている。

そのため、墓地に《ダイナレスラー・カポエラプトル》が存在する状態で、相手ターンのエンドフェイズに《戦線復帰》を発動して《ダイナレスラー・カポエラプトル》を守備表示で蘇生して自分ターンを迎えれば、《ダイナレスラー・カポエラプトル》の効果で、同名モンスターをデッキからリクルートすることができる。

そのまま《ダイナレスラー・カポエラプトル》2体で《エヴォルカイザーラギア》《エヴォルカイザードルカ》などのランク4エクシーズを作るのも良いだろうし、

もう一体「ダイナレスラー」モンスターを召喚して、リンク3の《ダイナレスラー・キング・Tティーレッスル》を出していくのも良いだろう。

《ダイナレスラー・キング・Tティーレッスル》
《ダイナレスラー・キング・Tティーレッスル》
リンク・効果モンスターリンク3/地属性/恐竜族/攻3000
【リンクマーカー:左下/右下/下】
「ダイナレスラー」モンスター2体以上
(1):このカードが戦闘を行う場合、相手はダメージステップ終了時まで魔法・罠カードを発動できない。(2):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、相手は他のモンスターを攻撃対象に選択できない。(3):相手バトルフェイズ開始時に、相手フィールドの攻撃表示モンスター1体を対象として発動できる。このバトルフェイズ中、相手はそのモンスターで攻撃宣言しなければ、他のモンスターで攻撃宣言できない。攻撃宣言しなかった場合、対象のモンスターはそのバトルフェイズ終了時に破壊される。

《ダイナレスラー・キング・Tレッスル》は、攻撃力3000のリンクモンスター。

《ダイナレスラー・キング・Tレッスル》は①効果として、戦闘行う場合ダメージステップ終了時まで相手は魔法罠カードを発動できないので《聖なるバリアミラーフォース》などの攻撃反応型カードなどを気にせず戦闘を行うことができる。またこの効果はこのカードが攻撃する場合だけでなく、相手からの攻撃を受ける場合にも発動できる。

 

ちなみに《戦線復帰》の蘇生先としては《ダイナレスラー・システゴ》を特殊召喚するのも良い。

《ダイナレスラー・システゴ》
《ダイナレスラー・システゴ》
効果モンスター・星4/地属性/恐竜族/攻1900/守 0
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが特殊召喚に成功した場合に発動できる。デッキから「ダイナレスラー」モンスター1体または「ワールド・ダイナ・レスリング」1枚を手札に加える。(2):このカードが墓地へ送られたターンのエンドフェイズに、相手フィールドのモンスターの数が自分フィールドのモンスターより多い場合、「ダイナレスラー・システゴ」以外の自分の墓地の「ダイナレスラー」モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを特殊召喚する。

《ダイナレスラー・システゴ》は、①効果として特殊召喚に成功した場合に、デッキからサーチできる効果を持っているので非常に便利な効果。

また《ダイナレスラー・システゴ》は、②効果として、墓地に送られたターンのエンドフェイズに、相手フィールドのモンスターの数が自分フィールドのモンスターより多い場合も、同名以外の「ダイナレスラー」の墓地蘇生をすることもできる効果を持っている。

①効果で特殊召喚成功でサーチをして、墓地に送られたターンのエンドフェイズに墓地蘇生ということで、1枚で2枚分のアドを取ることができるカード。

攻撃力も1900打点あるので、単純にアタッカーとしての役割も期待できる。

《ダイナレスラー・カパプテラ》による墓地送り効果

《ダイナレスラー・カパプテラ》
《ダイナレスラー・カパプテラ》
効果モンスター星3/風属性/恐竜族/攻1600/守 0
このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):相手フィールドのモンスターの数が自分フィールドのモンスターより多い場合、相手フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを墓地へ送る。
(2):このカードが「ダイナレスラー」リンクモンスターのリンク素材として墓地へ送られた場合に発動できる。 そのリンクモンスターの攻撃力はターン終了時まで1000アップする。

《ダイナレスラー・カパプテラ》は、相手フィールドのモンスターの数が自分フィールドのモンスターより多い場合、相手モンスター1体を墓地送りできる効果。墓地送りなので、破壊耐性を持っているカードや、破壊によって起動する誘発効果を持っているカードを墓地に送ることができる。

しかも効果のトリガーが、相手依存とはいえ、フィールドのモンスターの数を参照するだけで発動できる効果であり、《ダイナレスラー・カパプテラ》自体がレベル3モンスターなので、通常召喚するだけで、確実に効果を使っていくことができる。後攻からの展開においても、非常に強い効果を発揮してくれる。

また、《ダイナレスラー・カパプテラ》②効果として、「ダイナレスラー」リンクモンスターのリンク素材になった場合に、そのモンスターの攻撃力を1000アップさせる効果を持っている。

なので、《ダイナレスラー・カパプテラ》を素材として、《ダイナレスラー・キング・Tレッスル》を出せば、《ダイナレスラー・キング・Tーレッスル》の攻撃力を4000ポイントにすることができる。

《ダイナレスラーパンクラトプス》による特殊召喚&フリチェ除去

《ダイナレスラー・パンクラトプス》
《ダイナレスラー・パンクラトプス》
効果/星7/地属性/恐竜族/ATK2600/DEF0
このカード名の、①の方法による特殊召喚は1ターンに1度しかできず、②の効果は1ターンに1度しか使用できない。①:相手フィールドのモンスターの数が自分フィールドのモンスターより多い場合、このカードは手札から特殊召喚できる。②:自分フィールドの「ダイナレスラー」モンスター1体をリリースし、相手フィールドのカード1枚を対象として発動できる。そのカードを破壊する。この効果は相手ターンでも発動できる。

《ダイナレスラーパンクラトプス》は、相手フィールドのモンスターの数が自分フィールドのモンスターの数よりも多い場合、手札から特殊召喚できる攻撃力2600打点レベル7モンスター。単純にこのステータスだけでも手札からSSできる似た効果を持つ2100打点の《サイバードラゴン》よりも強い。

さらにコストとしてフィールドの「ダイナレスラー」モンスターをリリースする必要があるが、相手フィールドのカード1枚をフリーチェーンで除去できる誘発即時効果を持っている。

《ダイナレスラー・システゴ》をリリースすれば、エンドフェイズに《ダイナレスラー・システゴ》の効果を使うことも可能。

ダイナレスラーデッキと相性の良いカード

《戦線復帰》

先ほど説明した通り、《ダイナレスラー・カポエラプトル》を守備表示で蘇生できる罠カード。相手エンドフェイズにも使って、自分のスタンバイフェイズで2体目の《ダイナレスラー・カポエラプトル》をデッキから呼びたいところ。

《おろかな副葬》

《おろかな副葬》は、《ワールド・ダイナ・レスリング》の③墓地効果を使うために、デッキから直接墓地に送ることができるカード。

《ワールド・ダイナ・レスリング》の墓地効果を使うためには、相手フィールドのモンスターの数が自分フィールドのモンスターの数より多い必要があるため、主に後攻から展開を意識した採用になるだろう。

《ロストワールド》

《ロストワールド》
《ロストワールド》
フィールド魔法
(1):恐竜族以外のフィールドのモンスターの攻撃力・守備力は500ダウンする。(2):1ターンに1度、恐竜族モンスターが召喚・特殊召喚された場合に発動できる。相手フィールドに「ジュラエッグトークン」(恐竜族・地・星1・攻/守0)1体を守備表示で特殊召喚する。(3):相手フィールドにトークンがある限り、相手はトークン以外のフィールドのモンスターを効果の対象にできない。(4):1ターンに1度、フィールドの通常モンスターが戦闘・効果で破壊される場合、代わりにその数だけ自分の手札・デッキの恐竜族モンスターを破壊できる。

4つの効果を持つフィールド魔法。

②効果で恐竜族モンスターの召喚・特殊召喚に呼応して、相手フィールドにトークンを生成。

そのトークンを破壊する戦闘・効果で破壊する代わりに自分手札・デッキの恐竜族モンスターを破壊できる④効果を持っている。デッキから《ベビケラサウルス》や《プチラノドン》を破壊して、デッキからレベル4の《ダイナレスラー・システゴ》を特殊召喚して、サーチ効果を使うのも良いだろう。

また、フィールド魔法ということもあり、《ワールド・ダイナ・レスリング》と一緒に、《テラフォーミング》《盆回し》を採用できるメリットがある。

《魂喰いオヴィラプター》《化石調査》

言わずとしれた恐竜族サポートカード。《魂喰いオヴィラプター》は制限カード、《化石調査》は準制限カードなので、問答無用で採用するべき恐竜族サポートカードになる。

《幻創のミセラサウルス》

メインフェイズに《ダイナレスラー・キング・Tーレッスル》を守ることができる。

また、墓地が肥えてくれば墓地除外からレベル3・レベル4の「ダイナレスラー」モンスターをデッキリクルートできる。

《究極伝導恐獣》

恐竜族最強のアタッカーモンスター。

相手モンスターすべてに一回ずつ攻撃ができる効果を持っているので、1ターンに1体しか攻撃できなくする制約付きの《ワールド・ダイナ・レスリング》環境下での相性はすこぶる良いと言える。

特殊召喚の条件も墓地の恐竜族2体除外なので《ダイナレスラーキング・Tレッスル》がやられた後などにも出していくことで戦線維持ができる。

スポンサードリンク


まとめ

今回は、ダイナレスラーデッキの回し方・相性の良いカード・デッキレシピ構築を解説してきました。

まだまだカードプールが少ない「ダイナレスラー」デッキですが、恐竜族の豊富なサポートカードを使いながらうまく《ダイナレスラー・キング・Tーレッスル》を出していくことで戦っていくことができるテーマとなってます。

是非、ダイナレスラーデッキの構築の参考にしてください!

【関連記事:ソウルフュージョン収録テーマ】

サンダードラゴンデッキ回し方展開方法・大会優勝デッキレシピ構築【遊戯王OCG】
サンダードラゴンデッキの回し方・大会優勝ガチデッキレシピ構築を解説していきます。 サンダードラゴンデッキは、2018年7月14日発売のソウルフュージョンでカテゴリー化された雷族テーマ。 既に大会環境でも結果を出しており、大会優勝...
墓守デッキ新規入り回し方・大会優勝デッキレシピガチ構築論【遊戯王OCG】
墓守デッキの回し方・大会優勝デッキレシピ構築論をご紹介していきます。 墓守デッキとは「墓守」と名のついたモンスターと「ネクロバレー」「王家の」と名のついた魔法罠カードを使って戦うビートデッキ。メタビート的な戦い方をするのも特徴。 ...
ゴキボールデッキ(ゴキブリデッキ)回し方展開方法・ガチデッキレシピ構築論【遊戯王OCG】
ゴキボールデッキとは「ゴキブリデッキ」「Gデッキ」をモチーフにした昆虫族モンスターを中心にビートしていくデッキ。2018年7月発売の「ソウル・フュージョン」で強化カードが登場して、昆虫族モンスターデッキとしてさらにデッキを強化して作れるよう...
パラディオンデッキ回し方・大会優勝デッキレシピ構築・先行制圧&ワンキルルート【遊戯王】
パラディオンデッキとは「サイバネティックホライゾン」で登場したリンクテーマ。パラディオンモンスターは、属性も種族もバラバラで、唯一リンクモンスターがのみが光属性で統一されている。 同じくリンクテーマである「星杯」デッキと似ており、リン...

この記事を書いた人はこちら。

遊戯王情報サイト「DJ遊戯王ドットコム」の管理人。

コメント