【遊戯王】環境で《天声の服従》サイドデッキ採用が増えている訳


《天声の服従》の環境サイドデッキ採用増加

《天声の服従》が環境での活躍が増えています。

デュエリストパック王の記憶編」で登場した通常魔法です。

《天声の服従》テキスト

通常魔法

(1):2000LPを払い、モンスターカード名を1つ宣言して発動できる。相手は自身のデッキを確認し、宣言されたモンスターがあった場合、その内の1体をお互いに確認し以下の効果から1つを選択して適用する。

  • 確認したカードを、このカードを発動したプレイヤーの手札に加える。
  • 確認したカードを、このカードを発動したプレイヤーのフィールドに召喚条件を無視して攻撃表示で特殊召喚する。

《天声の服従》採用率増えている理由

「手札誘発モンスター」を奪える

まず1つ環境では、

《増殖するg》や《灰流うらら》などの汎用手札誘発モンスターが多く採用されています。なのでこれらを宣言すれば十中八九当てられるんです。相手デッキから妨害要素を一つ減らすことができる。

手札に加えずフィールドに特殊召喚を宣言された場合でも、《真竜》モンスターなどのアドバンス召喚リリース要因にすることができるため問題ない。

また、《灰流うらら》はレベル3なので《バオバブーン》などと合わせて、ランク3エクシーズに持っていくことも可能。

デッキによっては、

《灰流うらら》《幽鬼うさぎ》は「レベル3チューナー」としても使用でき、《竜星》などのシンクロ軸デッキにおいて貴重なシンクロ素材とすることができる。

《十二獣モルモラット》を奪える

おそらくこの運用が一番多いですが、

十二獣出張デッキであれば《十二獣モルモラット》を奪うことができちゃうんです。

完全なミラー戦でなくても、大体《十二獣》は出張されている時代なので、かなりの確率で有効です。もはやそういう意味でもメインデッキに入れても大丈夫なんじゃないかと思うくらいの主張率ですしね。

こちらの展開につかえるばかりか、相手デッキの《モルモラット》を1枚奪うので、お決まりの「モルモラット展開」からモルモラットを1体しか展開できないため「ランク4」を立てられなくなります。

《ダイガスタエメラル》が立てられない以上、モルモラットデッキ回収コンボは使えず事実上、十二獣の展開を大きく封じることができる。

《天声の服従》実際の運用

サイド採用で「先行」でサイドチェンジ投入する感じでしょうか。2枚以上くるとコストがきついし、腐るので、1枚のピン刺しが現実的でしょうね。

僕は《次元障壁》《神の警告》辺りの先行用汎用罠枠を1枚抜いて《天声の服従》を入れようと考えています。

 

《天声の服従》の価格(値段)

マジで安い。たったの300円w

初動はもう少し高かったですが、250円〜300円程度の価格で現在は購入できます。実際の強さと価格はなぜ比例しないのかが、不思議なくらいですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク