【機械天使デッキ(サイバーエンジェルデッキ)】OCG新規解説・回し方・強い勝ちパターン等を紹介

テーマデッキ考察

遊戯王OCGにおける「デュエリストパック-レジェンドデュエリスト編4」で強化された、機械天使(サイバーエンジェル)デッキの新規カードの解説と回し方等を紹介していきます。

機械天使(サイバーエンジェル)新規カード解説

《サイバー・エッグ・エンジェル》

《サイバー・エッグ・エンジェル》
効果モンスター/星2/光属性/天使族/攻 200/守 300
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが召喚・反転召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。デッキから「機械天使」魔法カードまたは「祝福の教会-リチューアル・チャーチ」1枚を手札に加える。

召喚・反転召喚・特殊召喚成功した場合に、デッキから「機械天使」魔法カードまたは「祝福の教会-リチューアル・チャーチ」をサーチできる万能モンスターです。

サーチできるカードとして、機械天使儀式魔法である《機械天使の儀式》もサーチすることが可能なカードなので、積極的な採用が望ましいでしょう。

《サイバー・エンジェル-伊舎那-》

《サイバー・エンジェル-伊舎那-》
儀式・効果モンスター/星8/光属性/天使族/攻2500/守2600
「機械天使の儀式」により降臨。
(1):このカードが儀式召喚に成功した場合に発動できる。相手は自身のフィールドの魔法・罠カード1枚を墓地へ送らなければならない。
(2):このカードの攻撃で相手モンスターを破壊し墓地へ送った時に発動できる。このカードはもう1度だけ続けて相手モンスターに攻撃できる。
(3):1ターンに1度、自分フィールドの「サイバー・エンジェル」儀式モンスターを対象とする相手の効果が発動した時に発動できる。自分の墓地の儀式モンスター1体を選んでデッキに戻し、相手フィールドのカード1枚を選んで破壊する。

儀式召喚した場合に発動でき、相手の魔法罠を墓地へ送られせる効果と、相手モンスターを攻撃で破壊し墓地へ送った時に、続けて相手モンスターに攻撃できる効果、サイバーエンジェル儀式モンスターを対象とする相手の効果が発動した時に、墓地の儀式モンスターをデッキに戻すことで、相手フィールドのカード1枚を破壊できる効果。

①効果は相手に選ばせる効果なので、耐性持ちカードへの対処ができる。②効果によって、積極的な攻撃参加が可能になります。

《慈悲深き機械天使》

《慈悲深き機械天使》
通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):自分の手札・フィールドの「サイバー・エンジェル」儀式モンスター1体をリリースして発動できる。自分はデッキから2枚ドローし、その後手札を1枚選んでデッキの一番下に戻す。この効果の発動後、ターン終了時まで自分は儀式モンスターしか特殊召喚できない。

手札・フィールドの「サイバー・エンジェル」儀式モンスター1体をリリースし、2枚ドローし、その後手札を1枚選んでデッキの一番下に戻す効果。

この効果の発動後、ターン終了時まで自分は儀式モンスターしか特殊召喚できなくなるデメリットがあるが、リリースされることで効果を使える《サイバーエンジェル弁天》や《サイバーエンジェル韋駄天》などと組み合わせて使いたいところ。

《応身の機械天使》

《応身の機械天使》
永続魔法
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが魔法&罠ゾーンに存在する限り、自分の「サイバー・エンジェル」儀式モンスターは戦闘では破壊されない。
(2):戦闘または相手の効果で自分がダメージを受けた時、自分の手札・フィールドの「サイバー・エンジェル」儀式モンスター1体をリリースして発動できる。手札から「サイバー・エンジェル」儀式モンスター1体を儀式召喚扱いとして特殊召喚する。

魔法&罠ゾーンに存在する限り、「サイバー・エンジェル」儀式モンスターの戦闘破壊耐性をつける効果と、戦闘または相手の効果で自分がダメージを受けた時、自分の手札・フィールドの「サイバー・エンジェル」儀式モンスター1体をリリースし、手札から「サイバー・エンジェル」儀式モンスター1体を儀式召喚扱いとして特殊召喚する効果を持つ。

ダメージを受けた場合という、相手に依存する発動条件になっているが、《サイバーエンジェル美朱濡》などの高ステータスモンスターはゆるい条件で特殊召喚が可能になっている。手札のモンスターもリリースすることができるので、発動しているだけでも相手への牽制にもなってくれます。

《荘厳なる機械天使》

《荘厳なる機械天使》 
速攻魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):自分の手札・フィールドの「サイバー・エンジェル」儀式モンスター1体をリリースし、自分フィールドの天使族・光属性モンスター1体を対象として発動できる。対象のモンスターの攻撃力・守備力はターン終了時まで、
リリースしたモンスターのレベル×200アップする。このターン、対象のモンスターが、EXデッキから特殊召喚された相手モンスターと戦闘を行う場合、バトルフェイズの間だけその相手モンスターの効果は無効化される。

手札・フィールドの「サイバー・エンジェル」儀式モンスターをリリースし、自分フィールドの天使族・光属性モンスターの攻撃力をアップさせる速攻魔法。

このターン、対象のモンスターが、EXデッキから特殊召喚された相手モンスターと戦闘を行う場合、バトルフェイズの間だけその相手モンスターの効果は無効化される、という効果も付与されるが、主に打点強化の使い道が多いため、使用シーンが限定的。

機械天使(サイバーエンジェル)デッキの回し方・勝ちパターン

《サイバーエンジェル-美朱濡》でワンキル

儀式・効果モンスター/星10/光属性/天使族/攻3000/守2000

「機械天使の儀式」により降臨。

(1):このカードが儀式召喚に成功した場合に発動できる。エクストラデッキから特殊召喚された相手フィールドのモンスターを全て破壊し、破壊したモンスターの数×1000ダメージを相手に与える。このターン、このカードは1度のバトルフェイズ中に2回攻撃できる。

(2):1ターンに1度、フィールドのカードを破壊する魔法・罠・モンスターの効果が発動した時、自分の墓地の儀式モンスター1体をデッキに戻して発動できる。その発動を無効にし破壊する。

《サイバーエンジェル》デッキのエースといえば、《サイバーエンジェル美朱濡》です。

儀式召喚成功時に「エクストラデッキから特殊召喚された相手モンスターすべて破壊」&その分だけ1000バーンという超強力な除去効果があり、且つ、一度のバトルフェイズに2回攻撃できる打点3000モンスターということで、ワンキルも場合によっては可能となります。

2体以上のエクストラデッキから特殊召喚されたモンスターが相手場にいるときに、こいつを出し、モンスターを一層&二回攻撃で8000ポイントを与えることができます。

儀式召喚でレベル10分のリリースが必要になりますが、サイバーエンジェルの儀式魔法《機械天使の儀式》は儀式召喚素材はレベルきっかりでなく「レベル以上」であればOKなので、召喚しやすいのも良いです。

また、《応身の機械天使》の効果で、相手ターンに出して、相手の展開をストップさせるという動きもなかなか強いかもしれませんね。

《大天使クリスティア》によるロック

効果モンスター/星8/光属性/天使族/攻2800/守2300

(1):自分の墓地の天使族モンスターが4体のみの場合、このカードは手札から特殊召喚できる。

(2):このカードの(1)の方法で特殊召喚に成功した場合、自分の墓地の天使族モンスター1体を対象として発動する。その天使族モンスターを手札に加える。

(3):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、お互いにモンスターを特殊召喚できない。

(4):フィールドの表側表示のこのカードが墓地へ送られる場合、墓地へは行かず持ち主のデッキの一番上に戻る。

特殊召喚封じモンスター《大天使クリスティア》も「サイバーエンジェル」デッキには採用できます。

「サイバーエンジェル」モンスターがすべて「天使族」モンスターになるので《大天使クリスティア》の採用は相性が良いと言えます。

しかもクリスティアは「光属性・天使族」であるため《サイバーエンジェル-弁天》のサーチ先にすることもできます。

儀式魔人リリーサーによるロック

《儀式魔人リリーサー/Djinn Releaser of Rituals》
効果モンスター/星3/闇属性/悪魔族/攻1200/守2000
(1):儀式召喚を行う場合、その儀式召喚に必要なレベル分のモンスター1体として、墓地のこのカードを除外できる。
(2):このカードを使用して儀式召喚したプレイヤーから見て相手は、儀式召喚したそのモンスターがモンスターゾーンに表側表示で存在する限り、モンスターを特殊召喚できない。

《儀式魔人リリーサー》は、儀式召喚に使用された場合、相手は儀式召喚したモンスターがフィールドにいる限り、モンスターを特殊召喚できなくなる効果を持っています。

サイバーエンジェル儀式モンスターの素材とすることで、相手の特殊召喚ロックをすることが可能です。

しかも、サイバーエンジェルデッキは、《応身の機械天使》や《機械天使の儀式》など、サイバーエンジェル儀式モンスターの破壊を防ぐカードがあるので、ロックコンボを長く継続させやすいという利点がありますね。

スポンサードリンク


まとめ

今回は、機械天使デッキ(サイバーエンジェルデッキ)の新規カード解説・回し方勝ち筋等を解説してまいりました。シンプルな動きをするので非常に戦いやすくお勧めなテーマです。

是非、デッキ構築の参考にしていただければと思います。

【関連記事:デュエリストパック-レジェンドデュエリスト編4】

【ローズドラゴンデッキ】回し方展開・デッキレシピ構築・アロマージ型デッキ解説
ローズドラゴンデッキは、11月10日発売「デュエリストパックレジェンドデュエリスト編4」に収録される植物族デッキです。 今回は、そのローズドラゴンデッキの新規カードの解説・サンプルデッキレシピ・展開方法や回し方を解説していきたいと思い...
【ハーピィデッキ】回し方・強みや戦い方などを解説。
デュエリストパックレジェンドデュエリスト編4で強化された「ハーピィ」デッキの回し方・デッキレシピ構築・相性の良いカードを解説していきたいと思います。 「ハーピィデッキ」新規・主要カード解説 《ハーピィ・パフューマー》 ...
【月光デッキ】後攻ワンキル展開方法/回し方・デッキレシピ構築を紹介
月光(ムーンライト)デッキは、遊戯王ARC-Vで登場しセレナが使用する融合召喚テーマです。「デュエリストパック-レジェンドデュエリスト編4」では、新規カードも登場しさらに強化されました。 そんな月光デッキの回し方展開方法などを解説して...

この記事を書いた人はこちら。

遊戯王情報サイト「DJ遊戯王ドットコム」の管理人。

コメント