【ハーピィデッキ】回し方・強みや戦い方などを解説。

テーマデッキ考察

デュエリストパックレジェンドデュエリスト編4で強化された「ハーピィ」デッキの回し方・デッキレシピ構築・相性の良いカードを解説していきたいと思います。

「ハーピィデッキ」新規・主要カード解説

《ハーピィ・パフューマー》

《ハーピィ・パフューマー》
効果モンスター/星4/風属性/鳥獣族/攻1400/守1300
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードのカード名は、フィールド・墓地に存在する限り「ハーピィ・レディ」として扱う。
(2):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。デッキから「ハーピィ・レディ三姉妹」のカード名が記された魔法・罠カード1枚を手札に加える。自分フィールドにレベル5以上の「ハーピィ」モンスターが存在する状態で発動した場合にはその枚数は2枚までになる(同名カードは1枚まで)。

召喚特殊召喚成功時に、デッキから「ハーピィ・レディ三姉妹」のカード名が記された魔法・罠カード1枚をサーチできます。

レベル5以上のハーピィが存在する場合、2枚サーチできますが、単純にレベル4モンスターでサーチ持ちカードなので採用は必須級のカードになります。

《ハーピィ・オラクル》

《ハーピィ・オラクル》
効果モンスター/星4/風属性/鳥獣族/攻1300/守1400
このカード名の(2)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードのカード名は、フィールド・墓地に存在する限り「ハーピィ・レディ」として扱う。
(2):自分フィールドにレベル5以上の「ハーピィ」モンスターが存在する場合に発動できる。このカードを手札から特殊召喚する。
(3):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。このターンのエンドフェイズに、自分の墓地から「ハーピィ・レディ三姉妹」のカード名が記された魔法・罠カード1枚を選んで手札に加える。

フィールドにレベル5以上の「ハーピィ」が存在する場合、手札から特殊召喚できます。「ハーピィ・レディ三姉妹」や「ハーピィズパット竜」などが存在する場合に出していきたいカードになります。

召喚・特殊召喚に成功したエンドフェイズに、自分の墓地から「ハーピィ・レディ三姉妹」のカード名が記された魔法・罠カードを回収できます。

《魅惑の合わせ鏡》

《魅惑の合わせ鏡》
永続魔法
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分の「ハーピィ・レディ」または「ハーピィ・レディ三姉妹」が戦闘で破壊された時に発動できる。そのモンスターと元々のカード名が異なる「ハーピィ」モンスター1体をデッキから特殊召喚する。
(2):フィールドのこのカードが相手の効果または自分の「ハーピィ」カードの効果で破壊された場合、自分の墓地の「ハーピィ」モンスター1体を対象として発動する。そのモンスターを特殊召喚する。

戦闘破壊された場合に、後続が呼べる①効果、相手の効果または自分の「ハーピィ」カードの効果で自身が破壊された場合、自分の墓地の「ハーピィ」モンスターを蘇生できる効果を持つカードです。

永続魔法カードなので、発動しておくことで持久力をつけることもできますし、自分のハーピィカードで破壊して効果を使っていくという使い方も可能です。

《ハーピィの羽根休め》

《ハーピィの羽根休め》
通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):自分の墓地の「ハーピィ・レディ」「ハーピィ・レディ三姉妹」の中から合計3体を対象として発動できる。そのカードをデッキに加えてシャッフルする。その後、自分はデッキから1枚ドローする。自分フィールドにレベル5以上の「ハーピィ」モンスターが存在する状態で発動した場合にはドローする枚数は2枚になる。このカードの発動後、ターン終了時まで自分は風属性モンスターしか特殊召喚できない。

墓地のカードをデッキに戻しドローする効果です。

レベル5以上の「ハーピィ」が存在するならば、2枚ドローできます。

《華麗なるハーピィ・レディ》

《華麗なるハーピィ・レディ》
通常罠
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドの「ハーピィ・レディ三姉妹」1体を選んで持ち主のデッキに戻す。その後、元々のカード名が異なる「ハーピィ」モンスター3体を、自分の手札・デッキ・墓地からそれぞれ1体ずつ選んで特殊召喚できる。このカードの発動後、ターン終了時まで自分は風属性モンスターしか特殊召喚できない。
(2):フィールドのこのカードが相手の効果または自分の「ハーピィ」カードの効果で破壊された場合に発動する。デッキから「ハーピィ」モンスター1体を手札に加える。

「ハーピィ・レディ三姉妹」をデッキに戻すことで、手札・デッキ・墓地からそれぞれ1体ずつハーピィモンスターを出せるというカードです。

一気に3体を出せるという点で非常に展開力があります。

《ハーピィ・チャネラー》

《ハーピィ・チャネラー/Harpie Channeler》
効果モンスター/星4/風属性/鳥獣族/攻1400/守1300
手札から「ハーピィ」と名のついたカード1枚を捨てて発動できる。デッキから「ハーピィ・チャネラー」以外の「ハーピィ」と名のついたモンスター1体を表側守備表示で特殊召喚する。「ハーピィ・チャネラー」のこの効果は1ターンに1度しか使用できない。また、自分フィールド上にドラゴン族モンスターが存在する場合、このカードのレベルは7になる。このカードのカード名は、フィールド上・墓地に存在する限り「ハーピィ・レディ」として扱う。

ハーピィを手札から捨てることで、デッキからハーピィをデッキから特殊召喚する効果を持っています。

「ハーピィズペット竜」などをデッキから呼んでくることで、ランク7エクシーズを作ることもできます。

《ハーピィ・ハーピスト》

《ハーピィ・ハーピスト/Harpie Harpist》
効果モンスター/星4/風属性/鳥獣族/攻1700/守 600
「ハーピィ・ハーピスト」の(2)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードのカード名は、フィールド・墓地に存在する限り「ハーピィ・レディ」として扱う。
(2):このカードが召喚に成功した時、このカード以外の自分フィールドの鳥獣族モンスター1体と相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを持ち主の手札に戻す。
(3):このカードが墓地へ送られたターンのエンドフェイズに発動できる。デッキから攻撃力1500以下の鳥獣族・レベル4モンスター1体を手札に加える。

召喚成功した時に、自分フィールドの鳥獣族と、相手フィールドのモンスターを手札に戻す効果を持っています。

また、墓地へ送られたターンのエンドフェイズにサーチする効果を持っています。

《ハーピィ・ダンサー》

《ハーピィ・ダンサー/Harpie Dancer》
効果モンスター/星4/風属性/鳥獣族/攻1200/守1000
自分のメインフェイズ時、自分フィールド上の風属性モンスター1体を選択して発動できる。選択したモンスターを持ち主の手札に戻し、その後、風属性モンスター1体を召喚できる。「ハーピィ・ダンサー」のこの効果は1ターンに1度しか使用できない。このカードのカード名は、フィールド上・墓地に存在する限り「ハーピィ・レディ」として扱う。

自分フィールドの風属性モンスターを手札に戻し、再度、風属性モンスターを召喚できるモンスターを出せます。

《ヒステリック・サイン》

《ヒステリック・サイン/Hysteric Sign》
永続魔法
このカードの発動時に、自分のデッキ・墓地から「万華鏡-華麗なる分身-」1枚を選んで手札に加える。このカードが手札またはフィールド上から墓地へ送られたターンのエンドフェイズ時、デッキからカード名が異なる「ハーピィ」と名のついたカードを3枚まで選んで手札に加える。「ヒステリック・サイン」の効果は1ターンに1度しか発動できない。

発動時に、デッキ・墓地から「万華鏡-華麗なる分身-」をサーチするカードです。

また、手札またはフィールド上から墓地へ送られたターンのエンドフェイズ時、デッキからカード名が異なる「ハーピィ」と名のついたカードを3枚までサーチすることができます。

サーチ効果が非常に強力なので、積極的に採用したカードです。

《ヒステリック・パーティ》

《ヒステリック・パーティー/Hysteric Party》
永続罠
(1):手札を1枚捨ててこのカードを発動できる。自分の墓地から「ハーピィ・レディ」を可能な限り特殊召喚する。このカードがフィールドから離れた時にこのカードの効果で特殊召喚したモンスターは全て破壊される。

手札を1枚捨てて、自分の墓地から「ハーピィレディ」を可能な限り特殊召喚できます。

ハーピィデッキ回し方・強み

ハーピィモンスターを並べる

ハーピィデッキの強みは、ハーピィモンスターをフィールドに並べることができる展開力です。

《ハーピィチャネラー》や《ハーピィオラクル》等を使って、フィールドにハーピィモンスターを並べることができます。

永続魔法の《魅惑の合わせ鏡》を発動しておくことで、戦闘で破壊されても後続ハーピィをデッキから呼ぶことができるので、戦線を維持することができます。

また、罠カードである《華麗なるハーピィ・レディ》を使うことで、タイミングを見て、ハーピィモンスター最大3体を一気に展開することも可能です。

《ハーピィの羽根吹雪》や《ゴッドバードアタック》などを駆使する

ハーピィデッキは、《ハーピィの羽根吹雪》等のサポートカードを使うことで、相手の妨害を図ることができます。

《ハーピィの羽根吹雪》は、ターン終了時まで、相手が発動したモンスターの効果は無効化することができます。ハーピィモンスターがフィールドにいる場合は、手札からも発動できるので、相手へ奇襲を食らわせることができます。

《ハーピィの羽根吹雪はねふぶき/Harpie’s Feather Storm》
通常罠
自分フィールドに「ハーピィ」モンスターが存在する場合、このカードの発動は手札からもできる。
(1):自分フィールドに鳥獣族・風属性モンスターが存在する場合に発動できる。ターン終了時まで、相手が発動したモンスターの効果は無効化される。
(2):魔法&罠ゾーンのこのカードが相手の効果で破壊された場合に発動できる。自分のデッキ・墓地から「ハーピィの羽根帚」1枚を選んで手札に加える。

また、《ゴッドバードアタック》なども、鳥獣族のハーピィデッキには非常に強いカードです。

墓地のハーピィを活用する手段は豊富にあるので、コストとなったハーピィモンスターも再利用していくことも可能になります。

《ゴッドバードアタック/Icarus Attack》
通常罠
(1):自分フィールドの鳥獣族モンスター1体をリリースし、フィールドのカード2枚を対象として発動できる。そのカードを破壊する。

少し違った視点では、《魔封じの芳香》なども相性が良いでしょう。

《魔封じの芳香/Anti-Spell Fragrance》
永続罠
(1):このカードが魔法&罠ゾーンに存在する限り、お互いに魔法カードはセットしなければ発動できず、セットしたプレイヤーから見て次の自分ターンが来るまで発動できない。

《魔封じの芳香》は永続罠カードで、お互いに魔法カードはセットしなければ発動できなくなってしまいますが、

ハーピィデッキは、《ハーピィの羽根箒》や《ハーピィの狩場》などのセットカードを破壊できるカードが多いので、非常に相性よく組み合わせることができます。

ランク4エクシーズを立てる

《電光千鳥/Lightning Chidori》
エクシーズ・効果モンスター/ランク4/風属性/雷族/攻1900/守1600
風属性レベル4モンスター×2
このカードがエクシーズ召喚に成功した時、相手フィールド上にセットされたカード1枚を選択して持ち主のデッキの一番下に戻す。また、1ターンに1度、このカードのエクシーズ素材を1つ取り除いて発動できる。相手フィールド上に表側表示で存在するカード1枚を選択して持ち主のデッキの一番上に戻す。

ハーピィモンスターは、レベル4モンスターが多いので、ランク4エクシーズを立てることができます。

ハーピィモンスターは、風属性モンスターになるので、風属性専用ランク4モンスターである《電光千鳥》を採用することもできます。

また、同じく鳥獣族の《鳥銃士カステル》《零鳥獣シルフィーネ》などの採用も少なくありません。

採用されるリンクモンスター

《ハーピィ・コンダクター》
リンク・効果モンスター/リンク2/風属性/鳥獣族/攻1900
【リンクマーカー:左下/右下】
風属性モンスター2体
このカード名の(2)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードのカード名は、フィールド・墓地に存在する限り「ハーピィ・レディ」として扱う。
(2):自分フィールドの「ハーピィ」モンスターが戦闘・効果で破壊される場合、代わりに自分フィールドの魔法・罠カード1枚を破壊できる。
(3):このカード以外の自分フィールドの表側表示の「ハーピィ」モンスターが自分の手札に戻った場合、相手フィールドの特殊召喚されたモンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを持ち主の手札に戻す。

《ハーピィ・コンダクター》は、ハーピィデッキのリンクモンスターになります。

「ハーピィ」モンスターが戦闘・効果で破壊される場合、代わりに自分フィールドの魔法・罠カード1枚を破壊できる効果と、このカード以外の自分フィールドの表側表示の「ハーピィ」モンスターが自分の手札に戻った場合、相手の特殊召喚されたモンスターをバウンスできる効果を持っています。

②効果は《華麗なるハーピィ・レディ》《魅惑の合わせ鏡》《ヒステリック・サイン》などを破壊すると、それらの効果を利用でます。③効果は《ハーピィ・ダンサー》と《ハーピィ・ハーピスト》がバウンス効果を持っているので、相性が良いです。

《グレートフライ/Greatfly》
リンク・効果モンスター/リンク2/風属性/昆虫族/攻1400
【リンクマーカー:左下/右下】
風属性モンスター2体
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):フィールドの風属性モンスターの攻撃力・守備力は500アップし、地属性モンスターの攻撃力・守備力は400ダウンする。
(2):このカードが戦闘・効果で破壊された場合、自分の墓地の風属性モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを手札に加える。

また、ハーピィは風属性なので、《グレートフライ》も採用検討できます。

複数体のハーピィの打点強化をすることで、一気にキル打点まで作り上げることにも寄与してくれます。

スポンサードリンク


まとめ

今回はハーピィデッキについて解説してまいりました。

ハーピィデッキは、「風属性・鳥獣族モンスター」ということで、サポートカードの恩恵を受けやすいテーマでもあります。

また、初代DMの孔雀舞のテーマということで、今後も何かにつけて目をかけてもらえる可能性が高いテーマでもあります。

是非、気になった方はデッキ構築をしてみることをおすすめします。

【関連記事:デュエリストパック-レジェンドデュエリスト4編】

【機械天使デッキ(サイバーエンジェルデッキ)】OCG新規解説・回し方・強い勝ちパターン等を紹介
遊戯王OCGにおける「デュエリストパック-レジェンドデュエリスト編4」で強化された、機械天使(サイバーエンジェル)デッキの新規カードの解説と回し方等を紹介していきます。 機械天使(サイバーエンジェル)新規カード解説 《サイバー・エッグ・...
【ローズドラゴンデッキ】回し方展開・デッキレシピ構築・アロマージ型デッキ解説
ローズドラゴンデッキは、11月10日発売「デュエリストパックレジェンドデュエリスト編4」に収録される植物族デッキです。 今回は、そのローズドラゴンデッキの新規カードの解説・サンプルデッキレシピ・展開方法や回し方を解説していきたいと思い...
【月光デッキ】後攻ワンキル展開方法/回し方・デッキレシピ構築を紹介
月光(ムーンライト)デッキは、遊戯王ARC-Vで登場しセレナが使用する融合召喚テーマです。「デュエリストパック-レジェンドデュエリスト編4」では、新規カードも登場しさらに強化されました。 そんな月光デッキの回し方展開方法などを解説して...

この記事を書いた人はこちら。

遊戯王情報サイト「DJ遊戯王ドットコム」の管理人。

コメント