「フュージョンカード」「融合」関連汎用カードまとめ【遊戯王OCG】


【遊戯王】フュージョンカード・融合関連汎用カードまとめ

「フュージョンカード」「融合」汎用カード一覧

【簡易融合】

通常魔法

「簡易融合」は1ターンに1枚しか発動できない。

(1):1000LPを払って発動できる。レベル5以下の融合モンスター1体を融合召喚扱いとしてエクストラデッキから特殊召喚する。この効果で特殊召喚したモンスターは攻撃できず、エンドフェイズに破壊される。

エクストラ融合モンスター使い方の革命!

エクストラからレベル5以下の融合モンスターを特殊召喚できるカード。攻撃はできず、エンドフェイズに破壊されるが、効果は使え、F・S・X・Lなどへ繋げることができる。

【フュージョンゲート】

フィールド魔法

このカードがフィールド上に存在する限り、ターンプレイヤーは手札・自分フィールド上から融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスターをゲームから除外し、その融合モンスター1体を融合召喚扱いとしてエクストラデッキから特殊召喚する事ができる。

融合専用フィールド魔法!

フィールド魔法という利点を生かし、テラフォーミングや盆回しなどのフィールド魔法サーチによりデッキより引っ張ってくることができる。

融合素材は墓地送りではなく除外される点、相手も効果を使用することができる点は注意が必要。

【未来融合-フューチャーフュージョン】

(1):このカードの発動後1回目の自分スタンバイフェイズに発動する。自分のエクストラデッキの融合モンスター1体をお互いに確認し、そのモンスターによって決められた融合素材モンスターを自分のデッキから墓地へ送る。

(2):このカードの発動後2回目の自分スタンバイフェイズに発動する。このカード(1)の効果で確認したモンスターと同名の融合モンスター1体をエクストラデッキから融合召喚する。このカードがフィールドから離れた時にそのモンスターは破壊される。そのモンスターが破壊された時にこのカードは破壊される。

エラッタで戻ってきた未来融合!

1回目・2回目のスタンバイにそれぞれ、墓地送り、融合モンスターを特殊召喚とできる。ただ、現環境においては魔法罠除去手段が増えたこともあり、守りきるのは難しい。だが決まれば強い。

【融合回収】

通常魔法

(1):自分の墓地の、「融合」1枚と融合召喚に使用した融合素材モンスター1体を対象として発動できる。そのカードを手札に加える。

1枚で2枚分のアドが取れる墓地回収カード!

融合召喚に使用したカードでなければ回収できないため、融合を正規ルートで使用するデッキに採用されるケースが多い。

【置換融合】

通常魔法

このカードのカード名はルール上「融合」として扱う。

(1):自分フィールドから融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスターを墓地へ送り、その融合モンスター1体をエクストラデッキから融合召喚する。

(2):墓地のこのカードを除外し、自分の墓地の融合モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターをエクストラデッキに戻す。その後、自分はデッキから1枚ドローする。

融合の上位互換(?)

(1)は融合効果。(2)は墓地除外から発動できる効果。ただし(1)の融合効果は手札のカードを融合素材にできないことには注意が必要。(2)は墓地除外で、墓地の融合モンスターをエクストラに戻し、1ドローできる効果。

【融合徴兵】

通常魔法

「融合徴兵」は1ターンに1枚しか発動できない。

(1):エクストラデッキの融合モンスター1体を相手に見せ、そのモンスターにカード名が記されている融合素材モンスター1体を自分のデッキ・墓地から選んで手札に加える。このカードの発動後、ターン終了時まで自分はこの効果で手札に加えたモンスター及びその同名モンスターを通常召喚・特殊召喚できず、そのモンスター効果は発動できない。

融合素材サーチ&回収カード。

加えたカードと同名カードは通常召喚・特殊召喚ができず、モンスター効果を発動できなくなるが、狙ったカードを確実にサーチできる点は強い。

【融合識別】

通常魔法

(1):自分フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。エクストラデッキの融合モンスター1体を相手に見せる。このターン、対象のモンスターを融合素材とする場合、その見せたモンスターの同名カードとして融合素材にできる。

フィールドモンスターを融合素材に変えるカード!

