サイバーダークデッキ(裏サイバー流)回し方・大会優勝ガチデッキレシピ構築論【遊戯王OCG】


サイバーダークデッキ(裏サイバーデッキ)とは、サイバーダークと名のついた「機械族・闇属性モンスター」を中心とした回し方をするデッキ。遊戯王OCGでは10期に入り「デュエリストパック レジェンドデュエリスト編」で強化されたテーマです。

遊戯王GXの「丸藤亮(カイザー)」が使用するテーマだが、カイザーが扱うもう一つのデッキテーマである「サイバードラゴン」デッキとは構築が違う。

そんなサイバーダークデッキ(裏サイバー流)デッキの回し方・デッキレシピ構築論を紹介します。

表サイバーデッキの回し方はこちら↓

「サイバードラゴン」デッキ新規入り回し方展開方法・優勝デッキレシピ構築論

サイバーダークデッキ(裏サイバー)デッキ回し方・デッキレシピ構築論

「サイバーダーク」に戦闘破壊耐性をつけていくビートダウン

サイバーダークモンスターは、《サイバー・ダーク・エッジ》《サイバー・ダーク・キール》《サイバー・ダーク・ホーン》の3体のレベル4機械族のサイバーダークモンスターと、《サイバー・ダーク・カノン》《サイバー・ダーク・クロー》の2体のレベル3ドラゴン族のサイバーダークモンスターが存在する。

レベル4機械族サイバーダークの3体は、以下の共通効果を持つ。

(1):このカードが召喚に成功した場合、自分の墓地のレベル3以下のドラゴン族モンスター1体を対象として発動する。そのドラゴン族モンスターを装備カード扱いとしてこのカードに装備する。(2):このカードの攻撃力は、このカードの効果で装備したモンスターの元々の攻撃力分アップする。(3):(固有効果)(4):このカードが戦闘で破壊される場合、代わりにこのカードの効果で装備したモンスターを破壊する。

①効果として、召喚特殊召喚成功時に、墓地のレベル3以下のドラゴン族モンスターを装備カードとして装備する召喚成功時効果、②効果は装備モンスターの攻撃力分だけ攻撃力をあげる永続効果、③効果は固有効果で、④効果は戦闘で破壊される場合、装備モンスターを破壊するという身代わり効果を持っている。

一方で、レベル3ドラゴン族のサイバーダークモンスター《サイバー・ダーク・カノン》《サイバー・ダーク・クロー》の効果は以下の通り。

《サイバー・ダーク・カノン》
効果モンスター・星3/闇属性/ドラゴン族/攻1600/守 800
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。(1):このカードを手札から捨てて発動できる。デッキから機械族の「サイバー・ダーク」モンスター1体を手札に加える。(2):このカードを装備カード扱いとして装備しているモンスターが戦闘を行ったダメージ計算時に発動できる。デッキからモンスター1体を墓地へ送る。(3):モンスターに装備されているこのカードが墓地へ送られた場合に発動できる。自分はデッキから1枚ドローする。
 《サイバー・ダーク・クロー》
効果モンスター・星3/闇属性/ドラゴン族/攻1600/守 800
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。(1):このカードを手札から捨てて発動できる。デッキから「サイバーダーク」魔法・罠カード1枚を手札に加える。(2):このカードを装備カード扱いとして装備しているモンスターが戦闘を行ったダメージ計算時に発動できる。自分のEXデッキからモンスター1体を墓地へ送る。(3):モンスターに装備されているこのカードが墓地へ送られた場合、自分の墓地の「サイバー・ダーク」モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを手札に加える。

《サイバー・ダーク・カノン》《サイバー・ダーク・クロー》のレベル3ドラゴン族サイバーダークモンスターは、能動的に手札から墓地に行く効果を持っている。

そのため、レベル3ドラゴン族サイバーダーク効果で墓地→レベル4機械族サイバーダークモンスターを召喚して、墓地のレベル3サイバーダークを装備という風に動けば、

その時点で、攻撃力2400の1度だけの戦闘破壊耐性を持っているモンスターが登場することになる。

ダメージ計算時にデッキ・EXデッキからモンスターを墓地に送れる

レベル3サイバーダークモンスターである《サイバー・ダーク・カノン》《サイバー・ダーク・クロー》は装備されている場合、

装備モンスターが戦闘を行ったダメージ計算時に《サイバー・ダーク・カノン》はデッキからモンスターを墓地に送ることができ、《サイバー・ダーク・クロー》はEXデッキからモンスターを墓地に送ることができる。

この効果でデッキやEXデッキから「サイバーダーク」モンスターを墓地に送ることで、墓地にサイバーダークモンスターを増やすことができる

墓地にサイバーダークモンスターが増えることは、後述するが《オーバーロードフュージョン》や《サイバーダーク・インパクト!》からのサイバーダーク融合モンスターへの融合召喚への布石にもなるので非常に相性が良い。

また、《サイバー・ダーク・カノン》《サイバー・ダーク・クロー》の効果は、墓地に送られることで力を発揮する《捕食植物キメラフレイア》《旧神ヌトス》《超電磁タートル》などをデッキやEXデッキに採用して、効果発動を狙っていくのも良い。

《捕食植物キメラフレシア》
融合・効果モンスター/星7/闇属性/植物族/攻2500/守2000
「捕食植物」モンスター+闇属性モンスター
(1):1ターンに1度、このカードのレベル以下のレベルを持つ
フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを除外する。(2):このカードが相手の表側表示モンスターと戦闘を行う攻撃宣言時に発動できる。ターン終了時まで、その相手モンスターの攻撃力は1000ダウンし、このカードの攻撃力は1000アップする。(3):このカードが墓地へ送られた場合、次のスタンバイフェイズに発動できる。デッキから「融合」魔法カードまたは「フュージョン」魔法カード1枚を手札に加える。
《旧神ヌトス》
融合・効果モンスター/星4/光属性/天使族/攻2500/守1200
Sモンスター+Xモンスター
自分フィールドの上記カードを墓地へ送った場合のみ特殊召喚できる(「融合」は必要としない)。自分は「旧神ヌトス」を1ターンに1度しか特殊召喚できない。
(1):1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。手札からレベル4モンスター1体を特殊召喚する。(2):このカードが墓地へ送られた場合、フィールドのカード1枚を対象として発動できる。そのカードを破壊する。
《超電磁タートル》
効果モンスター/星4/光属性/機械族/攻 0/守1800
このカード名の効果はデュエル中に1度しか使用できない。(1):相手バトルフェイズに墓地のこのカードを除外して発動できる。そのバトルフェイズを終了する。

《サイバーダーク・インフェルノ》で、さらに対象耐性・効果破壊耐性をつける

レベル3サイバーダークモンスターを装備した、レベル4サイバーダークモンスターは、1度限りの戦闘破壊耐性を持った2400打点になるが、

そこに、さらにサイバーダークデッキの専用フィールド魔法である《サイバーダーク・インフェルノ》を発動しておけば、サイバーダークモンスターに対象耐性と効果破壊耐性までつけることが可能。

《サイバーダーク・インフェルノ》
フィールド魔法
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。(1):装備カードを装備した自分フィールドの「サイバー・ダーク」効果モンスターは相手の効果の対象にならず、相手の効果では破壊されない。(2):自分フィールドの「サイバー・ダーク」モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを持ち主の手札に戻し、その後「サイバー・ダーク」モンスター1体を召喚できる。(3):フィールドのこのカードが相手の効果で破壊された場合に発動できる。デッキから「融合」魔法カードまたは「フュージョン」魔法カード1枚を手札に加える。

《サイバーダーク・インフェルノ》は、①効果として、サイバーダークモンスターに効果対象耐性・効果破壊耐性を付与する効果を持っている。

そのため、《サイバーダーク・インフェルノ》がフィールドに存在すれば、レベル4サイバーダークモンスターの戦闘破壊の身代わり効果と合わせて、戦闘・効果・対象の耐性という非常に強力な耐性持ちサイバーダークモンスターを作り上げることができる。

さらに、《サイバーダークインフェルノ》の②効果を利用すれば、フィールドのサイバーダークモンスターを手札に戻して、その後にサイバーダークモンスターを1体召喚できる。

そのため、一度戦闘破壊の際に墓地に送られた装備カードのレベル3サイバーダークモンスターを再度装備し直すことができる。

このように《サイバーダーク・インフェルノ》は、①効果でさらなる耐性強化をサイバーダークモンスターに付与しつつ、②効果で剥がれた装備モンスターを再度装備し直すという保険の効果を持っている。

最後に《サイバーダークインフェルノ》の③効果は、相手がこの《サイバーダークインフェルノ》の効果を嫌い、このカードを除去すると発動できる誘発効果がある。

《サイバーダークインフェルノ》は相手の効果で破壊された場合にデッキから「融合」魔法カードか「フュージョン」魔法カードをサーチできる。

そのため、さらなる強力なサイバーダーク融合モンスターの融合召喚を狙うための「オーバーロードフュージョン」をサーチしてくることが可能になる。

「サイバーダーク」融合モンスターの融合召喚を狙う

サイバーダークデッキのもう一つの強みは《鎧黒竜-サイバー・ダーク・ドラゴン》と《鎧獄竜-サイバー・ダークネス・ドラゴン》という、強力なサイバーダーク融合モンスターが存在することだ。

《鎧黒竜-サイバー・ダーク・ドラゴン》
融合・効果モンスター 星8/闇属性/機械族/攻1000/守1000
「サイバー・ダーク・ホーン」+「サイバー・ダーク・エッジ」+「サイバー・ダーク・キール」
このカードは融合召喚でしか特殊召喚できない。(1):このカードが特殊召喚に成功した場合、自分の墓地のドラゴン族モンスター1体を対象として発動する。そのドラゴン族モンスターを装備カード扱いとしてこのカードに装備する。(2):このカードの攻撃力は、このカードの効果で装備したモンスターの元々の攻撃力分、及び自分の墓地のモンスターの数×100アップする。(3):このカードが戦闘で破壊される場合、代わりに装備したそのモンスターを破壊する。
《鎧獄竜-サイバー・ダークネス・ドラゴン》
融合・効果モンスター 星10/闇属性/機械族/攻2000/守2000
「サイバー・ダーク」効果モンスター×5
このカードは融合召喚でのみEXデッキから特殊召喚できる。(1):このカードが特殊召喚に成功した場合に発動できる。自分の墓地からドラゴン族モンスターまたは機械族モンスター1体を選び、装備カード扱いとしてこのカードに装備する。(2):このカードの攻撃力は、このカードの効果で装備したモンスターの元々の攻撃力分アップする。(3):相手が魔法・罠・モンスターの効果を発動した時、自分フィールドの装備カード1枚を墓地へ送って発動できる。その発動を無効にし破壊する。

《鎧黒竜-サイバー・ダーク・ドラゴン》は、特殊召喚成功時に墓地のドラゴン族モンスターを装備できる①効果を持っていて、攻撃力が装備モンスターと墓地のモンスターの数に応じて上がる②効果、戦闘破壊の際の身代わり③効果を持っている。

墓地にモンスターの数が多い場合に、攻撃力をかなり高くすることができるカードなので、下級サイバーダークモンスターが苦手とする高打点モンスターを倒すことができる。

《鎧獄竜-サイバー・ダークネス・ドラゴン》は、特殊召喚成功時に墓地の機械族もしくはドラゴン族を装備できる①効果と、装備モンスターの攻撃力分打点アップ②効果と、相手の魔法罠モンスター効果の発動を、自分フィールドの装備カードを墓地に送って無効破壊できる③効果を持っている。

特に強力なのは、③効果の装備カードを送って、魔法罠モンスター効果の発動を無効破壊できる効果。装備カードならこのカードに装備されているカード以外でも可能な上に、ターン制限がないので、装備カードが続く限り無効効果を使える。

《鎧黒竜-サイバー・ダーク・ドラゴン》と《鎧獄竜-サイバー・ダークネス・ドラゴン》の2枚とも、融合素材に3枚以上が指定されているので、通常の「融合」を使って、手札・フィールドから融合召喚をしていくのは難しいし、かなりアド損になってしまう。

そのため、融合召喚には墓地ソースを利用できる《サイバーダーク・インパクト!》《オーバーロードフュージョン》の2枚を使っていく

《サイバーダーク・インパクト!》
通常魔法
(1):自分の手札・フィールド・墓地から、「サイバー・ダーク・ホーン」「サイバー・ダーク・エッジ」「サイバー・ダーク・キール」を1枚ずつ持ち主のデッキに戻し、「鎧黒竜-サイバー・ダーク・ドラゴン」1体をEXデッキから融合召喚する。
《オーバーロード・フュージョン》
通常魔法
(1):自分のフィールド・墓地から、機械族・闇属性の融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスターを除外し、その融合モンスター1体をEXデッキから融合召喚する。

《サイバーダークインパクト!》は、《鎧黒竜-サイバー・ダーク・ドラゴン》の融合召喚にしか対応していないが、融合素材を手札・フィールド・墓地から選ぶことができる上に、サイバーダーク魔法カードなので、《サイバーダーク・クロー》からのサーチに対応しているという強みがある。

《オーバーロードフュージョン》は、フィールド・墓地から素材にすれば《鎧黒竜-サイバー・ダーク・ドラゴン》と《鎧獄竜-サイバー・ダークネス・ドラゴン》のどちらも融合召喚が可能。また、フュージョンカードなので《捕食植物キメラフレシア》などからのサーチにも対応している。

このようにサイバーダークデッキは、序盤は下級モンスターでビートしつつ、墓地にサイバーダークがたまってきた中盤〜終盤にかけて墓地融合からサイバーダーク融合モンスターを展開していくというデュエルをするデッキになる。

スポンサードリンク


サイバーダークデッキ大会優勝デッキレシピ構築論

まずは、実際に大会優勝しているデッキレシピを見てみましょう。

《破壊剣-ドラゴンバスターブレード》とも相性が良い

《破壊剣-ドラゴンバスターブレード》
《破壊剣-ドラゴンバスターブレード》

チューナー・効果モンスター 星1/闇属性/ドラゴン族/攻 400/守 300

「破壊剣-ドラゴンバスターブレード」の(3)の効果は1ターンに1度しか使用できない。(1):自分メインフェイズに自分フィールドの「バスター・ブレイダー」1体を対象として発動できる。自分の手札・フィールドからこのモンスターを装備カード扱いとしてその自分のモンスターに装備する。(2):このカードが装備されている場合、相手はエクストラデッキからモンスターを特殊召喚できない。(3):このカードが装備されている場合に発動できる。装備されているこのカードを特殊召喚する。

《破壊剣-ドラゴンバスターブレード》は、レベル1ドラゴン族なので、レベル4サイバーダークの装備効果で墓地から装備カードとして装備ができる。

またこのカードが装備カードとして装備されている場合、相手はエクストラデッキからモンスターを特殊召喚できなくなるので、相手の動きを封じることができる。

また、装備を解除して特殊召喚でき、このカード自体はレベル1チューナーなので、レベル4サイバーダークモンスターと合わせて、レベル5シンクロを作ることができる。

「レベル5・シンクロモンスター」おすすめ汎用カード一覧【遊戯王】
「レベル5・シンクロモンスター」汎用・優良おすすめカード一覧! 「レベル5シンクロモンスター」として汎用性が高いカードをまとめました! ...

再融合なども相性が良い

また少し変わったギミックとしては《再融合》なども相性が良い。

《再融合》
《再融合》

装備魔法

(1):800LPを払い、自分の墓地の融合モンスター1体を対象としてこのカードを発動できる。そのモンスターを特殊召喚し、このカードを装備する。このカードが破壊された時にそのモンスターは除外される。

正規融合召喚された《鎧獄竜-サイバーダークネスドラゴン》を墓地から蘇生できる。

《鎧獄竜-サイバーダークネスドラゴン》に関しては③効果によって、装備カードを墓地に送ることで、相手のカードを止めることができるので特に相性が良い。

《鎧獄竜-サイバーダークネスドラゴン》③効果は、1ターンに1度の制限がついていないため、装備カードがある限りなんども効果を使うことができる。そのため、装備カードを1枚増やせるということは、このカードにとってはメリットがある。

また、コストは破壊ではなく墓地送りして発動なので、《再融合》の「このカードが破壊された時に装備モンスターを除外する」という効果を受けないのもいい。

スポンサードリンク


まとめ

サイバーダーク(裏サイバー流)デッキは、墓地のレベル3サイバーダークとレベル4サイバーダークのコンビネーションが非常に重要で、いかにサイバーダークモンスターを強化していけるのかが回し方のポイントになります。

なので、初動としては、なるべく《サイバーダーククロー》《サイバーダークカノン》でサーチ&墓地肥やしをして足並みを揃えたいところ。

墓地にサイバーダークを送りつつ、いかに強力なサイバーダークモンスターを並べられるのか、墓地融合から《鎧黒竜-サイバーダーク・ドラゴン》《鎧獄竜-サイバーダークネス・ドラゴン》を融合召喚できるのかが勝敗の鍵を握ります。

是非、構築の参考にして頂ければと思います!

スポンサードリンク

コメント

  1. 名無しの質問者 より:

    再融合でサイバーダークドラゴンの蘇生はできるんですか?

    • yugioumikun より:

      管理人です。

      コメントありがとうございます。
      《鎧獄竜-サイバーダークネスドラゴン》はできますが、《鎧黒竜-サイバーダークドラゴン》はできないですね。失礼しました。
      該当箇所を修正させて頂きました。

      引き続き、当サイトをどうぞよろしくお願い申し上げます。

  2. 匿名 より:

    インフェルノイドティエラは何のために入ってるのでしょうか?
    最近出戻りしたものでして…