『星杯』デッキ考察!『コードオブザデュエリスト』収録【遊戯王OCG】


『星杯』デッキ構築・収録・回し方考察!

《聖杯》デッキ収録カード一覧

《星杯剣士アウラム》

星杯剣士アウラム【LINK-2:左下/右下】

炎属性 サイバース族・リンク ATK/2000

「星杯」モンスター2体

このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。

①:このカードの攻撃力は、自分の墓地の「星遺物」モンスターの種類×300アップする。

②:このカードのリンク先の自分の「星杯」モンスター1体をリリースし、そのモンスター以外の自分の墓地のモンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターをこのカードのリンク先となる自分フィールドに特殊召喚する。

③:このカードがフィールドから墓地へ送られた場合に発動できる。手札から「星杯」モンスター1体を特殊召喚する。

「炎属性・サイバース族・ LINK2」の星杯リンクモンスター

リンク先の星杯カードをリリースすることで、墓地のモンスターの蘇生効果。自身の墓地に送られた時に手札から「星杯」モンスターを後続特殊召喚できる効果を持っている。

《星杯を戴く巫女》

通常モンスター

星2・水属性・魔法使い族・ATK 0 DEF 2100

星神に鎮魂の祈りを捧げる巫女。 手にした杖は代々受け継がれし祭器であり、力を結界に変えて機界騎士による支配から森の民を守護している。 森の守護竜が懐く程の神通力をその身に秘めているが、普段は兄と幼馴染を大切に想う、心優しい少女の顔を見せる。

「レベル2・水属性・魔法使い族」の星杯通常モンスター

イラストアドがかなり高い。かわいい。ステータスとしてはレベル2モンスターとして「守備力2100」はなかなか高い。「聖杯」テーマモンスターとして重要なカード。

《星杯に選ばれし者》

通常モンスター

星3・炎属性・サイキック族 ATK1600 DEF 0

機怪の残骸で武装する、真っ直ぐな心の少年。星辰の森に古くから伝わる『星の勇者』に憧れており、妖精リースの願いを受けて、光を授かった仲間たちと共に七つの星遺物を解き放つ旅に出る。

“星明かりの勇者 掲げし剣に光を束ね 大いなる闇を討ち祓わん”

「レベル3・炎属性・サイキック族」の星杯通常モンスター

ステータスとしては「レベル3通常モンスター」としては平均並み味だが、「星杯剣士アウラム」と同じく、「炎属性・サイキック族」である。また《緊急テレポート》でリクルート可能なレベル3サイキック族でもある。

《星杯に誘われし者》

通常モンスター

星4・地属性・戦士族 ATK1800 DEF0

機怪との戦いに明け暮れる青年。

森の周辺に生息する機怪蟲が突如凶暴化した際にも、一歩も引かずに結界への侵入を防ぎ続けた。

常に先陣を駆けるその雄姿は森の民を奮い立たせるが、本人はたった一人の妹を守る為だけにその槍を振るっている。

レベル4・地属性・戦士族の星杯通常モンスター。

攻撃力1800と打点がなかなか高くアタッカーとしても使えるモンスターになっていて、他の星杯バニラモンスターと比べてもステータスは最高打点。

「星杯」デッキ回し方・特徴

まだまだ内容収録内容も全貌が判明してないため、未知数。

ただ「星杯」デッキ体験会を4月に行う予定があるところから見ると《マキシマムクライシス》における《真竜》のような優遇テーマになる可能性が高い。

《星杯剣士アウラム》の効果から察するに、「聖杯」モンスターを多面展開できるサポートカードが登場しそうな予感がしますね。

いずれにせよ、もう少し判明が進み次第考察を深めていきます。

「星杯」デッキ体験会

4月開催予定!

新テーマ「星杯」デッキ体験会スターと

『COTD』の発売に先駆けて、新たに収録されるテーマ「星杯」のデッキで遊べるイベントが4月に開催予定となっている!

『コードオブザデュエリスト』収録される「星杯」デッキの体験会が4月全国各地で開催されるようです。

体験会を行う「遊戯王OCGオリジナルテーマ」ということで優遇テーマになる可能性が高いです。環境にも影響を与えそうなテーマになりそうですね。

リンク召喚初の環境入りもありそうなんで楽しみです。

スポンサーリンク



コードオブザデュエリスト収録内容・予約情報

遊戯王OCG デュエルモンスターズ CODE OF THE DUELIST BOX

【オンラインネット通販予約】

スターターデッキ2017(駿河屋予約

スターターデッキ2017(Amazon予約)

【収録内容一覧】

『コード・オブ・ザ・デュエリスト』全収録カード一覧まとめ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク