【遊戯王2018年10月環境】で強そうなデッキテーマ考察

大会優勝デッキ《考察》

2018年10月の遊戯王OCG環境において、強そうなデッキテーマを解説していきたいと思います。

先日、2018年10月の新制限環境がフラゲ発表され、今期の遊戯王OCG環境の考察が可能になりました。

規制の内容を受けて、来期の環境がどうなるのか、という点を考えていきます。

詳しい改訂内容はこちら

2018年10月制限改訂リミットレギュレーションが判明!
2018年10月の制限改訂リミットレギュレーションがフラゲ判明しました。 今回は、遊戯王OCGの10月改訂における、禁止カード、制限カード、準制限カード、規制緩和カードをご紹介していいきたいと思います。 では、さっそくみていきま...

個人的な感想や主観が多くなってしまいますが、その点はご了承ください。

2018年10月環境で強そうなテーマ

オルターガイスト

まずは、前期の環境勢でもあった「オルターガイスト」デッキです。オルターガイストはまちがいなく、今期における環境トップクラスの入賞・優勝をすることになるでしょう。

今回の規制は、オルターガイストマルチフェイカーが準制限カードになっただけ、ということで比較的規制も緩やかになっているのも一因です。

また、テーマの特徴としても、THE遊戯王という感じのテーマなので、人気もそこそこあり、今期はこのデッキを握る人は少なくないでしょう。

「オルターガイスト」デッキ回し方・新規入り環境優勝デッキレシピ構築【遊戯王OCG】
「オルターガイスト」デッキとは 「オルターガイスト」デッキとは、「オルターガイスト」モンスターと、罠カードの「オルターガイスト」カードを使って戦っていくテーマ。「オルターガイスト」モンスターは全て魔法使い族モンスターで統一されてい...

閃刀姫

次に、閃刀姫デッキも、今期の環境において猛威を振るい続けるでしょう。

エンゲージ、ウィドゥアンカーが準制限になりましたが、まだまだ動きとしては全然動けるので、閃刀姫もオルターガイストと共に環境に居座り続けることになるでしょう。

ただし、ホーネットビット制限、エンゲージとウィドゥアンカーが準制限ということで、テーマカードに規制が多く入っているので、どういうデッキ構築が今後増えるのか、という点は興味深い点とも言えるでしょう。

【遊戯王】「閃刀姫」デッキ回し方・優勝デッキレシピ構築解説
「閃刀姫(せんとうき)」デッキとは「デッキビルドパック ダーク・セイヴァーズ」で登場した、リンク召喚テーマのデッキテーマです。 《閃刀姫レイ》とリンクモンスターの「閃刀姫」を中心に、「閃刀」魔法カードを駆使して展開をしていくテーマです...

サンダードラゴン

次に、同じく前期から活躍しているサンダードラゴンデッキです。

このデッキも、今回の規制によって《封印の黄金櫃》が制限カードになっただけで、テーマカードに対する規制はありませんでした。その点、前期のデッキパワーそのままで戦うことができると考えても良いでしょう。

おそらく、オルターガイスト、閃刀姫、サンダードラゴンの3大トップが環境上位を占めることになると思います。

サンダードラゴンデッキ回し方展開方法・大会優勝デッキレシピ構築【遊戯王OCG】
サンダードラゴンデッキの回し方・大会優勝ガチデッキレシピ構築を解説していきます。 サンダードラゴンデッキは、2018年7月14日発売のソウルフュージョンでカテゴリー化された雷族テーマ。 既に大会環境でも結果を出しており、大会優勝...

トリックスター

上記、3テーマの次点あたりで活躍しそうなのが、トリックスターデッキになります。テーマとしての完成度も高く、また、罠採用したトリックスターや、機界トリックスターなどの派生系も登場しており、引き続き、環境でも活躍し続けるでしょう。

トリックスターも環境に顔を出すことを念頭に対策をねることが必要になりそうです。

魔術師

環境上位の、オルターガイスト、閃刀姫、サンダードラゴンの3大トップに規制が入ったという点において、今回規制の対象外だった「魔術師」デッキも、相対的な地位を少しあげる可能性はあります。

デッキの大部分が規制されたままなので、全盛期の動きはもちろんできませんが、エレクトラム、スターヴヴェノムを駆使してうまく形にしていけば、まだまだ環境で戦える余地はありそうでしょう。

命削り真竜

次に、地味に入賞も増えている「命削り真竜」も強いかもしれません。

ドラゴニックD、マスターPというテーマ最悪のカードは依然禁止カードのままですが、真竜皇の復活、真竜の継承が緩和されてきているので、なかなか強い動きができる可能性もあります。

また、インスペクトボーダーのも引き続き環境で強いメタ力を発揮しますし、増殖するgなどの特定の手札誘発カードを無意味化するという点では、メタが効かない厄介なデッキになる可能性もあります。

SPYRAL

少しずつ、デッキパワーを戻しつつあるSPYRALも強いでしょう。

今期から「SPYRAL GEARドローン」が無制限カードとなりましたので、ドローンダンディ展開がより動けるようにはなったでしょう。

グッドスタッフリンク

次に、7月環境後半から急激に勢力を伸ばした「グッドスタッフリンクデッキ」も環境でまだまだ残る可能性はあります。

今期は、サモンソーサレスが禁止カードになりましたが、その他のパーツからの動きがどこまでできるのか、という点が注目されそうですね。

サモンソーサレスが禁止になっても、エクストラリンクは可能という声もありますし、どういう形での活躍がされるのかは気になるところですね。

スポンサードリンク


まとめ

というわけで、今回は、2018年10月の制限改訂を元に、環境で活躍しそうなテーマを考察してまいりました。今期も引き続き、トップ3テーマは環境に残り、他のテーマがどう動いてくるのか、という点が注目が集まりそうですね。

10月にはサベージストライクがあり、11月にはあの「リンクヴレインズパック2」が発売されますの。リンクヴレインズパック2で強化された過去テーマが再度、環境に戻ればさらに環境の構図が変わる可能性はありそうですね。

いずれにせよ、10月のサベージストライク、11月のリンクヴレインズパック2の動きには注目しつつ、どんなデッキが今後流行るのか注目していきたいところですね。

というわけで、今回は以上になります。

◆デッキ考察記事一覧

テーマデッキ考察

大会優勝デッキ考察

コメント