【遊戯王】海皇水精鱗(マーメイル)デッキ新ルール回し方・優勝デッキレシピ構築


「海皇水精鱗(マーメイル)」デッキとは

海皇水精鱗(かいおうマーメイル)とは、「海皇」テーマと、「水精鱗(マーメイル)」テーマを混合して構築したデッキ。水属性と海竜族に関係する2テーマということで相性が良く、この2テーマを使った「海皇水精鱗」デッキが一般的。

水属性テーマとしては、現在の環境で最も強いテーマの一つで、「海皇水精鱗」に「ガエル(カエル)」を混ぜる【海皇水精鱗ガエル】デッキというのも存在する。

「海皇水精鱗(かいおうマーメイル)」大会優勝デッキレシピ構築

「海皇水精鱗(マーメイル)」デッキの大会優勝デッキレシピ構築

「海皇水精鱗ガエル」第65回トレカマニア遊戯王CS 2位

「海皇水精鱗」学校対抗戦2017 エリア予選(関西・大学生)1位C

「海皇水精鱗(マーメイル)」デッキ回し方

勝ち筋はワンキル型

「海皇水精鱗(かいおうマーメイル)」デッキの勝ち筋はワンキルデッキ。基本的には後攻を取り、1ターンで8000のキル打点を作るワンキルタイプのデッキ。

後攻で一気に打点を作るデッキであるので、デッキ構築としては《ブラックホール》や《ハーピィの羽根箒》などの除去系カードだけでなく、先行制圧を防止するためにも手札誘発カードの採用もしっかりされている。先行制圧をある程度阻止しつつ、後攻で一気に攻め込む準備をするためのデッキ構築が基本になる。

まずはとにかく《海皇子ネプトアビス》

海皇水精鱗(マーメイル)デッキの回し方でもっとも大事なカードは《海皇子ネプトアビス》だ。

このカードがとにかくアドの塊のようなカード。「レベル1水属性海竜族モンスター」ということでステータスも申し分ないくらい良いだけでなく、効果がかなり強くて、

《海皇子ネプトアビス》

効果モンスター

星1/水属性/海竜族/攻 800/守   0

「海皇子 ネプトアビス」の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。

(1):デッキから「海皇子 ネプトアビス」以外の「海皇」モンスター1体を墓地へ送って発動できる。デッキから「海皇子 ネプトアビス」以外の「海皇」カード1枚を手札に加える。

(2):このカードが水属性モンスターの効果を発動するために墓地へ送られた場合、「海皇子 ネプトアビス」以外の自分の墓地の「海皇」モンスター1体を対象として発動する。そのモンスターを特殊召喚する。

ネプトアビスの①効果は、基本的には海皇をコストでデッキから「海皇」を落として、「海皇」をサーチする効果。

デッキから落とすのは「コスト扱い(効果を発動するために墓地へ送られた)」になるので「海皇」モンスターが持っている、

(2):このカードが水属性モンスターの効果を発動するために墓地へ送られた場合、

の効果を使っていくことができる。

除去をしたいなら《海皇の重装兵》《海皇の狙撃兵》していくのも良いのだが、最初は盤面強化のためにも《海皇の竜騎隊》を落として、海竜族をサーチをしてくことが多い。

しかも後述する《水精鱗メガロアビス》をサーチすれば、《ネプトアビス》で「海皇」をサーチして、それをコストとして墓地に結局送ることになるので、条件を満たしているのであれば《海皇の竜騎隊》を落としてサーチ効果を使っていくべきだ。

《水精鱗メガロアビス》がフィニッシャー

《水精鱗メガロアビス》は海竜族ということで、《海皇の竜騎隊》の効果でデッキからサーチをしてくることができる。このカード以外の手札の水属性モンスター2体を手札から墓地へ捨てて発動して特殊召喚することができる。

《海皇子ネプトアビス》①効果→

《海皇の竜騎隊》を落として「海皇」サーチのルートで、《海皇の竜騎隊》の墓地送られた時効果で《水精鱗メガロアビス》を出していくすれば、他に水属性カードが1枚手札にあれば、条件の「水属性2体」が揃うので、やはりネプトアビスからの展開が鬼強い。

そこから《水精鱗メガロアビス》のサーチ効果で「アビス」魔法をサーチから装備で攻撃力アップ。《水精鱗メガロアビス》②効果で《ネプトアビス》をリリースして、2回攻撃付与し、墓地に送られた《ネプトアビス》②効果で墓地の《海皇の竜騎隊》などを蘇生させれば、

  • 《メガロアビス》(アビス魔法で800アップだとすると)3200打点×2回攻撃
  • 《海皇の竜騎隊》で1800打点

ということで、2枚で8200打点ということでキル打点を作ることができる。

動きはほとんどモンスター効果で

「海皇水精鱗」デッキの特徴は、ほとんどがモンスター効果で起動していくタイプのデッキの回し方になることだ。

そのため、テーマカードとしてはメインモンスター枠を多くても20枚程度にすることができるので、汎用魔法・罠カードや手札誘発モンスターなどを採用しやすい。《ハーピィの羽根箒》《ブラックホール》《ツインツイスター》などの除去系カードを採用しやすいのも特徴なので、メタ解決の手段がすでにメインデッキに用意されているというのも良い。

またモンスター効果に特化している分、《醒めない悪夢》《魔封じの芳香》《王宮の勅命》などのメタカードが刺さりにくい。

また「海皇水精鱗」デッキは、EXモンスターゾーンをあまり使わずメインモンスターで展開していくのでEXモンスターゾーンが空いている。

そのため《簡易融合》と《ミレニアムアイズサクリファイス》を採用して、手札誘発モンスターケアをしつつ盤面展開をすることもギミックを採用するケースも多いようだ。

「ミレニアムアイズサクリファイス」は簡易融合から手札誘発ケアになる
《ミレニアムアイズサクリファイス》効果テキスト 《ミレニアム・アイズ・サクリファイス》 融合・効果モンスター 星1/闇属性...
スポンサードリンク


まとめ

「海皇水精鱗(かいおうマーメイル)」大会優勝デッキレシピ構築紹介・回し方解説をしてまいりました。

リンクヴレインズパックで「水精鱗」も収録され、「海皇水精鱗」デッキを組みはじめた方は多いのではないでしょうか。メインモンスターギミックだけで起動でき、そして何よりパワータイプのデッキは、どんな環境でも一定の強さを維持しつつ戦えるデッキでもあるので使い込めばどんどん愛着が沸くデッキになることでしょう。

というわけで今回はこれで以上です!

スポンサードリンク