【堕天使デッキ】回し方/戦い方・基本戦術・デッキ構築等を解説

テーマデッキ考察

【堕天使デッキ】デッキは、2016年8月発売の『デステニー・ソルジャーズ』で一気に強化された「闇属性・天使族」で統一されたテーマです。

モンスターは高ステータスモンスターが多いですが、墓地などからモンスター効果や魔法カードの効果で特殊召喚する方法で展開も得意とします。基本、エクストラ依存度が少ないのも特徴なテーマです。

そんな堕天使デッキの回し方/戦い方・デッキレシピ構築を解説していきます。

堕天使デッキの回し方/戦い方・基本戦術

手札交換でぐるぐるさせ、特殊召喚を狙う

堕天使デッキの動きは手札交換カードを使って、モンスターを墓地に送り、墓地蘇生や特殊召喚などで回していくデッキです。

なので、手札に「堕天使」モンスターが止まっているだけではリリースなしでは通常召喚もできないため、積極的に墓地に送っていくことで活用していきます。そのためこのデッキにおいて《トレードイン》や《闇の誘惑》などの手札交換ドロソカードの相性は特に良いと言えるでしょう。

特に堕天使デッキのキーカードでもある《堕天使イシュタム》は墓地肥やしをしつつドローソースにもなり超重要カードです。

《堕天使だてんしイシュタム/Darklord Ixchel》
効果モンスター/星10/闇属性/天使族/攻2500/守2900
自分は「堕天使イシュタム」を1ターンに1度しか特殊召喚できず、その(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):手札からこのカードと「堕天使」カード1枚を捨てて発動できる。自分はデッキから2枚ドローする。
(2):1000LPを払い、自分の墓地の「堕天使」魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。その魔法・罠カードの効果を適用する。その後、墓地のそのカードをデッキに戻す。この効果は相手ターンでも発動できる。

また、堕天使カードを墓地に送りつつ、自身を特殊召喚することが可能な《堕天使マスティマ》も強力なカードです。

遊戯王OCG 堕天使マスティマ ノーマル SPDS-JP032 遊☆戯☆王ARC-V [デステニー・ソルジャーズ]《堕天使マスティマ/Darklord Nasten》 
効果モンスター/星7/闇属性/天使族/攻2600/守2600
自分は「堕天使マスティマ」を1ターンに1度しか特殊召喚できず、その(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):手札からこのカード以外の「堕天使」カード2枚を捨てて発動できる。このカードを手札から特殊召喚する。
(2):1000LPを払い、自分の墓地の「堕天使」魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。その魔法・罠カードの効果を適用する。その後、墓地のそのカードをデッキに戻す。この効果は相手ターンでも発動できる。

《堕天使スペルビア》を使った墓地蘇生

遊戯王カード SPDS-JP039 堕天使スペルビア ノーマル 遊☆戯☆王ARC-V [デステニー・ソルジャーズ]《堕天使スペルビア/Darklord Superbia》
効果モンスター/星8/闇属性/天使族/攻2900/守2400
(1):このカードが墓地からの特殊召喚に成功した時、「堕天使スペルビア」以外の自分の墓地の天使族モンスター1体を対象として発動できる。その天使族モンスターを特殊召喚する。

堕天使スペルビアも、堕天使デッキでは非常に重要な役割を果たします。このカードは、墓地から特殊召喚されると、同名以外の墓地の天使族モンスターを蘇生できる効果を持っています。

《堕天使イシュタム》などの手札交換カードで墓地に送り、《堕天使の戒壇》などで蘇生させることで、大型モンスターを一気に展開することが可能です。

遊戯王OCG 堕天使の戒壇 ノーマル SPDS-JP035 遊☆戯☆王ARC-V [デステニー・ソルジャーズ]《堕天使の戒壇かいだん/Darklord Contact》
通常魔法
「堕天使の戒壇」は1ターンに1枚しか発動できない。
(1):自分の墓地の「堕天使」モンスター1体を選んで守備表示で特殊召喚する。

《堕天使ルシフェル》で大量展開を狙う

遊戯王カード SPDS-JP029 堕天使ルシフェル シークレットレア 遊☆戯☆王ARC-V [デステニー・ソルジャーズ]《堕天使ルシフェル/Darklord Morningstar》
効果モンスター/星11/闇属性/天使族/攻3000/守3000
このカードは特殊召喚できない。
(1):このカードがアドバンス召喚に成功した場合に発動できる。相手フィールドの効果モンスターの数まで、手札・デッキから「堕天使」モンスターを特殊召喚する。
(2):自分フィールドに他の「堕天使」モンスターが存在する限り、相手はこのカードを効果の対象にできない。
(3):1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。フィールドの「堕天使」モンスターの数だけ、自分のデッキの上からカードを墓地へ送る。自分はこの効果で墓地へ送った「堕天使」カードの数×500LP回復する。

《堕天使ルシフェル》は、アドバンス召喚せに成功した場合に、相手のフィールドの効果モンスターの数まで、手札・デッキから「堕天使」モンスターを特殊召喚することが可能です。

相手のフィールドの状況次第では、大量展開が可能で、大型モンスターを並べて、一気に相手のライフを削りきることができます。

《堕天使ルシフェル》をアドバンス召喚するには、2体のリリースが必要ですが、リンクモンスターである《失落の堕天使》を活用すれば、墓地の堕天使モンスターを除外することで、アドバンス召喚のリリースの代わりにすることができます。

遊戯王カード 失楽の堕天使(スーパーレア) リンク・ヴレインズ・パック2(LVP2) | リンク・効果モンスター 闇属性 天使族 スーパー レア《失楽の堕天使》
リンク・効果モンスター/リンク2/闇属性/天使族/攻1600
【リンクマーカー:左下/右下】
天使族モンスター2体
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、自分がモンスター2体のリリースを必要とする天使族モンスターのアドバンス召喚をする場合、モンスター2体をリリースせずに自分の墓地からモンスター2体を除外してアドバンス召喚できる。
(2):手札を1枚捨てて発動できる。デッキから「堕天使」モンスター1体を選び、手札に加えるか墓地へ送る。
(3):自分エンドフェイズに発動する。自分はフィールドの天使族モンスターの数×500LP回復する。

《堕天使ゼラート》なども非常に強力で、このカードを出すことで相手フィールドを一掃することができるので、一気に相手に攻め込むこともできる。

遊戯王カード SPDS-JP041 堕天使ゼラート ノーマル 遊☆戯☆王ARC-V [デステニー・ソルジャーズ]《堕天使だてんしゼラート/Darklord Zerato》
効果モンスター/星8/闇属性/天使族/攻2800/守2300
自分の墓地に闇属性モンスターが4種類以上存在する場合、このカードは闇属性モンスター1体をリリースしてアドバンス召喚できる。
(1):手札から闇属性モンスター1体を墓地へ送って発動できる。相手フィールドのモンスターを全て破壊する。
(2):このカードの(1)の効果を発動したターンのエンドフェイズに発動する。このカードを破壊する。

堕天使デッキのデッキ構築

《大天使クリスティア》《虚無魔人》などのメタカードを採用する

《大天使だいてんしクリスティア/Archlord Kristya》
効果モンスター/星8/光属性/天使族/攻2800/守2300
(1):自分の墓地の天使族モンスターが4体のみの場合、このカードは手札から特殊召喚できる。
(2):このカードの(1)の方法で特殊召喚に成功した場合、自分の墓地の天使族モンスター1体を対象として発動する。その天使族モンスターを手札に加える。
(3):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、お互いにモンスターを特殊召喚できない。
(4):フィールドの表側表示のこのカードが墓地へ送られる場合、墓地へは行かず持ち主のデッキの一番上に戻る。
《虚無魔人ヴァニティー・デビル/Vanity’s Fiend》
効果モンスター/星6/闇属性/悪魔族/攻2400/守1200
このカードは特殊召喚できない。
(1):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、お互いにモンスターを特殊召喚できない。

堕天使デッキの回し方の中で、墓地に天使族の「堕天使」モンスターが増えるという特徴から《大天使クリスティア》を採用することができます。

また「堕天使」モンスターは攻撃力が高く1体でもビートができるという点で《虚無魔人》を出して、特殊召喚封じ効果により、相手をロック&大型堕天使でビートするという戦い方をするデッキ構築も少なくありません。

堕天使デッキは、基本的には高レベルモンスターが多く《堕天使ユコバック》などを除けば、特殊召喚に依存しているため、《虚無魔人》のアドバンス召喚枠を残していることが多く、相性は良い。闇属性なので手札が悪い際は《闇の誘惑》のコストにも出来することも可能です。

事故率が高いのが難点

堕天使デッキは、高レベルモンスターが多いので、手札が悪いと何もできずに動けない事故率が高いのが弱点です。そのため、各カードのデッキ採用枚数を吟味することが大切です。

また、こちらが後攻の場合、妨害系の罠カードを仕掛けられていると、魔法カードやモンスター効果に依存している部分があるので、動けなくなってしまうのは注意が必要です。

スポンサードリンク


まとめ

今回は、堕天使デッキの回し方/戦い方・デッキレシピ構築などを解説してまいりました。

是非、デッキ構築の参考にしてもらえればと思います。

【関連記事:リンクヴレインズパック2 収録テーマ】

【蟲惑魔デッキ】デッキレシピ構築・戦い方・新規リンク等主要カードを解説
蟲惑魔デッキとは「地属性/昆虫族or植物族」の蟲惑魔モンスターと、「落とし穴」罠カードを中心に戦うデッキです。 罠カードをうまく活用した戦い方が可能なデッキで、2018年11...
【RR(レイドラプターズ)デッキ】回し方/戦い方・デッキレシピ構築を解説
RRデッキ(レイドラプターズデッキ)とは、遊戯王ARC-Vの黒崎が使用するエクシーズテーマです。RRモンスターは、闇属性鳥獣族ということで、それぞれのサポートカードを利用することが...
【魔弾デッキ】回し方/戦い方・デッキレシピ構築における強み弱点等を解説
魔弾デッキとは、デッキビルドパックで登場した光属性悪魔族のテーマです。 リンクヴレイズパック2でエクストラデッキに入れられる新規リンクモンスターである《魔弾の射手マックス》が...
【ドラグニティデッキ】回し方展開方法・新規リンク解説・デッキレシピ構築論
ドラグニティデッキは、10期「サイバネティックホライゾン」で大幅に強化された風属性モンスターを基軸としたシンクロモンスターテーマ。ドラグニティモンスターを、装備して、戦っていくとい...
【六武衆デッキ】新規リンク入り回し方/展開方法・デッキレシピ構築解説
六武衆デッキは、遊戯王OCG 6期に登場した戦士族テーマです。非常に人気度も高く、強い展開が可能ということで、愛用者も多いテーマの一つです。 遊戯王OCG10期「リンクヴレイ...
【ハーピィデッキ】回し方・強みや戦い方などを解説。
デュエリストパックレジェンドデュエリスト編4で強化された「ハーピィ」デッキの回し方・デッキレシピ構築・相性の良いカードを解説していきたいと思います。 「ハーピィデッキ」新規・主要...
【極星デッキ】デッキレシピ構築・戦い方/戦術・新規リンクモンスター等を解説
極星デッキとは、7期のSTOR(STORM OF RAGNAROK)で登場し、それ以来ほとんど新規がもらえていませんでした。今回の新規リンクモンスターはもともと、海外で登場したもの...

コメント

タイトルとURLをコピーしました