2018年10月制限改訂リミットレギュレーションが判明!

最新情報

2018年10月の制限改訂リミットレギュレーションがフラゲ判明しました。

今回は、遊戯王OCGの10月改訂における、禁止カード、制限カード、準制限カード、規制緩和カードをご紹介していいきたいと思います。

では、さっそくみていきましょう。

2018年10月制限改訂リミットレギュレーション詳細

新禁止カード

  • アマゾネスの射手
  • メガキャノンソルジャー
  • サモンソーサレス

新制限カード

  • Emダメージジャグラー
  • 嵐征竜ーテンペスト
  • トロイメアゴブリン
  • HEROアライブ
  • 封印の黄金櫃

新準制限カード

  • オルターガイスト・マルチフェイカー
  • ブリューナクの影霊衣
  • 彼岸の旅人ダンテ
  • 閃刀機-ウィドウアンカー
  • 閃刀起動-エンゲージ
  • 超融合
  • 隣の芝刈り
  • 真竜皇の復活
  • 破壊輪

新無制限カード

  • 召喚師アレイスター
  • SPYRAL GEAR-ドローン
  • D-HERO ディスクガイ
  • イビリチュア・ガストクラーケ
  • エルシャドール・ネフィリム
  • エルシャドール・ミドラーシュ

2018年10月制限改訂の感想

アマゾネスの射手、メガキャノンソルジャー、サモンソーサレスが禁止に、トロイメアゴブリン
、HEROアライブが制限カードということで、先行制圧、先行ワンキル、先行ソリティア系にがっつり規制が入った感じですね。環境でも多くのテーマが、ハリサモソルートで猛威を振るっていたので、妥当な規制という風にみることができるのではないでしょうか。

また、テーマ単位でいうと、オルターガイスト、閃刀姫、HERO、サンダードラゴン、芝刈り系デッキあたりが規制の対象になっているという感じですね。

逆に、緩和組みとしては、Em、征竜、影霊衣、彼岸、真竜、召喚獣、リチュア、SPYRAL、シャドール、D-HEROが緩和の対象になっています。

このタイミングでの緩和ということで、リチュア、ネクロスあたりは、今後の新規がくる可能性があるかもしれませんね。

また最近の緩和の傾向からも、Em、征竜、ネクロス、真竜、彼岸、召喚獣、SPYRAL、シャドールなど、過去の環境で猛威を振るったテーマを徐々に緩和していき、環境で戦えるテーマを増やしつつ、バランスをとる方向にKONAMIさんは動いているのかな、個人的に感じています。

この傾向は非常に良いことだと思います。うまくバランスをとりつつ、過去のテーマを緩和していき、環境が一強化しないような緩和を事前にやっていくことは非常に意義があると思います。

どのデッキにも環境での可能性を感じられるのは、ゲーム環境として非常に良いことだと思います。

スポンサードリンク


まとめ

というわけで、2018年10月の制限改訂リミットレギュレーションの詳細を解説しました。

2018年最後の環境において、非常に重要な改訂ということですが、7月環境は群雄割拠な環境であった分、今後の環境がどう変わっていくのかが楽しみですね。

また、来期で強そうな環境デッキテーマの考察は別の記事であげます。

この記事を書いた人はこちら。

遊戯王情報サイト「DJ遊戯王ドットコム」の管理人。

コメント