フィールドのモンスターを、エクストラの融合モンスターと同名カードとして融合素材に使用できるカード。アドが取れるわけではないので、強力なモンスターを呼ぶ際に使いたい一枚。

【超越融合】

通常魔法

このカードの発動に対してカードの効果は発動できない。

(1):2000LPを払って発動できる。融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスター2体を自分フィールドから墓地へ送り、その融合モンスター1体をエクストラデッキから融合召喚する。

(2):墓地のこのカードを除外し、このカードの効果で融合召喚したモンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターの融合召喚に使用した融合素材モンスター一組を自分の墓地から特殊召喚する。この効果で特殊召喚したモンスターの攻撃力・守備力は0になり、効果は無効化される。

融合素材を蘇生できる融合カード。

2000LPのコストは大きいが、強力なモンスターを複数展開できる点非常に強力。何かのコンボに使いたい一枚。

【再融合】

装備魔法

(1):800LPを払い、自分の墓地の融合モンスター1体を対象としてこのカードを発動できる。そのモンスターを特殊召喚し、このカードを装備する。このカードが破壊された時にそのモンスターは除外される。

融合モンスター専用の早すぎた埋葬。

強力な融合モンスターを引き上げることができるため、融合モンスターを多用するデッキに採用したい。

【ペンデュラムフュージョン】

通常魔法

「ペンデュラム・フュージョン」は1ターンに1枚しか発動できない。

(1):融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスターを自分フィールドから墓地へ送り、その融合モンスター1体をエクストラデッキから融合召喚する。自分のPゾーンにカードが2枚存在する場合、自分のPゾーンに存在する融合素材モンスターも融合素材に使用できる。

Pゾーンも融合素材にできる融合カード。

Pテーマで融合を使うデッキに使える一枚。手札のモンスターを素材にできない点は注意が必要。

【融合準備】

通常罠

(1):エクストラデッキの融合モンスター1体を相手に見せ、そのモンスターにカード名が記されている融合素材モンスター1体をデッキから手札に加える。その後、自分の墓地の「融合」1枚を選んで手札に加える事ができる。

融合素材をデッキサーチできるトラップカード!

融合素材をデッキからサーチできる。罠カードであるためスピードは遅いが、サーチしたカードに使用制限はない。そのため融合素材として使えるだけでなく、単純にサーチカードとしても使用することができる。

【パラドックスフュージョン】

カウンター罠

(1):自分フィールドの表側表示の融合モンスター1体を除外して以下の効果を発動できる。発動後2回目の自分エンドフェイズに、除外したそのモンスターは表側攻撃表示で自分フィールドに戻る。

  • 魔法・罠カードが発動した時に発動できる。その発動を無効にし破壊する。
  • 自分または相手がモンスターを特殊召喚する際に発動できる。その特殊召喚を無効にし、そのモンスターを破壊する。

融合モンスターを除外して発動できる妨害罠カード

魔法・罠カード・モンスターの特殊召喚を無効にするカード。発動コストとして、融合モンスターを除外する必要があるが、2回目のエンドフェイズにフィールドに戻る。使い勝手はあまりよくないが効果は強力。

スポンサーリンク



総括

「フュージョンカード」「融合」関連汎用カードをまとめました。

《捕食植物ダーリングコブラ》《捕食植物キメラフレシア》などの融合関連カードが登場したことで「フュージョン」魔法カードをサーチできる手段が増えました。

《捕食植物オフリススコーピオ》《捕食植物ダーリングコブラ》出張がマジ強い

今後の環境においてもフュージョンカードが環境に来るたびに注目されるカードも増えてくる可能性は十分にありますね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク