【サンダードラゴンデッキ】デッキレシピ構築・大会優勝デッキレシピ紹介

テーマデッキ考察

サンドラデッキの回し方・大会優勝ガチデッキレシピ構築を解説していきます。

サンダードラゴンデッキは、2018年7月14日発売のソウルフュージョンでカテゴリー化された除外と除外を駆使する雷族テーマです。

一部、制限改訂によって規制を受けていますが、未だ環境上位に存在するということでこのテーマに対する関心も引き続き少なくないようです。

サンダードラゴンデッキ回し方・動かし方展開方法

サンダードラゴンデッキは、2枚の切り札を構えるデッキ

サンダードラゴンデッキの特徴は、シンプルに《超雷龍-サンダー・ドラゴン》と《雷神龍-サンダー・ドラゴン》の2枚の融合モンスターが非常に強力です。

《超雷龍-サンダー・ドラゴン》と《雷神龍-サンダー・ドラゴン》をいかにフィールドに展開しつつ、各種サンダードラゴンモンスターでアドを取っていけるのか、という点が重要になるテーマです。

先行で《超雷龍-サンダードラゴン》を立てるルートを考える

《超雷龍-サンダー・ドラゴン》
《超雷龍-サンダー・ドラゴン》
融合・効果モンスター/星8/闇属性/雷族/攻2600/守2400
「サンダー・ドラゴン」+雷族モンスター
このカードは融合召喚及び以下の方法でのみ特殊召喚できる。
●雷族モンスターの効果が手札で発動したターン、融合モンスター以外の自分フィールドの雷族の効果モンスター1体をリリースした場合にEXデッキから特殊召喚できる(「融合」は必要としない)。(1):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、相手はドロー以外の方法でデッキからカードを手札に加える事ができない。(2):このカードが戦闘・効果で破壊される場合、代わりに自分の墓地の雷族モンスター1体を除外できる。

《超雷龍-サンダー・ドラゴン》の①効果は、相手だけに《ライオウ》効果を与える永続効果持つをカードということで、先行1ターン目に出すだけで相手の制圧カードになってくれます。

しかも、②効果によって、《超雷龍-サンダー・ドラゴン》が戦闘・効果破壊される場合、墓地の雷族モンスターを除外するだけで防ぐことができるので、墓地に雷族モンスターが揃えっているだけで、フィールド上への維持を図ることができます。

サンダードラゴンデッキの場合、各種サンダードラゴンモンスターの効果によって、手札から発動→墓地という風にして墓地が肥えているので、《超雷龍-サンダー・ドラゴン》の墓地除外から身代わりにする効果を、非常に効果を使っていきやすいです。

《雷神龍-サンダー・ドラゴン》によるフリチェ除去

《雷神龍-サンダー・ドラゴン》
《雷神龍-サンダー・ドラゴン》
融合・効果モンスター/星10/光属性/雷族/攻3200/守3200
「サンダー・ドラゴン」モンスター×3
このカードは融合召喚及び以下の方法でのみ特殊召喚できる。
●手札の雷族モンスター1体と、「雷神龍-サンダー・ドラゴン」以外の自分フィールドの雷族の融合モンスター1体を除外した場合にEXデッキから特殊召喚できる(「融合」は必要としない)。(1):雷族モンスターの効果が手札で発動した時に発動できる(ダメージステップでも発動可能)。フィールドのカード1枚を選んで破壊する。(2):このカードが効果で破壊される場合、代わりに自分の墓地のカード2枚を除外できる。

《雷神龍-サンダー・ドラゴン》は、手札で雷族モンスターの効果が発動した場合に、フィールドのカードを選んで破壊できる誘発効果を持っています。

つまり、フリーチェーンで手札で発動できる雷族モンスターが手札にいれば、このカードはフリチェ万能除去カードになるしかもこの効果はターン制限がない)

現在、相手ターンでも発動できるフリチェ対応の雷族は以下《雷源龍-サンダー・ドラゴン》《雷電龍-サンダー・ドラゴン》の2種類。

《雷電龍-サンダー・ドラゴン》
《雷源龍-サンダー・ドラゴン》
効果モンスター/星1/光属性/雷族/攻 0/守2000
このカード名の(1)(2)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
(1):このカードを手札から捨て、自分フィールドの雷族モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターの攻撃力は500アップする。この効果は相手ターンでも発動できる(2):このカードが除外された場合またはフィールドから墓地へ送られた場合に発動できる。デッキから「雷源龍-サンダー・ドラゴン」1体を手札に加える。
《雷電龍-サンダー・ドラゴン》
《雷電龍-サンダー・ドラゴン》
効果モンスター/星5/闇属性/雷族/攻1600/守1500
このカード名の(1)(2)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
(1):このカードを手札から捨てて発動できる。デッキから「雷電龍-サンダー・ドラゴン」1体を手札に加える。この効果は相手ターンでも発動できる。(2):このカードが除外された場合またはフィールドから墓地へ送られた場合に発動できる。デッキから「雷電龍-サンダー・ドラゴン」以外の「サンダー・ドラゴン」カード1枚を手札に加える。

《雷電龍-サンダー・ドラゴン》《雷電龍-サンダー・ドラゴン》の2枚とも、サンダードラゴンの必須カードである上に、デッキに自然と組み込むことができるので、無理なく採用が可能なのポイントです。

その他採用カード・相性の良いカードを考察

《太陽電池メン》

《太陽電池メン》
《太陽電池メン》
星4/光属性/雷族/攻1500/守1500
このカード名の(1)(2)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。デッキから雷族モンスター1体を墓地へ送る。(2):このカードが既にモンスターゾーンに存在する状態で、雷族モンスターが召喚・特殊召喚された場合に発動する。自分フィールドに「電池メントークン」(雷族・光・星1・攻/守0)1体を特殊召喚する。(3):自分のフィールド・墓地の「電池メン」効果モンスター1体を対象として発動できる。エンドフェイズまで、このカードはその同名カードとして扱う。

《太陽電池メン》は、①効果として召喚・特殊召喚成功時にデッキから雷族モンスターを墓地に送れる効果と、②効果として、フィールドに他の雷族モンスターが出た時にトークンを生成できる誘発効果がある。(③効果は電池メンデッキ固有効果なので汎用性は低い。)

特に召喚・特殊召喚成功時に、デッキから雷族モンスターを墓地に送れるという点では、

手札に《雷鳥龍-サンダー・ドラゴン》や《雷獣龍-サンダー・ドラゴン》があれば、好きなサンダードラゴンモンスターをデッキから特殊召喚もしくは、回収できるというカードに変わる。

《雷鳥龍-サンダー・ドラゴン》
効果モンスター
星6/光属性/雷族/攻1800/守2200
このカード名の(1)(2)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
(1):このカードを手札から捨てて発動できる。自分の墓地のモンスター及び除外されている自分のモンスターの中から、「雷鳥龍-サンダー・ドラゴン」以外の「サンダー・ドラゴン」モンスター1体を選んで特殊召喚する。(2):このカードが除外された場合またはフィールドから墓地へ送られた場合に発動できる。自分の手札を任意の数だけデッキに戻してシャッフルする。その後、自分はデッキに戻した数だけデッキからドローする。
《雷獣龍-サンダー・ドラゴン》
効果モンスター
星6/闇属性/雷族/攻2400/守 0
このカード名の(1)(2)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
(1):このカードを手札から捨てて発動できる。自分の墓地のカード及び除外されている自分のカードの中から、「雷獣龍-サンダー・ドラゴン」以外の「サンダー・ドラゴン」カード1枚を選んで手札に加える。(2):このカードが除外された場合またはフィールドから墓地へ送られた場合に発動できる。デッキから「サンダー・ドラゴン」モンスター1体を守備表示で特殊召喚する。この効果で特殊召喚したモンスターはエンドフェイズに持ち主の手札に戻る。

また、トークン生成効果も、トークンを生成してリンク2、リンク3モンスターへつなげることも可能。

《闇の誘惑》

2枚ドローして、闇属性モンスターを1枚除外という効果を持つカード。

《闇の誘惑》は闇属性テーマにおける手札交換カードということになるが、「サンダードラゴン」デッキの場合、除外されると効果を発動できるので、《闇の誘惑》がアドを取れるカードに変わる。

サンダードラゴンデッキにおける闇属性モンスターは《雷電龍-サンダー・ドラゴン》の《雷獣龍-サンダー・ドラゴン》2体。

《雷電龍-サンダー・ドラゴン》は除外されるとサーチできて、

《雷獣龍-サンダー・ドラゴン》は除外されるとデッキからリクルートできる効果を持つ。

まとめ

サンダードラゴンデッキの回し方・優勝デッキレシピ構築を解説してきました。

サンダードラゴンデッキは、大会優勝もしており、大会環境でも今後さらに活躍が見込めるテーマでもあるでしょう。

メインデッキへの圧迫も少なく、少ない枚数から起動できるテーマでもあるので、手札誘発や汎用罠カードなども採用しやすいデッキでもあります。

「サンダードラゴン」デッキの今後の環境での活躍が楽しみですね。

【関連記事:ソウルフュージョン】

【転生炎獣デッキ】デッキレシピ構築・回し方展開方法/戦術などを徹底解説
転生炎獣デッキ(サラマングレイトデッキ)は、「ソウルフュージョン」で登場し、2018年12月のストラクチャーデッキ「ソウルバーナー」で強化された炎属性・サイバース族を中心としたリンクテーマです。今回は、転生炎獣デッキ(サラマングレイトデッキ
【ダイナレスラーデッキ】デッキレシピ構築・相性の良いカードや戦い方などを解説
今回はアニメテーマの一つでもあるダイナレスラーデッキについて解説していきます。ダイナレスラーは、アニメ遊戯王VRAINSの「GO鬼塚」が使用するテーマで、全て恐竜族で統一されているテーマです。恐竜族は、サポートカードが豊富にある種族でもある
墓守デッキ新規入り回し方・大会優勝デッキレシピガチ構築論【遊戯王OCG】
墓守デッキの回し方・大会優勝デッキレシピ構築論をご紹介していきます。 墓守デッキとは「墓守」と名のついたモンスターと「ネクロバレー」「王家の」と名のついた魔法罠カードを使って...
ゴキボールデッキ(ゴキブリデッキ)回し方展開方法・ガチデッキレシピ構築論【遊戯王OCG】
ゴキボールデッキとは「ゴキブリデッキ」「Gデッキ」をモチーフにした昆虫族モンスターを中心にビートしていくデッキ。2018年7月発売の「ソウル・フュージョン」で強化カードが登場して、...

コメント

  1. より:

    《超雷龍-サンダー・ドラゴン》の①効果は、相手だけに《オネスト》効果を与える永続効果持つをカードということで、先行1ターン目に出すだけで相手の制圧カードになってくれる。
    オネストではなくライオウです

    • yugioumikun より:

      管理人です。

      コメントありがとうございます。
      ご指摘の通り、オネストでなくてライオウです。
      該当箇所を修正させていただきました。

      引き続き、当サイトをどうぞよろしくお願い申し上げます。

タイトルとURLをコピーしました