【環境考察】環境で《ナイトショット》採用率が上がっている理由


【遊戯王】大会優勝デッキなど環境で《ナイトショット》採用率が上昇している理由

最近、十二獣、インフェルノイドあたりでも採用が上昇している

《ナイト・ショット》というカードがあります。

このカードの採用率が上がっている理由を考察していきます。

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

《ナイト・ショット》テキスト

通常魔法
(1):相手フィールドにセットされた魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。
セットされたそのカードを破壊する。
このカードの発動に対して相手は対象のカードを発動できない。
(wikipediaより)

《ナイト・ショット》環境での採用率上昇の理由

完全に《次元障壁》対策でしょうね。

最近でどんどん採用率が上昇している《次元障壁》ですが、

もともと非常に強力な効果を持っていました。

最近では《十二獣》メタに使えるということでさらに採用率が上昇しています。

ちなみに、価格もかなり上がっています。今回の制限後、さらに高騰が予測されるので買いでしょう。

もちろん、十二獣以外でも

《メタルフォーゼ》《ABC》《インフェルノイド》《儀式青眼》《カエル》

あたりにもかなり効果的で、採用してもまんべんなく妨害できます。

そして本題の、《ナイトショット》の採用理由ですが、

以前の魔法トラップ除去として、《ABC》に必ず入っていた

《ツインツイスター》の採用が落ちています。

これはおそらく《ツインツイスター》の発動にチェーンして《次元障壁》を発動されてしまうからでしょう。

手札1枚を捨て《ABC》素材を墓地に送れる点で、まだ良かったのですが、

最近の《ABC》デッキが減ってきている現環境では

次元障壁を確実に除去できる点でやはり《ナイトショット》に分があります。

《次元障壁》以外でも、環境デッキのトラップカードの採用カードを見ると、

伏せカードのほとんどが《次元障壁》《神通》《神宣》《神警》《虚無空間》辺りです。

次元障壁を当てられなくても、それらを確実に除去できる点でとにかく効果的でしょう。

そういう意味でも《ナイトショット》の採用が増えているのでしょう。

余談ですが、最近は《コズミックサイクロン》の採用率も上昇しています。

ツインツイスターやナイトショットとは何が違うかというと、

対象のカードを除外できるという点です。

永続魔法の《十二獣の会局》や、Pゾーンの《メタルフォーゼ》や《連装融合》は破壊されるだけでは不十分で、

《十二獣の会局》だと、②の効果で素材にされたり《十二獣の方合》の対象としても利用されてしまいますし、《メタルフォーゼ》Pパーツはエクストラデッキに行き、連装融合は②の効果を助長してしまいます。

なので《コズミックサイクロン》の除外効果が有効なのでしょう。

そういった意味でも、

手札から墓地に送って墓地を肥やしたいデッキテーマでもなければ、

《ツインツイスター》<《ナイトショット》《コズミックサイクロン》

の採用順位になってしまうのではないかと思います。

ちなみに、同じ速攻魔法系のモンスターメタとしては《禁じられた聖杯》が採用率がかなり上がっています。

(→【環境考察】《禁じられた聖杯》採用率が上がっている理由

主に十二獣対策として採用されているみたいですが。

どんどん環境メタも様変わりしていきますね。

スポンサーリンク