【遊戯王】真竜・十二獣対策として《我が身を盾に》が大会環境で採用率が上昇!

2017年4月6日

環境で《我が身を盾に》採用率が上昇

遊戯王カード 【 我が身を盾に 】 EE1-JP147-N 《エキスパートエディション1》

環境で《我が身を盾に》という速攻魔法カードの採用率が上昇しています。その理由や活用方法を探っていきたいと思います。

《我が身を盾に》テキスト

遊戯王カード 【 我が身を盾に 】 EE1-JP147-N 《エキスパートエディション1》

《我が身を盾に》
速攻魔法
1500ライフポイントを払って発動する。相手が発動した「フィールド上のモンスターを破壊する効果」を持つカードの発動を無効にし破壊する。

《我が身を盾に》採用活用方法

《ドランシア》破壊効果にチェーン

遊戯王カード RATE-JP053 十二獣ドランシア(ウルトラレア)遊☆戯☆王ARC-V [レイジング・テンペスト]

基本的に先行でも後攻でも使えますが「後攻用」の運用がメインでしょうか。

後攻で通常召喚したカードをドランシアで狙われるので、そこにチェーン発動します。

《月の書》《禁じられた聖杯》なども同じ速攻魔法系です。

遊戯王カード GP16-JP018 月の書(ゴールドレア)遊戯王アーク・ファイブ [GOLD PACK 2016]遊戯王カード SPWR-JP041 禁じられた聖杯(ノーマル)遊戯王アーク・ファイブ [ウィング・レイダーズ]

ただし、これらは「ドランシアを破壊すること」はできません。

《我が身を盾に》は「コスト1500&モンスター破壊」にのみチェーン限定と縛りは大きいですが、無効化し破壊できるのがアドバンテージになります。

とはいえ、《月の書》《禁じられた聖杯》の方が汎用性は高いので、使い分けになりそう。

https://yugiou-djmikun.com/2016/12/04/post-298/

《真竜剣皇マスターP》の破壊効果にチェーン

遊戯王カード MACR-JP024 真竜剣皇マスターP(スーパーレア)遊☆戯☆王ARC-V [マキシマム・クライシス]

耐性持ちでかなり厄介な《真竜剣皇マスターP》ですが、圧倒的に出せるケースとして多いのは《真竜皇の復活》からのアドバンス召喚になります。

つまり、「罠」と「魔法orモンスター耐性」を持っているケースが多いです。

《激流葬》や《強制脱出装置》などの耐性を持っている以上、

遊戯王カード  SPTR-JP059 激流葬(ノーマル)遊戯王アーク・ファイブ [トライブ・フォース]遊戯王カード SPHR-JP045 強制脱出装置 (ノーマル)遊戯王アーク・ファイブ [ハイスピード・ライダーズ]

罠カードで突破ができなくなる時「モンスター効果」もしくは「魔法カード」で突破する必要があります。モンスター効果破壊はこちらの《ドランシア》でいけば良いですが、《モンスタ−》耐性を持っている時には「魔法で突破する必要」がありますので《我が身を盾に》を握っていれば除去が可能になるというわけです。

その他《真竜》対策カード

《次元障壁》《神の通告》が効かない《真竜》にも対策カード(メタカード)はあります。

その他の真竜対策カードはこちらでまとめてます↓

https://yugiou-djmikun.com/2017/01/07/post-1285/

まとめ

それにしても《真竜》は続々と大会環境で結果を出してますね↓

https://yugiou-djmikun.com/2017/01/14/post-1465/

https://yugiou-djmikun.com/2017/01/16/post-1569/

https://yugiou-djmikun.com/2017/01/18/post-1608/

 

《我が身を盾に》は、速攻魔法という特徴を生かし、自分・相手ターンどちらでも使えるという利便性もあり採用率が上昇しているのでしょう!

発売以降少しずつ真竜対策が開発されていきますね!まだまだ環境が楽しみです!