《ドロバ》と《リンカーネイション》ハンデスコンボがやばすぎる【遊戯王】


効果テキスト

《トリックスターリンカーネイション》

通常罠

(1):相手の手札を全て除外し、その枚数分だけ相手はデッキからドローする。

(2):墓地のこのカードを除外し、自分の墓地の「トリックスター」モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを特殊召喚する。

《ドロール&ロックバード(ドロバ)》

効果モンスター

星1/風属性/魔法使い族/攻   0/守   0

相手がドローフェイズ以外でデッキからカードを手札に加えた場合、このカードを手札から墓地へ送って発動する事ができる。このターン、お互いにデッキからカードを手札に加える事はできない。この効果は相手ターンでも発動する事ができる。

「ドロバとリンカーネイション」のコンボ詳細

《ドロール&ロックバード(通称ドロバ)》と《トリックスターリンカーネイション》のコンボがマジでやばい。

詳細としては、この2枚で相手手札すべてをハンデスするコンボ

コンボの流れとしては、

相手がカードをドローフェイズ以外でデッキからカードを手札に加えた処理直後に、チェーン1:《トリックスターリンカーネイション》→チェーン2《ドロール&ロックバード》で発動する。(”場合”なのでドロバはタイミングを逃さない。)

そうすることで、《ドロール&ロックバード》の「このターン、お互いにデッキからカードを手札に加えることができない」という効果が適応下で、《トリックスターリンカーネイション》の「相手の手札すべてを除外し、その枚数分だけ相手はデッキからカードをドローする。」という順番になるため、相手はすべて手札を除外するが、ドロバの効果でドローすることができなくなる。

これはかなりやばいハンデスコンボ。

(ちなみに、先に《ドロール&ロックバード》が発動している適応下では、そもそも《トリックスターリンカーネイション》を発動することができないので注意が必要です)

で、このコンボが何がやばいって、ネタコンボではないい点と、発動条件が割と楽な点。

「トリックスターデッキ」には、《トリックスターリンカーネイション》を採用するし、現在の環境を考えた時に「命削り真竜」対策などにも《ドロール&ロックバード》のメイン採用は普通にアリ。なのでコンボ専用カードを採用せずに、通常のデッキ構築の中でこの動きができる。

さらに、発動条件が「相手がドローフェイズ以外でカードを手札に加えた場合」なので、サーチを1回するだけでこのコンボが始動する。今の環境は《テラフォーミング》など基本サーチから始まり、サーチカードを引いて、サーチを行わないということは基本ない。逆に《ドロバ》と《リンカーネイション》のコンボを警戒するあまりサーチカードを発動できないでいれば、それこそ盤面がもろくなるのでそれはそれで嬉しい。

という感じで、実質的、心理的両方の面で相手へダメージを与えることができる。

で、さらにつけ加えるとすると、このコンボ自体こちらが先行を想定しているケースに決まる可能性が高いのだが、「トリックスター」デッキはバーンデッキでもあるので、後攻からのワンキル能力も持っていて、じゃんけんで相手が先行をとってもこちらは後攻ワンキルを狙っていけるということ。

【関連記事】

「WWトリックスター」大会準々優勝デッキレシピ構築・回し方

つまり、このコンボによって「トリックスター」デッキは先行後攻どちらでもメインデッキだけで立ち回ることができる

じゃんけんによって、有利不利がなく先行後攻どちらでも戦っていける「トリックスター」デッキはマジで今後の環境で暴れそう。

スポンサーリンク



「ドロバ」「リンカーネイション」通販相場価格

遊戯王カード 【ドロール&ロックバード】 EXP4-JP023-N 《 エクストラパックVol.4 》

《ドロール&ロックバード》《トリックスターリンカーネイション》通販相場価格は一体いくらでしょうか。

《ドロバ》は約1枚350円くらいまで値上がりが続いていて、《リンカーネイション》は、1枚150円くらいまで上昇しているようです。

今後、2017年7月で「トリックスター」は規制されないでしょから、今後さらに高騰する可能性もあるので、特に《ドロール&ロックバード》は安いうちに購入するのも良いと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク