《冥宮の番人》が「ライジングランペイジ」に新規収録判明!

最新情報

2019年4月13日発売の「ライジングランペイジ」に収録される《冥宮の番人》というカードが判明しました。

今回は新規カード《冥宮の番人》画像詳細・効果テキストを紹介していきます。

《冥宮の番人》効果解説

今回新規収録した《冥宮の番人》はこちらのカードです。

《冥宮の番人》
リンク・効果モンスター/リンク2/地属性/戦士族/攻1400
【リンクマーカー:左下/右下】
通常モンスター2体
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):効果モンスター以外の自分フィールドのモンスターの攻撃力は500アップし、相手フィールドの効果モンスターの攻撃力は500ダウンする。
(2):このカードが相手によって破壊された場合、効果モンスター以外の自分の墓地のモンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを特殊召喚する。

バニラサポートのリンクモンスターです。

攻撃力1400シリーズということで、《ミセスレディエント》《ハイパースター》などの属性リンクに続き、通常モンスターのサポートリンクということでしょうか。

通常モンスターやトークンを複数体並べて、攻撃力をあげて大きな打点を狙っていきたいところ。

まとめ

今回は「ライジングランペイジ」に収録された《冥宮の番人》の紹介をして参りました。

是非、カード考察やデッキ作りの参考にしていただければと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました