【ドラグニティデッキ】回し方展開方法・新規リンク解説・デッキレシピ構築論

テーマデッキ考察

ドラグニティデッキは、10期「サイバネティックホライゾン」で大幅に強化された風属性モンスターを基軸としたシンクロモンスターテーマ。ドラグニティモンスターを、装備して、戦っていくという少し特殊な戦い方をするデッキです。

レベル10シンクロモンスターである《ドラグニティアスカロン》の登場で、より強力な打点強化ができた「ドラグニティ」デッキの回し方・大会優勝するためのデッキレシピ構築論について解説します。

「ドラグニティ」デッキ新規入り回し方

連続シンクロで大型シンクロを狙う

「ドラグニティ」デッキの回し方は、非常にシンプルで、連続シンクロ召喚をして、大型モンスターを狙っていく回し方です。

狙っていく最終到達モンスターは、レベル10シンクロ《ドラグニティナイトアスカロン》と、レベル8シンクロの《クリスタルウィングシンクロドラゴン》です。

 《ドラグニティナイトアスカロン》
  《ドラグニティナイトアスカロン》
シンクロ・効果モンスター
星10/風属性/ドラゴン族/攻3300/守3200
「ドラグニティ」チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分の墓地の「ドラグニティ」モンスター1体を除外し、相手フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを除外する。
(2):S召喚したこのカードが相手によって破壊された場合に発動できる。EXデッキから攻撃力3000以下の「ドラグニティ」Sモンスター1体をS召喚扱いで特殊召喚する。
 《クリスタルウィングシンクロドラゴン》
 《クリスタルウィングシンクロドラゴン》
シンクロ・効果モンスター/星8/風属性/ドラゴン族/攻3000/守2500
チューナー+チューナー以外のSモンスター1体以上(1):1ターンに1度、このカード以外のモンスターの効果が発動した時に発動できる。その発動を無効にし破壊する。この効果でモンスターを破壊した場合、このカードの攻撃力はターン終了時まで、この効果で破壊したモンスターの元々の攻撃力分アップする。
(2):このカードがレベル5以上の相手モンスターと戦闘を行うダメージ計算時に発動する。このカードの攻撃力はそのダメージ計算時のみ、戦闘を行う相手モンスターの攻撃力分アップする。

レベル10シンクロモンスターとして《ドラグニティナイトアスカロン》、レベル8シンクロモンスターとして《クリスタルウィングシンクロドラゴン》になります。

《ドラグニティナイトアスカロン》⑴効果は、連続シンクロによって、墓地に肥えたドラグニティを除外することで、相手フィールドを除去していくことができる起動効果です。

「除外」なので、破壊耐性も突破できますし、⑴効果は1ターンに1度の制限がないため、墓地のドラグニティコストさえ供給できれば、何度も発動できます。

レベル8の《クリスタルウィングシンクロドラゴン》は、後攻から巻き返しにも使える上に、先行1ターン目で立てても制圧札として機能してくれます。

展開の要となる4枚のドラグニティを使って、シンクロ展開

「ドラグニティ」デッキは、装備カードとなっている時にフィールドに特殊召喚することができるチューナーである《ドラグニティ-ファランクス》《ドラグニティ-クーゼ》を使って回していくことが大切になります。

《ドラグニティ-ファランクス/Dragunity Phalanx》
チューナー・効果モンスター/星2/風属性/ドラゴン族/攻 500/守1100
(1):1ターンに1度、このカードが装備カード扱いとして装備されている場合に発動できる。装備されているこのカードを特殊召喚する。
《ドラグニティ-クーゼ/Dragunity Couse》
チューナー・効果モンスター/星2/風属性/ドラゴン族/攻1000/守 200
このカードをS素材とする場合、「ドラグニティ」モンスターのS召喚にしか使用できない。
(1):フィールドのこのカードをS素材とする場合、このカードのレベルを4として扱う事ができる。
(2):このカードが装備カード扱いとして装備されている場合に発動できる。装備されているこのカードを特殊召喚する。

上記2体を装備カードとすることができる《ドラグニティ-セナート》と《ドラグニティドゥクス》も重要です。

《ドラグニティ-セナート/Dragunity Senatus》
効果モンスター/星4/風属性/鳥獣族/攻1800/守 600
このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):手札から「ドラグニティ」カード1枚を捨てて発動できる。デッキから「ドラグニティ」チューナー1体を選び、装備カード扱いとしてこのカードに装備する。この効果の発動後、ターン終了時まで自分はドラゴン族モンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。
(2):自分フィールドの「ドラグニティ」カードが戦闘・効果で破壊される場合、代わりにこのカードに装備された「ドラグニティ」カード1枚を破壊できる。
《ドラグニティ-ドゥクス/Dragunity Dux》
効果モンスター/星4/風属性/鳥獣族/攻1500/守1000
(1):このカードが召喚に成功した時、自分の墓地のレベル3以下のドラゴン族の「ドラグニティ」モンスター1体を対象として発動できる。そのドラゴン族モンスターを装備カード扱いとしてこのカードに装備する。
(2):このカードの攻撃力は、自分フィールドの「ドラグニティ」カードの数×200アップする。

上記4枚のドラグニティを起点にシンクロをしていきます。

《ドラグニティセナート》1枚から《クリスタルウィングシンクロドラゴン》の展開方法

《ドラグニティセナート》通常召喚→効果で手札ドラグニティ1枚をコストにデッキより《ドラグニティファランクス》を装備する。

《ドラグニティファランクス》を特殊召喚→《ドラグニティセナート》と《ドラグニティファランクス》でレベル6《ドラグニティナイトヴァジュランダ》をS召喚。

《ドラグニティナイトヴァジュランダ》S召喚成功時効果で、墓地の《ドラグニティファランクス》を自身に装備→《ドラグニティファランクス》を特殊召喚からの2体で、《クリスタルウィングシンクロドラゴン》

《ドラグニティセナート》1枚から《ドラグニティナイトアスカロン》展開ルート

《ドラグニティセナート》通常召喚→効果で手札ドラグニティ1枚をコストにデッキより《ドラグニティクーゼ》を装備。

《ドラグニティセナート》と《ドラグニティファランクス》でレベル6《ドラグニティナイトヴァジュランダ》をS召喚。

《ドラグニティナイトヴァジュランダ》S召喚成功時効果で、墓地の《ドラグニティクーゼ》を自身に装備→《ドラグニティクーゼ》を特殊召喚→レベル6シンクロモンスターの《ドラグニティナイトヴァジュランダ》と、レベル4となった《ドラグニティクーゼ》を素材に《ドラグニティナイトアスカロン》をシンクロ召喚。

このように《ドラグニティセナート》は、デッキから、ドラグニティチューナーを装備できる効果を持っているので、手札コスト1枚を使って《ドラグニティナイトヴァジュランダ》を介して、連続シンクロ召喚の中で大型シンクロモンスターへ持っていくことができます。

《ドラグニティドゥクス》の場合でも、墓地にドラグニティチューナーである《ドラグニティクーゼ》や《ドラグニティファランクス》があれば、上記で説明した同じルートを使って、《クリスタルウィングシンクロドラゴン》《ドラグニティナイトアスカロン》を展開することが可能です。

ただし、《ドラグニティドゥクス》からのシンクロ展開を狙うためには、《ドラグニティクーゼ》もしくは《ドラグニティファランクス》が墓地にある必要があるので、《竜の渓谷》や《調和の宝札》で墓地に送ったり、《ドラグニティアームズミスティル》で墓地に送ったりして活用していく必要があります。

《ドラグニティの神槍》は、デッキからチューナーを装備したり、後攻ワンキル打点を作ったりできる

 《ドラグニティの神槍》
装備魔法
「ドラグニティ」モンスターにのみ装備可能。
「ドラグニティの神槍」の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):装備モンスターは、攻撃力が装備モンスターのレベル×100アップし、罠カードの効果を受けない。
(2):自分メインフェイズにこの効果を発動できる。デッキからドラゴン族の「ドラグニティ」チューナー1体を選び、このカードの装備モンスターに装備カード扱いとして装備する。

《ドラグニティの神槍》は、ドラグニティモンスターに装備できる「装備カード」です。⑴効果として、罠カードの効果を受けずに、装備モンスターのレベル×100の打点強化の効果があり、また、⑵効果として、デッキよりドラグニティチューナーを装備できる⑵起動効果があります。

《ドラグニティの神槍》の使い方としては、展開札が揃わない際に、⑵効果を使っていきます。非チューナーのドラグニティモンスターに《ドラグニティの神槍》を装備→効果でデッキより《ドラグニティクーゼ》もしくは《ドラグニティファランクス》を装備→シンクロ召喚という風に、初動の動きの補佐として役に立ちます。

また、《ドラグニティの神槍》の⑴打点強化&罠耐性効果は、レベル10シンクロで到達点の《ドラグニティナイト-アスカロン》に装備すれば、攻撃力が4300になり、罠を受けないので戦闘で無双することができます。

②起動効果によって、デッキより《ドラグニティブランディストック》を装備するとさらに強力です。

《ドラグニティ-ブランディストック/Dragunity Brandistock》
チューナー/効果/星1/風属性/ドラゴン族/攻 600/守 400
このカードが装備カード扱いとして装備されている場合、 装備モンスターは1度のバトルフェイズ中に2回攻撃する事ができる。

《ドラグニティナイトアスカロン》は、2回攻撃が可能になるので、4300打点の2回攻撃で、8600でキル打点を作ることができます。

このように《ドラグニティの神槍》は、ドラグニティデッキには、かなり入れ得なカードで、3積みが必要な必須カードになります。

「ドラグニティ」デッキは、サイバネティックホライゾンに収録された新規カードによって、シンクロモンスターで足並みを揃えつつ《ドラグニティナイトアスカロン》で一気に、高打点を作り出すことができるようになりました。デッキパワーが全体的に上がり、シンクロテーマとしては、中堅テーマデッキとして使っていくことができるデッキになったと言えるかもしれないですね。

リンクモンスター《ドラグニティナイト-ロムルス》の解説

《ドラグニティナイト-ロムルス》
リンク・効果モンスター/リンク2/風属性/ドラゴン族/攻1200
【リンクマーカー:左下/右下】
トークン以外のドラゴン族・鳥獣族モンスター2体
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがリンク召喚に成功した場合に発動できる。デッキから「ドラグニティ」魔法・罠カードまたは「竜の渓谷」1枚を手札に加える。
(2):ドラゴン族モンスターがEXデッキからこのカードのリンク先に特殊召喚された場合に発動できる。手札からドラゴン族・鳥獣族モンスター1体を守備表示で特殊召喚する。この効果で特殊召喚したモンスターはこのターン、効果が無効化され、リンク素材にできない。

《ドラグニティナイト-ロムルス》の⑴効果は、リンク召喚に成功した場合に、デッキから「ドラグニティ」魔法・罠カードまたは「竜の渓谷」1枚をサーチできます。

展開のキーカードである《竜の渓谷》や、《ドラグニティの神槍》をサーチでき、すぐに《ドラグニティの神槍》をこのカードに装備して、《ドラグニティ-ファランクス》《ドラグニティ-クーゼ》などをデッキに装備することで、展開をすすめることができます。

(2)効果は、ドラゴン族モンスターがEXデッキからこのカードのリンク先に特殊召喚された場合に、手札からドラゴン族・鳥獣族モンスター1体を守備表示で特殊召喚できます。そのモンスターは、このターン、効果が無効化され、リンク素材にできないので、展開に使えないのは注意が必要です。

状況に合わせたドラグニティシンクロモンスター

《ドラグニティナイト-ガジャルグ/Dragunity Knight – Gae Dearg》 †
シンクロ・効果モンスター/星6/風属性/ドラゴン族/攻2400/守 800
ドラゴン族チューナー+チューナー以外の鳥獣族モンスター1体以上
(1):1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。デッキからレベル4以下の、ドラゴン族または鳥獣族のモンスター1体を手札に加える。その後、手札からドラゴン族または鳥獣族のモンスター1体を選んで捨てる。
《ドラグニティナイト-ゲイボルグ/Dragunity Knight – Gae Bulg》
シンクロ・効果モンスター/星6/風属性/ドラゴン族/攻2000/守1100
ドラゴン族チューナー+チューナー以外の鳥獣族モンスター1体以上
(1):このカードが戦闘を行うダメージステップ開始時からダメージ計算前までに1度、自分の墓地の鳥獣族モンスター1体を除外して発動できる。このカードの攻撃力はターン終了時まで、除外したそのモンスターの元々の攻撃力分アップする。
《ドラグニティナイト-ハールーン/Dragunity Knight – Luin》
シンクロ・チューナー・効果モンスター/星6/風属性/ドラゴン族/攻1200/守1900
「ドラグニティ」チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが特殊召喚に成功した場合、自分の墓地の「ドラグニティ」モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを装備カード扱いとしてこのカードに装備する。
(2):このカードが墓地へ送られた場合、自分フィールドの「ドラグニティ」モンスター1体を対象として発動できる。このカードを攻撃力・守備力1000アップの装備カード扱いとして、
対象の自分のモンスターに装備する。
《ドラグニティナイト-バルーチャ/Dragunity Knight – Barcha》
シンクロ・効果モンスター/星8/風属性/ドラゴン族/攻2000/守1200
ドラゴン族チューナー+チューナー以外の鳥獣族モンスター1体以上
(1):このカードがS召喚に成功した時、自分の墓地のドラゴン族の「ドラグニティ」モンスターを任意の数だけ対象として発動できる。そのドラゴン族モンスターを装備カード扱いとしてこのカードに装備する。
(2):このカードの攻撃力は、このカードに装備された「ドラグニティ」カードの数×300アップする。
 《ドラグニティナイト-トライデント/Dragunity Knight – Trident》 †
シンクロ・効果モンスター星7/風属性/ドラゴン族/攻2400/守1700
ドラゴン族チューナー+チューナー以外の鳥獣族モンスター1体以上
(1):1ターンに1度、自分フィールドのカードを3枚まで墓地へ送って発動できる。相手のEXデッキを確認し、この効果を発動するために墓地へ送った数だけカードを選んで墓地へ送る

ドラグニティデッキには、他にも何枚かのシンクロモンスターも存在します。基本的には、ドラグニティメインモンスターの動きを使って、これらのドラグニティシンクロモンスターを出していくのは変わりません。

状況に応じて、必要な効果を持っているドラグニティシンクロモンスターを出していくことがゲームを有利に進めていく上では求められます。

スポンサードリンク


まとめ

ドラグニティデッキの回し方展開方法・デッキレシピ構築を紹介しました。

ドラグニティデッキは、連続シンクロ展開をして、高打点を作って、一気に殴るというシンプルな戦い方をするデッキです。

先行なら《クリスタルウィングシンクロドラゴン》、後攻で攻め込めるなら《ドラグニティナイトアスカロン》を出す、という感じで、シンクロモンスターを使い分けて戦っていくことができます。

《竜の渓谷》も無制限カードになり、ドラグニティデッキとしては、非常に戦いやすい環境になっているので、「サイバネティックホライゾン」で強化されたドラグニティデッキを一度試してみてはいかがでしょうか?

【関連記事:リンクヴレインズパック2 収録テーマ】

【六武衆デッキ】新規リンク入り回し方/展開方法・デッキレシピ構築解説
六武衆デッキは、遊戯王OCG 6期に登場した戦士族テーマです。非常に人気度も高く、強い展開が可能ということで、愛用者も多いテーマの一つです。 遊戯王OCG10期「リンクヴレインズパック2」で新規リンクモンスターも登場したため、さらなる...
【炎星デッキ】回し方・新規リンクモンスター解説・大会優勝ガチデッキレシピ構築
炎星デッキ回し方・大会優勝ガチデッキレシピ構築を解説していきます。 炎星デッキとは「炎属性・獣戦士族」モンスターを中心とした8期に登場したテーマです。炎星と名のついたモンスターと「炎舞」という魔法・罠カードがテーマカードになります。シ...
【ハーピィデッキ】回し方・強みや戦い方などを解説。
デュエリストパックレジェンドデュエリスト編4で強化された「ハーピィ」デッキの回し方・デッキレシピ構築・相性の良いカードを解説していきたいと思います。 「ハーピィデッキ」新規・主要カード解説 《ハーピィ・パフューマー》 ...
【パーシアスデッキ】回し方戦い方・新規リンク解説・相性の良いテーマを紹介
「パーシアス」デッキとは、「ストラクチャーデッキR神光の波動」に収録された「パーシアス」モンスターを基軸にした天使族デッキのことです。 「パーシアス」デッキはカウンター罠をはじめとしてパーミッション的な動きをするので【天使パーミッショ...

【関連記事:サイバネティックホライゾン 収録テーマ】

【遊戯王】「サイバードラゴン」デッキ新規入り回し方展開方法・優勝デッキレシピ構築論
「サイバードラゴン」デッキは、2018年4月発売の「サイバネティックホライゾン」「コレクターズパック2017」「デュエリストパックレジェンドデュエリスト編3」で大幅に強化された機械族テーマ。 特にリンクモンスター《サイバードラゴンズィ...

この記事を書いた人はこちら。

遊戯王情報サイト「DJ遊戯王ドットコム」の管理人。

コメント