「スカルマイスター」環境サイドデッキで採用・評価【遊戯王OCG】


《スカルマイスター》とは

《スカルマイスター》

効果モンスター

星4/闇属性/悪魔族/攻1700/守 400

相手の墓地で魔法・罠・効果モンスターの効果が発動した時、このカードを手札から墓地へ送る事で、その効果を無効にする。この効果は相手ターンでも発動する事ができる。

《スカルマイスター》は手札誘発モンスター

相手墓地で魔法・罠・モンスター効果が発動した時に、手札から墓地に送ることで、その効果を無効にする効果。相手ターンでも発動できる誘発即時効果を持っている。

破壊時効果や、墓地に送り時効果などを封じることができる。

ランク4エクシーズモンスターである《深淵に潜む者》も似た効果を持っているが、

こちらはターン終了時まで効果が持続する一方、《スカルマイスター》は効果が単発で発動する一回きりのカード。手札誘発で発動できるのでその発動を警戒されないのが良いが、1度しか使えないため使いどころが重要。

又、同じく墓地封じ効果を持つ手札誘発モンスターに《DDクロウ》がいるが、《スカルマイスター》とは適応範囲が少し違う。

《DDクロウ》は手札誘発効果を持ち、墓地のカードを1枚除外できる効果。墓地に効果が及ぶ効果や墓地カードを対象にする《死者蘇生》のようなカードには使えるが、墓地のカードが発動する効果に対する対処はできない。

さらに言えば、《DDクロウ》は対象をとって、発動する効果であるため墓地に行ってないカードを対象にチェーンブロックにのることはできない。

そういう意味でも《スカルマイスター》との住み分けはできている。

「スカルマイスター」環境考察・評価

環境デッキテーマへの対策・メタ

今回、《スカルマイスター》は、環境デッキへのメタカードとしても採用率が上がっている。

墓地起動効果を持つデッキに対しては幅広く効果を発揮してくれ、現状の環境では《恐竜》《真竜》《kozmo》など、墓地起動効果を持つカードを採用するデッキテーマが多い。そのため、《スカルマイスター》のサイドデッキ採用が増えている。

まずは「恐竜デッキ」対策

  • 《ベビケラサウルス》《プチラノドン》破壊効果
  • 《幻創のミセラサウルス》の墓地効果

《ベビケラサウルス》《プチラノドン》の破壊された時に発動する効果の対策になる。《究極伝導恐獣》《魂喰いオヴィラプター》《真竜皇リトスアジムD》などの破壊ギミックを有するカードの効果で破壊され墓地に行った時に、後続モンスターを呼べる効果があるが、それを無効にすることが可能。

さらに《幻創のミセラサウルス》の墓地除外からデッキリクルート効果に対しても有効。墓地除外し効果を発動したタイミングで発動すれば、それを無効にできる。

《スカルマイスター》の良いところは、フィールドのモンスター効果でなく、墓地の効果に対して発動できる事。墓地効果への対処であれば、手札誘発で飛んでくる《幻創のミセラサウルス》の(1)効果の対策を受けなくても済む。

そういう意味でも、《スカルマイスター》は貴重な「恐竜」デッキ対策カードん1枚。

恐竜デッキ対策メタカードまとめ

次に、《真竜kozmo》デッキ対策。これ関しては下記の3点。

  • 《真竜》永続魔法・永続罠カードの墓地に送れられた時効果
  • 《kozmoモンスター》の破壊時効果
  • 《kozmo-エメラルドポリス》の破壊時効果

まず《kozmoモンスター》《kozmo-エメラルドポリス》の破壊時効果を無効にできる。特にkozmoモンスターの破壊時にリクルートする効果を無効にできるため、kozmoの連鎖効果を止めることができる。

さらに《メタルフォーゼ》を入れた《真竜kozmoメタル》デッキなどでは、能動的に《kozmo-エメラルドポリス》を破壊する効果を使ってくるが、それの対策にもなる。手札誘発で使える点、1:1交換でなかなか良い働きをしてくれる。

あまり使うことはないだろうが、

一応、真竜永続魔法・永続罠カードの墓地送り時効果に対して《スカルマイスター》をチェーンすることも可能。フィールドのカードをどうしても守りたい要所において活躍させることもできる。

こうやって、並べてみると、環境上位のデッキテーマへ幅広く対処できる効果を持っている。

ちなみに《スカルマイスター》は、

攻撃力1700と手札誘発モンスターにしてはそこそこ打点があり、《幽鬼うさぎ》《灰流うらら》《増殖するg》に比べてアタッカーとしてもケースバイケースで使用できる。さらにレベル4なので、手札次第ではランク4エクシーズとかもできちゃう。

あまり使うことはないだろうが、一応そういう働きも担えるポテンシャルはある。

スポンサーリンク



総括

いずれにせよ、《スカルマイスター》は手札誘発モンスターとして1〜3枚は最低でも確保しておきたいところですね。

【関連記事:手札誘発】

「ドロール&ロックバード(ドロバ)」環境での使い方・評価

《サイフレームギアγ》出張採用が増えている理由

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク