【遊戯王】コード・ジェネレーター効果考察!又々手札からリンク素材になれるサイバース!

カード考察

《コードジェネレーター》というVジャンプ2018年11月付録のカードの効果が判明しました。

今回はそんな《コード・ジェネレーター》の考察をしてい行きたいと思います。

というわけで、《コードジェネレーター》の画像と効果テキストを紹介し、効果の考察をしていきたいと思います。

《コードジェネレーター》効果解説

《コード・ジェネレーター》
効果/星3/地属性/サイバース族/ATK/1300 DEF/500

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:自分フィールドのサイバース族モンスターを「コード・トーカー」モンスターのリンク素材とする場合、手札のこのカードもリンク素材にできる。
②:このカードが「コード・トーカー」モンスターのリンク素材として手札・フィールドから墓地へ送られた場合に発動できる。デッキから攻撃力1200以下のサイバース族モンスター1体を墓地へ送る。フィールドのこのカードを素材とした場合には墓地へ送らず手札に加える事もできる。

《コードジェネレーター》効果考察

手札から素材になれる

フィールドのサイバース族モンスターを「コード・トーカー」モンスターのリンク素材にする場合に、手札からも素材になることができるという効果。

効果としては、ストラクチャーデッキ「マスターリンク」に登場した《マイクロコーダー》のような効果になっている。

《マイクロ・コーダー》
効果モンスター/星1/闇属性/サイバース族/攻 300/守 0
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドのサイバース族モンスターを「コード・トーカー」モンスターのリンク素材とする場合、手札のこのカードもリンク素材にできる。(2):このカードが「コード・トーカー」モンスターのリンク素材として手札・フィールドから墓地へ送られた場合に発動できる。デッキから「サイバネット」魔法・罠カード1枚を手札に加える。フィールドのこのカードを素材とした場合にはその1枚をサイバース族・レベル4モンスター1体にできる。

マイクロコーダーは闇属性だが《コードジェネレーター》は地属性である。

そのため《サイバネット・コーデック》が発動している状態であれば、

《サイバネット・コーデック》
永続魔法
このカード名の効果は同一チェーン上では1度しか発動できない。
(1):「コード・トーカー」モンスターがEXデッキから自分フィールドに特殊召喚された場合、そのモンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターと同じ属性のサイバース族モンスター1体をデッキから手札に加える。このターン、同じ属性のモンスターを自分の「サイバネット・コーデック」の効果で手札に加える事はできない。この効果の発動後、ターン終了時まで自分はサイバース族モンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。

地属性である《トランスコードトーカー》をリンク召喚して、その後この《コードジェネレーター》をサーチという流れが使うことができる。

コードトーカーデッキにおいて、《トランスコードトーカー》は、展開のキーポイントを担っていリンクモンスターなので、地属性のコードジェネレーターを引っ張ってくるケースというのは少なくないだろう。

コードトーカーのリンク素材になったら、デッキから攻撃力1200以下のサイバースを墓地に送れる

《コードジェネレーター》の2つ目の効果は、「このカードが「コード・トーカー」モンスターのリンク素材として手札・フィールドから墓地へ送られた場合に発動できる。デッキから攻撃力1200以下のサイバース族モンスター1体を墓地へ送る。フィールドのこのカードを素材とした場合には墓地へ送らず手札に加える事もできる。」というもの。

デッキから墓地に送る場合には、《ドットスケーパー》などが墓地送りの有力な候補になるでしょう。

《ドットスケーパー/Dotscaper》
効果モンスター/星1/地属性/サイバース族/攻 0/守2100
このカード名の(1)(2)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できず、それぞれデュエル中に1度しか使用できない。
(1):このカードが墓地へ送られた場合に発動できる。このカードを特殊召喚する。
(2):このカードが除外された場合に発動できる。このカードを特殊召喚する。

ドットスケーパーは、墓地に送られた場合に、自己蘇生できる効果を持っているレベル1サイバース族モンスターなので、このコードジェネレーターの効果で墓地に送り、そのまま蘇生という流れが良さそう。

ちなみに、そこから《ドットスケーパー》を使って、さらなるリンク召喚を行うことも良いでしょう。

コードトーカーデッキや、サイバースデッキにおいて《ドットスケーパー》はほぼ必須カードとして採用されているので、その点も非常に使い勝手が良いカードということになりますね。

サイバースデッキの参考に記事になります。

【遊戯王】コードトーカーデッキ(サイバースデッキ)回し方・ガチデッキ構築・トポロジックガンブラー4枚ハンデス展開ルート
コードトーカーデッキとは、「コードトーカー」と名のついたリンクモンスターを主体としたサイバースリンクデッキ。遊戯王VRAINS主人公「Playmaker」が使用するモンスター群でもある。 コードトーカーモンスターは10期ストラクチャー...
スポンサードリンク


まとめ

というわけで、今回はVジャンプ11月号に付録される「コード・ジェネレーター」というカードの考察をしてまいりました。

非常に使い勝手が良くて、サイバースデッキや、コードトーカーデッキで活躍するカードの1枚になることはまちがいないでしょう。

Vジャンプ11月号予約はこちら

Vジャンプ 2018年 11 月号 [雑誌]

 

◆おすすめ記事

カード考察記事一覧

新作予約情報一覧

コメント