ソウルフュージョンノーレア枠4種考察!《トークンコレクター 》《通販売員 》《パラレルパンツァー》《 素早きは三文の徳》


遊戯王OCG「ソウルフュージョン」に収録されるノーレア枠の《トークンコレクター》《通販売員》《パラレル・パンツァー》《素早きは三文の徳》の4種類をまとめました。

それぞれの効果・画像解説と簡単な考察をしていきます。

ソウルフュージョン収録ノーレア4種

トークンメタする《トークンコレクター》

《トークンコレクター》
効果/星4/地属性/悪魔族/ATK0/DEF2000
このカード名の①効果は1ターンに1度しか使用できない。①:このカードが手札・墓地に存在し、トークンが特殊召喚された場合に発動できる。このカードを特殊召喚する。②:このカードが特殊召喚に成功した場合に発動する。フィールドのトークンを全て破壊し、このカードの攻撃力は破壊したトークンの数×400アップする。③このカードがモンスターゾーンに存在する限り、お互いにトークンを特殊召喚できない。

《トークンコレクター》は、①効果として、トークンが特殊召喚された場合に手札・墓地から特殊召喚できる誘発効果を持つレベル4モンスター。

また、②効果として、このカードが特殊召喚に成功した時にフィールドのトークンをすべて破壊して、攻撃力をあげる効果を持っているので、トークンメタカードでもある。

特殊召喚したあとも、③効果としてフィールドに残り続ける限りお互いにトークンを特殊召喚できなくするので、トークンを完全に止めてしまう1枚になる。

手札からも特殊召喚できるので、こちらが後攻で相手が先行1ターン目でも、手札からSSして、相手のトークンを使った展開を妨害することが可能。

また墓地からの発動できるので、何度でもトークンメタができるので、トークンへの対処力が凄まじいカードの1枚です。

互いに手札を見せ合う《通販売員(ツーマン・セールスマン)》

《通販売員》
効果/星2/光属性/戦士族/ATK1200/DEF1200
1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。お互いのプレイヤーは、それぞれ手札1枚を相手に見せる。見せたカードが同じ種類だった場合、その種類によって以下の効果を適用する。●モンスター:お互いのプレイヤーは、それぞれ見せたモンスターを特殊召喚する。●魔法:お互いのプレイヤーは、それぞれデッキから2枚ドローする。●罠:お互いのプレイヤーは、それぞれデッキからカード2枚を選んで墓地へ送る。

《通販売員(ツーマン・セールスマン)》は、お互いにカードを見せて、同じ種類ならそれに応じて効果を適応する効果。

相手と同じでなければ効果は使えないが、そもそも相手を有利にしてしまう恐れのある種類のカードはなるべく選ばないようにすることも大切になる。

まさにノーレアにふさわしき、少し変わったクセのあるカードという感じでしょう。

《パラレル・パンツァー》

《パラレルパンツァー》
装備魔法
リンクモンスターにのみ装備可能。このカード名の②効果は1ターンに1度しか使用できない。①:1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。装備モンスターの位置を、そのモンスターのリンク先のメインモンスターゾーンに移動する(そのモンスターから見て、相手フィールドには移動できない。)②:装備されているこのカードを墓地へ送って発動できる。このカードを装備していたフィールドのモンスターと同じ縦列のカード1枚を選んで破壊する。

《パラレルパンツァー》は、リンクモンスターにのみ装備できる装備魔法。

《パラレルパンツァー》の①効果は、装備モンスターの位置をリンク先へ移す効果で、②効果は、装備カードのこのカードを墓地に送って発動でき、その縦列のカードを1枚選んで破壊する効果。

①効果と②効果を連動させて、狙いたいモンスターの縦列に移動して、破壊するという手段が取れる。

ちなみに、《パラレルパンツァー》の②効果は、同じ縦列ならモンスターも、魔法罠も、表裏側関係なく破壊できる。さらに、選んで破壊なので対象を取らない破壊が可能で、対象耐性を持っているモンスターなども除去できる。

同名カード3枚をサーチする《素早きは三文の徳》

《素早きは三文の徳》
通常罠
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。①:自分フィールドのモンスターがトークン以外の同名モンスター3体のみの場合に発動できる。デッキから3体の同名モンスターを手札に加える。このカードの発動後、ターン終了時まで自分はこの効果で手札に加えたモンスター及びその同名モンスターを通常召喚・特殊召喚できず、そのモンスター効果は発動できない。

《素早きは三文の徳》は、自分フィールドに同名モンスター3体がいる時に、デッキから3体の同名モンスターをサーチできるカード。

《素早きは三文の徳》の発動後は、手札に加えたカードを召喚・特殊召喚できずモンスター効果は発動できなくなるが、

1枚で3枚をサーチできるため、決まれば2枚のアド確保になる強カードと化す

加えるカードは、同名カードならどんなカードでもよくて、《エフェクトヴェーラー》や《オネスト》などの手札誘発モンスターでもいいし、デッキに3枚採用しているメインモンスターでも可能なので多くの候補が思いつく。

問題は同名モンスター3体を揃えるという点。

ハーピィやサイバードラゴンなどの「〜として扱う」的なカードを採用しているデッキなら比較的に揃えやすいでしょう。また《レスキューラビット》などの同名モンスターをリクルートするカードを採用するデッキなら条件次第では揃う可能性もあるでしょう。

いずれにせよ、《素早きは三文の徳》を引いたら、いかに三体の同名モンスターを揃えるのかが重要になるでしょう。

スポンサードリンク


まとめ

今回は「ソウルフュージョン」収録されたノーレアカード4種を考察してきました。

それぞれノーレアだけにクセのある効果を持つカードが多いですが、組み合わせ次第ではかなり強いカードになる可能性があるカードばかりですね。

是非、デッキ構築の参考にしていただければと思います。

【関連記事】

【ソウルフュージョン】全収録カード一覧・効果・レアリティ【遊戯王OCG】
2018年7月14日発売の新作パック《ソウルフュージョン(SOUL FUSION)》収録カードリストの効果一覧をまとめました。 ソウル...
スポンサードリンク